27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2018-12-12 平成30年11月定例会−12月12日-07号

まず、避難準備高齢者等避難開始は、河川の越水や土砂災害のおそれがある場合などに該当地区に対して発令するものでございます。避難準備高齢者等避難開始が発令された場合は、避難行動支援者、御高齢の方、それから障がいのある方、乳幼児とその支援に当たる方など、避難に時間を要する人は速やかに指定された避難所避難していただくように呼びかけるものでございます。  

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

最後に、本市が行った要支援に対しての対応でございますが、本議会でも松永憲明議員の御質問にお答えしたところでございますけれども、避難準備高齢者等避難開始等避難情報が発令された地区につきましては、該当地区民生委員に対し、同意方式名簿に登録されている方への安否確認確認結果の報告をお願いしているところでございます。  

多久市議会 2018-06-19 06月19日-04号

通行車両が多くなると予想をされていますので、該当地区住民皆様への早目周知は必要かと思います。ここらあたりも、年末年始を除き、毎日、車が入ってくるわけですので、安全性の確保のためにも早目該当地区皆様へはスケジュール的なところは──ここらあたりもどのようなスケジュールを組まれているでしょうか、お尋ねいたします。 ○議長山本茂雄君)  市民生活課長

佐賀市議会 2016-12-08 平成28年11月定例会−12月08日-05号

過疎地域といえば、該当地区皆さんには大変申しわけありませんけれども、どうしても北部山間地域しか思い浮かびません。  私たちは、以前に森林・林業活性化促進議員連盟で岡山県の真庭市、ここは人口が4万9,000人、それから、兵庫県の宍粟市、ここは人口が4万1,000人、ここに視察に行きましたけれども、ここは中国山地の高地でございます。

鳥栖市議会 2016-03-11 03月09日-03号

これまでの住環境の整備につきましては、人口減少少子高齢化が認められる市街化調整区域内の既存集落の維持、活性化を図る目的で、市街化調整区域規制緩和である都市計画法に基づく、いわゆる50戸連たん制度運用につきまして、平成23年度に運用方針決定を行い、該当地区19町区の区長及び役員の方を対象説明会を開催し、その後、希望された町区につきましては個別説明会を開催させていただいたところでございます。

みやき町議会 2015-12-17 2015-12-17 平成27年第4回定例会(第6日) 本文

いや、すぐつけんといかんと言われるんであれば、こういう対応をしなきゃならないでしょうけれども、いよいよ4月から、三根校区、さらには北茂安、中原の公共下水道、あるいは農村集落排水該当地区以外は、そういう該当するところは除いたところでの、市町村合併浄化槽設置事業が始まるわけですね。ですから、その辺との整合性はどうなっているのか。  定住促進対策については、大体わかります。

鳥栖市議会 2014-06-03 06月10日-03号

市街化調整区域規制緩和である都市計画法第34条第12号に基づく、いわゆる50戸連たん制度運用につきましては、人口減少少子高齢化が認められる市街化調整区域内の既存集落活性化を図る目的で、平成23年度に運用方針決定を行い、該当地区19町区の区長及び役員の方を対象説明会を開催し、その後、希望された町区につきましては個別説明会を開催させていただいております。 

佐賀市議会 2013-06-07 平成25年 6月定例会−06月07日-02号

教育委員会では、教育委員会が配置しております少年センター専任補導員該当地区少年育成委員連絡をいたしまして、捜索をお願いするといった対応をとったところでございます。  予防策でございますけれども、学校においては子どもの日ごろの生活の様子をしっかりと観察し、気になるところがあれば声をかけたり、保護者連絡をとり合ったりしながら予防に努めております。

多久市議会 2012-06-15 06月15日-02号

それと、該当地区だけ当日したということですが、多分これは前々の6月の羽佐間のときもそうだったとですかね。担当地区だけやったですかね。 ○議長山本茂雄君)  防災安全課長。 ◎防災安全課長荒瀬弘之君)  前々回の総合(「羽佐間避難訓練平成22年」と呼ぶ者あり)平成22年の羽佐間、古賀区の避難訓練の件ですかね。あのときも多分該当地区だけやっていると思います。

多久市議会 2011-12-08 12月08日-03号

5キロ圏外の該当地区世帯数は519世帯。ちなみに、平成22年中の当該地区火災件数は1件発生しております。それと、救急件数は58件というふうになっております。 以上でございます。 ○議長山本茂雄君)  次に、田渕厚君。 ◆4番(田渕厚君) (登壇) 皆さんこんにちは。4番議員田渕厚です。通告に従い、2項目12点について併用方式質問いたします。 

唐津市議会 2011-03-15 03月15日-07号

市道唐津旭が丘線でございますが、西九州自動車道全面開通をした場合には、市内中心部から市外に抜ける千々賀山田インターです、これ仮称でございますが、最短ルートであるということで、利便性もあると思われますが、実際に災害が起きた場合には、避難につきまして該当地区内における唐津市が指定をいたしました避難所避難をしていただくということになりますので、市内から千々賀山田インターを利用して市外避難するルート

佐賀市議会 2010-12-09 平成22年11月定例会−12月09日-06号

次に、地すべり危険箇所は、該当地区はございません。  最後に、急傾斜地崩壊危険箇所大和地区に76カ所、富士地区に219カ所、三瀬地区に92カ所の合計で387カ所となっております。  以上です。 ◎御厨安守 総務部長   特別職の職員で非常勤のものの費用弁償等についての質問の中で、費用弁償通勤手当の定義に関するお尋ねがありました。  

佐賀市議会 2008-06-17 平成20年 6月定例会−06月17日-07号

また、地域において自治会活動が今後できるかどうかの判断が必要ですけれども、主として小学校区単位で構成されております該当地区自治会長会会長から承諾書を提出していただいております。この自治会等届出書により、自治会として佐賀市行政に認知をされるということでございます。 ◆藤野靖裕議員   先日、松尾議員補助金申請書類が多過ぎて本当に大変だと、簡略化できないかという質問をされておりました。

佐賀市議会 2007-12-06 平成19年12月定例会-12月06日-02号

さらに、この該当地区は旧諸富町の重点開発地区でもあったわけですが、合併時に引き継ぐ予定であったところが、これは開発計画が間に合わずに今日に至っているところであります。ただ、農振がかかって優良農地でありますので、非常に難しい点もありますが、限定的に一部調整区域の解除はできないだろうかという強い住民要望がございます。  この点について、当局の考えをお聞かせいただきたいと思います。

  • 1
  • 2