53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会−03月12日-04号

永渕史孝 議員   次の質問ですけれども、この図に示された暖房便座及びシャワー便座設置の話題なんですけれども、もしかしたらそちらの、後ほどお聞きするデータとずれているかもしれませんが、一応自己調査ですので、そこは御理解ください。  公民館小便器を除くトイレ総数のうち、シャワー及び暖房便座設置は、独自調査では22%が設置されているということが分かりました。これは民間だと80%。

唐津市議会 2019-10-04 10月04日-11号

次に、火災予防対策費につきまして、住宅用火災警報器設置設置推進に向けた消防本部の取り組みについてお尋ねをいたします。 次に、災害応急対策費防災諸費事務費地域防災力向上促進事業費の3つの事業について一緒に質疑をします。各事業の主な内容についてお尋ねをいたします。 次に、教育費のスポーツ・文化合宿等補助金についてお尋ねいたします。

伊万里市議会 2019-06-25 06月25日-05号

最後に3点目、少し前に佐賀新聞に8月末までに小・中学校エアコン設置が100%になる予定との記事がございましたが、改めて現在の設置状況と実際の稼働時期を確認させてください。 以上3点、よろしくお願いいたします。 ○議長(馬場繁)  政策経営部長。 ◎政策経営部長山邉賢一) (登壇) 加藤議員から1点目、伊万里市の強み、弱み、方向性という御質問でございます。 

鳥栖市議会 2018-07-06 09月11日-03号

学校プール設置がどのように推移してきたかを見てみますと、東京オリンピック前年の昭和38年、学校数4万3,739校に対しまして、プール設置数は5,377校で設置12%だったものが、昭和44年には28%、それから昭和50年には52%に増加をして、平成20年は75%の小中学校プール設置をされております。 現在の状況はどうなっているかと申しますと、十数年前より減少に転じています。 

鳥栖市議会 2018-06-28 09月12日-04号

設置通常教室支援の必要な児童生徒教室職員室が100%、図書、パソコン教室を除く音楽室理科室などの特別教室と体育館が0%の設置状況のようでございます。 せんだっての佐賀新聞に、県内市町エアコン設置記事がありまして、記事中に、普通教室エアコン設置は62.4%で、定例の前回調査時、2017年4月からについては、16.1ポイント改善したとありました。 

伊万里市議会 2018-06-27 06月27日-06号

その主な内容というのは、1つはエアコン設置の問題ですね。伊万里市の設置が1.8%と、佐賀平均が47.2%ですから、これは著しくおくれているということを、これは教育部長も認めておられました。 それからもう一つは、小・中学校教室エアコン設置するためには、事業費が6億円かかるという答弁がありました。私に対する教育部長答弁では6億7,000万円かかるという答弁があったんですよ。

伊万里市議会 2018-06-25 06月25日-04号

特に県内がほとんどでき上がってきている中で、伊万里市のエアコン設置が非常に低いというふうな中で、子どもたち学習意欲を高める、集中力を低下させないということからいっても、学校施設へのエアコンの整備は必要であると考えております。 学校校長先生意見等も伺いました。そして、ほかにもやることがたくさんあると思っております。

伊万里市議会 2018-03-14 03月14日-06号

昨年、議会で質問したことと重なりますけれども、この問題の背景には文部科学省が2016年度における全国公立学校普通教室の冷房設置調査したことが公表されたことにあります。それによりますと全国平均は49.6%であり、佐賀県ではやや下回るものの47.2%でありました。しかしながら、本市の状況は極めて低く1.8%という結果でありました。

伊万里市議会 2017-12-11 12月11日-04号

これについて教育部長は、伊万里市のエアコン設置については著しく低いということを認められました。その理由については、学校の数が多いと、そして耐震化工事を優先しているという答弁をされました。そして教育部長は、耐震化完了後は直ちに設計の策定と工事に取り組みたいという答弁をされたわけであります。 まず、この耐震化完了の時期はいつになるのかをお伺いしたいと思います。 これで壇上からの質問を終わります。

唐津市議会 2017-09-12 09月12日-04号

県内の他市のエアコン小中学校普通教室への設置状況でございますが、平成29年4月1日現在の文部科学省調査によりますと、小中学校普通教室、これは普通学級特別支援学級を合わせたものでございますが、この普通教室の数のベースでエアコン設置を見てみますと、県全体では47.2%でございまして、唐津市は6.1%となっております。 

佐賀市議会 2017-06-14 平成29年 6月定例会−06月14日-02号

そういった中で、市の小・中学校洋式トイレ設置について聞きたいんですけれども、自治体によっては100%を達成したところもあるというふうに聞いております。学校の数はそれぞれ違うと思うんですけれども、鳥栖市などは洋式トイレが100%を達成しているということでございまして、また、唐津市も大体100%に近い程度まで進んでいるということでした。  

唐津市議会 2017-03-14 03月14日-06号

まず、少々長めになりますが、まず、小中学校校区公民館での洋式トイレ設置の現状でございますが、現在、小中学校の大便器の数でございますが、48校舎に1,792個設置してございまして、そのうち洋便器は708個でございますので、設置は約39.5%でございます。 平成23年度から平成25年度の3カ年間で和便器しかない学校に対しまして、洋便器設置する事業を行っております。