57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月14日−06号 最終的には、行政執行という方法も考えられますが、多額の一般財源を必要とすることや、事務処理にかなりの時間と労力を要することにもなります。また、代執行を行った費用は、回収が困難になることも予測をされます。  県内他市でも、これまで代執行を行った事例はございません。個人の財産である空き家に貴重な税金を投入することになりますので、このことについては慎重な判断が必要だと考えております。   もっと読む
2018-12-12 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月12日−04号 ◆12番(大西康之君) それでは次に、今回、刀町の案件は行政執行で仮設の対応をしていただいておるわけでありますが、本来の行政執行までのフローチャート、流れについてお示しをいただければと思います。   もっと読む
2018-09-26 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月26日-09号 今回の条例改正では、その一部が使用されている長屋でも使用されていない部分については空き家とみなし、適正な管理が行われていない場合は、その所有者等に対し文書による適正管理への指導、勧告、命令及び行政執行を行うことができるようになります。   もっと読む
2018-09-19 みやき町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文 それらを解決するため、条例を制定して、ある程度拘束のある行政執行もさせていただいたところ、解体除去率については全国でも1番ということで、解体除去することが目的じゃなくて、あと、その跡地をどう利活用するかということで、今、三根校区でモデル的にPFI手法の戸建てをつくっています。 もっと読む
2018-06-18 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月18日-05号 そうした中で、台東区の例をもう一つだけ言いますと、やはりそういったものをいつまでもほったらかしにしておくのではなくて、行政執行という方法もあるし、台東区の場合は略式代執行を実際実施されております。 もっと読む
2018-06-07 多久市議会 平成30年 6月 定例会-06月07日−02号 この件について行政執行を行った場合の費用の回収の方法、要するにここの場合は所有者不明という形ではなく、いろんな形で地権者、債権に当たる人たちが60名程度いるという話がございました。 もっと読む
2018-03-23 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月23日-11号 続きまして、同議案中、歳出8款1項3目建築指導費のうち、空き家等対策事業1,501万3,000円について、委員より、工事請負費に寄附受納があった際の解体費や行政執行による解体費が含まれるという説明について、寄附を受ければ固定資産税は入らず、市が解体しなければならなくなるが、基準はどうか。また、行政執行については、平成30年度に執行する案件は決まっているのか。 もっと読む
2018-03-22 多久市議会 平成30年 3月 定例会-03月22日−05号 なお、審査の過程で、特定空家については、行政執行など強制力をもった対策をすべきとの意見、ふるさと応援寄附については、国から返礼品の価格について寄附額の3割までに抑えるよう指導がされているが、工夫しながら増額に努めるようとの意見等がありました。  慎重に審査した結果、全会一致で本案を原案どおり承認することに決定しました。   もっと読む
2018-03-14 佐賀市議会 平成30年 2月定例会−03月14日-10号 国庫支出金の対象事業としましては、まず、空き家条例に基づく解体費の助成、同じく条例に基づく寄附受納制度による解体工事、行政執行による解体工事及び空き家の相続人調査が対象事業となっております。  また、補助率は解体費助成、寄附制度及び行政執行による解体工事には、それぞれ45%が社会資本整備総合交付金として国庫補助となります。 もっと読む
2018-03-07 多久市議会 平成30年 3月 定例会-03月07日−02号 ましてや危険空き家の部分で考えていっても、これは当然、行政執行の対象になるべき案件なんですね、今の状況でも。今、例えば、網をかけてやっています。そして、道路側は若干パイロンを出して、そばに寄らないようにとしていますけれども、実際に道路側に倒れてきて、道路の隅のほうを歩いていても絶対巻き込まれますよ。ましてや西側は隣接した家がありますね。 もっと読む
2017-12-08 唐津市議会 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月08日−02号 内訳といたしましては、道路改良工事、電線共同溝268メートルの布設、残り1戸の建物補償及び用地取得、行政執行の工事費及び委託料、電線共同溝に関する事業者への補償などでございます。  3工区につきましては、道路についての工事は今年度中におおむね完了する予定でございます。一部電線共同溝に関する工事などを次年度に繰り越しまして、平成30年中に3工区全体の事業完了の見込みとのことでございます。   もっと読む
2017-09-12 みやき町議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第5日) 本文 この代執行は、指導、助言、勧告及び措置命令などを行ったにもかかわらず、履行しない場合におきまして、他の手段によって、その履行を確保することが困難であり、かつ、その不履行を放置することで著しく公益に反すると認められるときに、行政執行法の定めるところにより、町が当該空き地等の管理不良な状態の改善を行い、または第三者にこれを行わせ、その費用を当該所有者等から徴収するというものでございます。   もっと読む
2017-03-13 伊万里市議会 平成29年 3月 定例会(第1回)-03月13日−05号 行政執行の方法により強制執行が可能となり、関連の指針なども平成27年に示されました。特別措置法の制定後、空き家対策がどう変わったのかお伺いします。 ○議長(盛泰子)  建設部長。 ◎建設部長(香月庄司)  空家等対策の推進に関する特別措置法は、平成26年11月27日に公布され、平成27年2月26日施行、同年5月26日に完全施行されております。   もっと読む
2017-03-09 伊万里市議会 平成29年 3月 定例会(第1回)-03月09日−04号 これまで条例に基づいて行っていた所有者や相続権者の調査、空き家の立入調査、あるいは助言、または指導、勧告、命令、戒告、行政執行ということが、特措法制定により大きく変化することはございません。ただ、所有者等が不明な場合に行う行政執行、略式代執行は、これまでの条例では対応できませんでしたが、特措法の施行により実施できるようになっております。 もっと読む
2016-12-14 多久市議会 平成28年11月 定例会-12月14日−04号 今、策定中ということでございますけれども、その中で、行政執行について再度お尋ねしますけれども、最終的には行政執行というのが行われると思いますが、この件に関して、最終どこまでいくのか。これには判断等いろいろ難しい問題があると思いますけれども、この件に関してお考えを聞かせていただければと思います。 ○議長(山本茂雄君)  総合政策課長。 もっと読む
2016-03-07 多久市議会 平成28年 3月 定例会-03月07日−02号 特定空家等の措置につきまして、特別措置法の中では、助言、指導から勧奨、命令を経て行政執行というステップを踏んで実施する所有者の権利保障の観点から、最低限踏むべき手続として法律で一律に規定されていることから、本条例については、その行政執行の項目は入れておりません。   もっと読む
2015-10-02 唐津市議会 平成 27年 9月 定例会(第6回)-10月02日−09号 このため、当初予算として計上しておりました緊急安全措置でございますとか行政執行といったものは実施をいたしませんでしたので、決算額が6万9,661円となったものでございます。  内訳といたしましては、電動の草刈り機が4万4,496円、消耗品で2万401円、郵便料として4,764円ということで、合計で6万9,661円という決算額になっております。   もっと読む
2015-06-26 佐賀市議会 平成27年 6月定例会−06月26日-07号 さらには、要件が明確にされた行政執行の方法により、強制執行が可能となっている。 もっと読む
2015-06-24 佐賀市議会 平成27年 6月定例会−06月24日-05号 なお、本市が特定空家等に該当すると判断した場合、立入調査をした上で、当該特定空家等の所有者、または管理者に対して、当該特定空家等に関し、除却、修繕、立木竹の伐採その他周辺の生活環境の保全を図るために必要な措置をとるよう助言、指導などを行い、最終的には行政執行をすることができることとなります。   もっと読む
2015-06-23 佐賀市議会 平成27年 6月定例会−06月23日-04号 このうち行政が行う代執行につきましては、周辺の生活環境の保全を目的としており、代執行を行った場合は、行政執行法により費用の請求を行えることとなっております。本来、適切に管理すべき所有者等に対して一定の負担を強いておるもので、これは不公平ではないと考えております。  緊急性のある危険な建物の場合は、特に行政が介入をして緊急安全措置を含み代執行も視野に入れた対処をすべきであると考えております。   もっと読む