12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2015-12-17 平成27年11月定例会−12月17日-08号

衆議院特別委員会参考人として出席し、憲法第9条のもとで集団的自衛権が限定的にせよ認められるものかと問われ、内閣法制局に長年勤務した経験を踏まえた意見を述べ、「自衛権という名前こそついておりますが、このように、それは本来の自国への直接の侵略の排除という意味の自衛の権利とは異質な概念です」、「自国防衛と称して、攻撃を受けていないのに武力行使をするのは、違法とされる先制攻撃そのものであります」、「集団的自衛権行使容認

鳥栖市議会 2014-12-25 12月18日-06号

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ △日程第8 意見書第12号 集団的自衛権行使容認閣議決定に抗議し、その撤回を求める意見書(案) ○議長(齊藤正治)  日程第8.意見書第12号 集団的自衛権行使容認閣議決定に抗議し、その撤回を求める意見書(案)を議題といたします。 提案理由の説明を求めます。成冨議員。 ◆議員成冨牧男) 〔登壇〕 日本共産党議員団成冨牧男です。

佐賀市議会 2014-11-28 平成26年11月定例会−11月28日-01号

記 ・集団的自衛権行使容認などに関する要望書                             戦争をさせない佐賀県1000人委員会                                       代表 大草秀幸 ・「生涯現役社会の実現」に取り組むシルバー人材センターへの支援の要望                          公益社団法人佐賀シルバー人材センター                                     

佐賀市議会 2014-06-25 平成26年 6月定例会−06月25日-08号

、今般、安倍首相集団的自衛権行使を容認する憲法解釈の変更を閣議決定で強行する考えを明らかにし、5月には私的諮問機関である安全保障法的基盤の再構築に関する懇談会、いわゆる安保法制懇による何の根拠もない集団的自衛権容認報告を受け、与党内で調整した上で閣議決定を行うこととし、さきの通常国会期間中には与党内での調整がつかなかったものの、昨日の与党協議では大筋合意されたと報じられており、集団的自衛権行使容認

鳥栖市議会 2014-04-01 06月18日-06号

政府は、17日、集団的自衛権行使容認協議している自民・公明の与党協議解釈改憲に関する閣議決定案を正式に提示しました。協議といっても、その具体的なやりとりは国民には明らかにされない密室での議論、そこで、海外で戦争はしない、こういう戦後日本平和国家のあり方を180度転換する合意をしてしまおうとしております。常軌を逸した乱暴な解釈改憲は、決して許されません。 

佐賀市議会 2003-07-07 平成15年 6月定例会−07月07日-08号

この法案イラク戦争支持根拠として並べた武力行使容認国連決議湾岸戦争当時の古いものです。10年以上も前に出された決議などを理由に、決議に基づき国連加盟国によりイラクに対して行われた武力行使として米英イラク攻撃を正当化し、日本の法律で改めて国連決議に基づいていたとお墨つきを与えるのはおかしいことです。  第2に、この法案自衛隊地上戦を行うこともあり得る法案であることです。

  • 1