10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2018-09-19 平成30年 9月定例会−09月19日-05号

◎川副浩顯 農林水産部長   ドローンは航空の中で無人航空機として定義されており、航空に定められたルールを守る必要はありますが、免許制度はございません。  しかしながら、農薬肥料等の空中散布を行う場合などには、農林水産省が定めた空中散布等における無人航空機利用技術指導指針により、オペレーターは操作する機種ごとに技能検定を受ける必要がございます。  以上でございます。

多久市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日−02号

体制につきましては、飛行に当たりましては、航空上では1名でも飛行させることは可能となっておりますけれども、消防庁で策定されております「消防防災分野における無人航空機の活用の手引き」というのがございますけれども、そちらの中で消防組織みずからが運用する場合につきましては、別に安全管理要員を確保し、最低2名での運用体制とすることが望ましいというふうになっております。  

みやき町議会 2018-06-07 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第3日) 本文

それから、航空の規制、これは主に都市部のビルが建っているところあたりでどうやって飛んでいくかというような法規制をどのように変えていくのかということだろうと思います。主催は大分県の商工労働部がやられたと。そして、実験委託先はモバイルクリエイト。実際にやられたのは大分市のシーアイドローン株式会社で成功をしましたということです。  

佐賀市議会 2017-12-06 平成29年11月定例会−12月06日-05号

航空における無人航空機とは、人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるものと定義されています。  その中に該当するドローンの活用については、災害対策、運輸、農林、土木建設などを初め、さまざまな分野での活用が期待されております。

みやき町議会 2016-09-08 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第2日) 本文

また、複数の飛行訓練ルートのうち、どのルートを飛行するかは航空におきまして飛行開始日時5日前から国交省へ通報される飛行計画での民間航空機との確認調整等で訓練前日夕方に決定されており、事前にルート把握をすることができないとのことでございました。  次に、3点目の隣接町と防衛省との協定及びみやき町の対処についてでございます。  

佐賀市議会 2014-09-16 平成26年 9月定例会−09月16日-03号

2つ目に、オスプレイの危険性と航空の関連について、以下、総務部長にお伺いをいたします。  危険性についてですが、オスプレイそのものが開発段階から事故等で死亡者を出しており、空軍や海兵隊で運用が開始されてからも墜落事故死亡者が出ているわけです。いわゆる欠陥機であります。米海兵隊のまとめでは、MV−22オスプレイの2006年から2011年まで、クラスAからCの事故は合計30件に上っています。

佐賀市議会 2006-06-12 平成18年 6月定例会−06月12日-06号

先ほど産業部長の答弁では、規制があるかのような言い方をされていましたが、現実としては、あれはいわゆる飛行機というか、航空に縛られるものではありませんので、非常に野放しの状態なんですね。そうはいいながら、じゃあ、住宅の近くに飛んできたらどうするのか、そういうふうな問題が多々あります。これについて、まず無人ヘリによる散布が安全かどうかという見解をお尋ねします。

佐賀市議会 1994-09-13 平成 6年 9月定例会−09月13日-04号

大会の存続をと、ただ単に空港を管理監督する運輸省に対しましてお願いするのみではなくて、やはり航空に基づいた形でどこまでできるのか。そして、また一方では気球の組織委員会側が実質行っております競技の方法がどこまで変更、または改善できないものか、これらを調査、研究をして、これらのデータをもとにして存続に向けての陳情を行うべく今考えておるところでございます。

  • 1