270件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-付録

け入れ体制について       │ │    │   │       │ (6) 災害時における障がい者の避難について          │ │    │   │       │ (7) 医療的ケア児への支援体制の整備について         │ │    │   │       │ (8) 移動支援の柔軟な取り組みについて            │ │    │   │       │ (9) 自立支援議会

みやき町議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2日) 本文

子供安全を守るための適切な一時保護保護解除時の家族自立支援の段階でございますけれども、児童相談所や各関係機関と連携をし、要保護児童世帯に対する適切な支援などにつきまして協議をしていく必要がございます。  みやき町では、平成29年度より精神保健福祉士を正規職員として採用し、専門的な支援を行っているところでございます。

佐賀市議会 2019-12-10 令和 元年11月定例会−12月10日-06号

続いて、平成29年の介護保険法改正では保険者機能強化推進交付金の制度が創設され、自立支援や重度化防止に積極的に取り組む自治体財政的インセンティブが与えられることになっております。佐賀市平成30年度からこの交付金を活用し、介護予防や生活支援に係る事業の充実を図りながら、高齢者自立支援、要介護状態の重度化防止に取り組んでいるところでございます。  以上でございます。

みやき町議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第1日) 本文

介護保険法に基づく自立支援ケア会議を10月に2回、11月に2回開催し、今年度あと8回の開催を予定いたしています。  11月10日に、町民祭において認知症早期発見簡易検査を開催し、28名の希望者に検査を行いました。また、認知症カフェを開設し、年代を問わず広く周知啓発を行い、130名の参加がありました。  

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

この100人雇用の取り組みは、障害者自立支援法の施行前で、障がい者が一般就労に向けて通所する就労移行支援事業所がなかったことから、佐賀市役所が率先して就労移行支援の役割を担うものであり、実績としましては、平成16年度に50名であった雇用数が、その後、市立図書館保育所など雇用の場を広げ、平成24年度には80名になっております。  

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

目5.障害者福祉費につきましても、節23.償還金利子及び割引料として説明欄にあります自立支援給付費につきましては、障害者に対する生活支援とか就労支援を行うものでございます。障害児通所給付費は18歳未満の障害児等が日常生活の指導知識技能の付与等を受けるための事業所への通所費用でございます。それぞれ前年度事業実績に伴う国及び県への返還金でございます。

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

こうした状況に対応するため、地域包括ケアシステム強化のための介護保険法の一部改正では、1つとして、自立支援、重度化防止に向けた保険者機能の強化等、また、取り組みの推進、2つ目には、医療介護連携の推進、3つ目に、地域共生社会の実現に向けた取り組み等が求められているところであります。  

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

この中では、診療所、薬局、施術を活用した心身の健康状態の把握、相談、治療、それから、ジムや施設につなぎ込む既存プールの利用を通した健康維持、増進のための活動支援、地域包括支援センターや訪問看護ステーション就労支援事業所など、自立支援にかかわる活動、本プロジェクトに賛同いただいた医療機関等から御提供いただいた情報を展示することでの医療健康に関する普及啓発、レストラン、多目的スペースの利用としたくつろぎの

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

また、6月13日、27日、7月11日、25日、8月8日、22日に自立支援ケア会議を開催しました。この会議は、介護保険法に基づく、高齢者に対する支援の充実と社会基盤の整備を同時に推し進めていく会議で、今年度は23回の開催を予定しています。  7月26日、8月30日に、ものわすれ相談会を開催しました。

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

街なか元気アップ教室効果につきましては、運動機能の改善や買い物活動により介護予防、自立支援につながったものと考えております。  以上です。 ◆池田正弘 議員   3会場で61名ですね。買い物も1人当たり1,700円ということで、まあまあいいのかなというふうに思いはします。経済効果もそれなりにあるんじゃないかなと思います。

みやき町議会 2019-06-06 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

食の自立支援事業、緊急通報システム事業などを実施しております。これにより、高齢者ができるだけ自立をしていただいて、安心して日常生活を送ることができるよう、高齢者が生活しやすい環境づくりに努めております。  みやき町のひとり暮らしの高齢者は増加傾向にあり、地域ボランティアの訪問数も年々増加をしております。

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

また、その中で児童虐待について発生防止から自立支援までの対策の強化等とともに、市町村及び児童相談所の体制強化についても所要の措置を講じることも明記されたところであります。  児童虐待が増大する背景には、経済的困難などの貧富の広がりが子育てにも影を落としているところであります。

みやき町議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

連携事業者に対しましては、町の健康増進につながる取り組みをチームとして進めていくことを協議会の場でこれから話し合っていくということで考えているところでございますので、町が実施する健診や介護分野における自立支援の施策に基づく要請にも応えていただきたいと考えているところでございます。  

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

◎藤田基明 子育て支援部長   貧困を見逃さないための仕組みでございますが、子どもの貧困世帯自体の貧困に起因することが多いと考えられるため、佐賀市生活困窮者・多重債務者等対策会議での情報共有、連携や、佐賀市生活自立支援センター、あるいはまた、福祉まるごと相談窓口など各種相談窓口の充実により、その支援を行っております。  

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

その際、県内の各圏域においても、既存の自立支援議会を活用するなど、協議の場の設置が進んでいることが報告されております。  本市におきましても、協議の場の設置に向けて準備を進めているところでございますが、障がい福祉につきましては、従前より神埼市、吉野ヶ里町との共同で自立支援議会や総合相談窓口などを設置、運営しているという経緯がございます。

佐賀市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-04号

◎田中稔 保健福祉部長   新しく設立されようとしていますフードバンク団体についての後押しについてということでございますが、本来、市の福祉部門から食事を十分にとることができないなどの生活困窮世帯については、困窮の状態に応じた食事住宅など、生活保障や自立に向けた教育や就労の支援を含め、生活保護制度や生活困窮者自立支援法に基づく対策の中で行政として取り組みを進めてまいりました。