1270件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

まず、これまでの移住支援策との違いですが、1つ目は、東京圏、いわゆる埼玉県千葉県東京都神奈川県の1都3県からの移住者のみが対象となること、2つ目は、中小企業の人手不足解消または地域社会の課題解決に資するものでなければならないこと、3つ目は、支援金の使途を制限しておらず、自由に使えるものであること、4つ目は、一定の年数が経過する前に転出をした場合、支援金を返還しなければならないこと、5つ目は、国

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

つい最近では、大和中央公園自由広場でありましたけれども、消防団の夏季訓練にも参加させてもらいまして、災害時におけるこの地域の皆さん方の献身的な活動に対しても、お礼を申し上げたところでございます。  私も今回の質問を受けまして、改めて現地に赴いて、そして、状況を見させていただきたいというふうに思っております。 ◆西岡義広 議員   副市長どうもありがとうございました。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

また、アンケートには森林所有者の自由意見欄も設け、今後の森林整備に対する意見や提案なども伺えればというふうに思っているところでございます。  以上でございます。 ◆重田音彦 議員   アンケートを行うということなんですけど、私のところにも農業のアンケートとかがよく来ます。みんな一律に、ここに丸つけて、ここに丸つけてという感じで、皆さんあんまりちゃんと書かないというか、そういう部分があります。

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

こういう東名遺跡のアピールの仕方というのは、別に教育委員会がやらなくても、別のセクションで担当するところがやってくれればいいわけですし、そこら辺であれば、学術的な正確さとか正さとか、そういったものには少し自由度が高いんじゃないかと考えております。これは、今後もっと先々の話になっていくのではないかと思います。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

これまで寄附の集め方につきましては、自治体自由裁量に委ねられておりましたが、その意味では大きく制度が転換されたものと認識しているところでございます。  以上でございます。 ◆山口弘展 議員   それでは、通告しておりました順番を入れかえ、まず、先ほど御答弁いただきましたふるさと納税について一問一答に入らせていただきたいと思います。  

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

平成26年10月8日付環境省通知でございますが、廃棄物処理法において、一般廃棄物処理業は専ら自由競争に委ねられるべき性格の事業とは位置づけられていないものと言えると、最高裁判決の趣旨が記載されております。また、同通知には、一般廃棄物の処理について、その処理全体についての統括的な責任市町村にあることが明記されております。  

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

ただ、例えば生産性向上といった場合に、この中で提起されているのはセミナーとかビジネスマッチングのための交流会だとか、そういうことが提起されているんですけれども、もっと具体的に言うと、先進地でもあります、例えば、墨田区だとか新潟県の燕三条などでは、いわゆる製造工場がやるべき検査の機器だとか、そんなのが非常に高額で個別に持てないので、自治体としてそれをそろえて自由に使えるようにするとか、そういう機械利用組合

鳥栖市議会 2019-03-25 平成31年 3月 定例会-03月25日−06号

橋上駅、自由通路の計画は断念されていますが、そのほかの駅前安全道路整備と駅東側の利用者の利便性については、早急に検討してもらいたいと思います。  そこでお尋ねします。  大型事業を着実に進めていくには、事業に対して優先順位をつけて取り組むべきだと思うが、これから大型事業をどのように進めていかれるのか、市長の見解を伺いたいと思います。 ○議長(齊藤正治)  橋本市長。

鳥栖市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−04号

鳥栖駅周辺整備事業につきましては、議員御承知のとおり、昨年12月3日に、財政上の理由によりまして、断腸の思いで、橋上駅と自由通路による計画を断念したところであります。  しかしながら、鳥栖駅周辺の課題は現在も残されたままでございますので、今後とも、課題解決に向けて実現可能な方策を模索していく必要があると考えております。  以上、お答えといたします。 ○議長(齊藤正治)  松隈議員

多久市議会 2019-03-18 平成31年 3月 定例会-03月18日−03号

当初計画の時点では、平成20年度を事業完了としての計画でありましたが、その後、事業計画の変更において、例えば、資金計画の変更、そして、多久駅を南北に結びます自由通路をアンダーパス、下からくぐるのではなくて、線路の上に通していく、オーバーパスと申しますが、この構造への変更、水路位置の変更などを行う必要があり、それらに伴い、事業期間についても延長となりました。  

伊万里市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月13日−06号

次に、こういうふうに今、国は農産物輸入自由化を進めていますよね。そのために農業に規模拡大などの競争力の強化を求めているというふうに思いますけれども、規模拡大を進めてきているわけですけれども、食料自給率は38%というふうに低下しておりますよね。そういう中で、さらにTPPイレブン、これが発効すると。

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

川副支所庁舎は、こういった時間的な制約を受ける要素がなく、時間的な自由度を持って事業を進めることが可能でございます。ただしかし、庁舎内にはほかの支所にはない上下水道局、それから水産振興課などの行政機関や、佐賀市文化連盟や佐賀市社会福祉議会などの団体が利用されておりまして、素案の選定に時間を要してしまったところでございます。  

鳥栖市議会 2019-03-12 平成31年 3月 定例会-03月12日−03号

なお、幼児教育の無償化に伴い、今後の対応に関して、委員間の自由討議を経て執行部に対し要望があったところであります。  以上、議案乙第8号 平成31年度鳥栖市一般会計予算中、当厚生常任委員会に付託されました関係分につきましては、慎重審査の結果、採決により原案のとおり可決すべきものとして決した次第であります。  以上、御報告といたします。