69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-06号

また、駅前広場の再整備に際しまして、北口駅前広場への出入り口が分離している現在の変則交差点を解消する、これによりまして、信号制御を単純化し、円滑な自動車交通処理を実現したいと考えております。  さらに、この交差点をスクランブル化することによりまして、駅北口から市道溝線西側歩道への動線、これを確保しまして、アリーナ方面へ向かう歩行者東西両方向歩道に分散して誘導したいと考えております。  

佐賀市議会 2018-06-13 平成30年 6月定例会−06月13日-02号

ことし9月に社会実験を実施し、自動車交通への影響や自転車と歩行者の分離による効果などについて検証を行った上で、この地元検討会の中で再整備方針を決定していきたいと考えております。  次に、旧西友佐賀店敷地地権者との協議についてでございます。  この敷地は市が交流広場としての再整備を検討している駅前広場東側区域に隣接しております。

鳥栖市議会 2017-08-26 09月08日-02号

次に、産業経済部が担当する、3、安全で安心なまちをつくるプロジェクトについてでございますが、市民移動を支える公共交通機関利便性向上及び通過自動車交通処理幹線生活道路整備のための道路網効果的、効率的整備関係機関一体となって進めるとともに、生活道路の安全、快適な整備を推進していく必要がございます。 

鳥栖市議会 2017-06-16 06月20日-06号

よって、今議会における平成29年度鳥栖一般会計補正予算(第1号)中、款8.土木費、項4.都市計画費、目6.まちづくり推進費、節13.委託料8,500万円の予算執行に当たっては、鳥栖駅周辺の利便性向上中心市街地活性化歩行者連携にとどめるのではなく、都市計画道路久留米甘木線飯田蔵上線酒井西宿町線)整備方向性を早急に示し、自動車交通を含めた市民の主たる移動を担う道路による東西連携確保することを

鳥栖市議会 2017-05-16 06月09日-03号

具体的には、田代地区方面からJR鳥栖駅前交差点をつなぐ県道鳥栖田代線自動車交通県道鳥栖停車場曽根崎線本鳥栖南交差点に変更することで、鳥栖駅前につながる4路線を3路線にすることと考えております。 以上、お答えとさせていただきます。 ○議長(中村直人)  古賀議員。 ◆議員古賀和仁)  答弁によりますと、駅前交差点を十字にするために行きどまりにすると。

鳥栖市議会 2017-03-31 03月09日-03号

そこで、本市が取り組むべき課題についてでありますが、多くの課題がある中、私は、その課題の解決のために事業化に向けて進めなければならない項目、既に事業化して現在進められている項目もあると思いますが、私が今回質問いたしますのは、後期基本計画の中でリーディングプロジェクト、3.安全で安心なまちをつくるプロジェクトに示されている項目を挙げてみますと、市街地を通過する自動車交通処理沿線市街地の良好な環境

鳥栖市議会 2017-03-24 12月13日-05号

内容をちょっと要約しますと、まちづくり推進費委託料8,500万円の執行に当たり、都市計画道路路線整備方向性を早急に示し、自動車交通を含めた東西連携確保することといたしておりました。 しかしながら、先ほどの答弁によりますと、都市計画道路路線方向性のめどがまだ立っていない状況にあるにもかかわらず、橋上駅舎自由通路駅前広場等基本設計業務の発注がなされております。

鳥栖市議会 2015-03-31 06月19日-03号

このため、市街地を通過する自動車交通処理沿道市街地の良好な環境確保するため幹線街路整備は重要な課題となっています。」と見直し計画に伴って提言をされております。そして、平成22年3月、鳥栖都市計画道路見直し検討懇話会提案書を受けて、都市計画道路見直し計画平成22年7月6日に決定し、平成23年2月3日に修正をされております。 そこで、お聞きいたします。

鳥栖市議会 2014-04-01 06月09日-02号

この中身について述べてみますと、「市街地を通過する自動車交通処理や、沿線市街地の良好な環境確保するため、幹線道路生活道路整備は重要な課題となっています。このため、幹線道路網効果的・効率的な整備関係機関一体となって取り組みます。また、生活道路についても、安全で快適な道路整備を推進します。

鳥栖市議会 2014-04-01 09月08日-02号

このような大雨等影響は、自動車交通量の増加や、老朽化進行等により疲弊した路面から雨水が浸透することで、道路脆弱化につながりやすく、路面陥没等が発生しやすい状況となってまいります。 本市におきましては、道路管理瑕疵による事件が直近10年の平均で、年間約4件発生しており、路面損傷拡大防止道路舗装延命化を図るため、路面損傷道路陥没等早期発見を行うことが重要であるものと考えております。 

伊万里市議会 2014-03-13 03月13日-06号

それと3年後、29年度には仮称伊万里東インターチェンジまでの延伸が予定されているということで非常に私どもも期待しておりますが、まず物流面での効果ということで高速自動車交通網体系の接続で主要都市までの所要時間が大幅に短縮しますので、スピーディーな輸送が可能となります。伊万里港の利用拡大企業立地につながるなど、本市産業経済に大きな波及効果をまず期待しているということでございます。