19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-19 佐賀市議会 平成30年 6月定例会−06月19日-06号 また、佐賀市においても、5月29日午前、市役所に学校の児童、教師に危害を加えるという内容の脅迫文書が送りつけられるということがあっております。  子どもはみずから被害を回避する能力に欠け、一度被害に遭うと、本人及び保護者等がこうむるダメージは非常に大きく、また、社会に与える不安も大きいものです。したがって、このような悲惨な子どもの被害は絶対に防止しなければなりません。 もっと読む
2016-12-07 佐賀市議会 平成28年11月定例会−12月07日-04号 どういうことかというと、福岡県行橋市役所に1本の電話があって、行橋市役所を爆破するという脅迫電話があったということです。何で爆破するかというと、固有名詞は避けますが、○○議員は辞職しろと、心決めたら辞意表明をブログ上で行えと、さもなければ市役所は火の海に包まれるだろうということですね。何か子どもじみた脅迫内容だと思いませんか。そして、脅迫の中身には、ヘイトスピーチという言葉が含まれていたそうです。 もっと読む
2016-03-15 唐津市議会 平成 28年 3月 定例会(第1回)-03月15日−07号 また、暴行、傷害、脅迫、恐喝などの粗暴犯罪が73件、わいせつなどの風俗犯罪が9件、詐欺や横領などの知能犯罪が31件でございます。平成26年の認知件数が1,082件でございましたので205件、減少している状況でございます。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 橋川市民部長。            もっと読む
2015-09-15 佐賀市議会 平成27年 8月定例会−09月15日-05号 内容は、暴行が4人、脅迫1人、恐喝6人、窃盗2人、詐欺3人、通貨偽造1人、公務執行妨害1人、逮捕監禁1人、威力業務妨害1人、犯罪収益移転防止法違反1人、覚せい剤取締法違反14人となっております。  平成25年中は40人が検挙されております。内容は、暴行1人、傷害3人、脅迫3人、恐喝2人、窃盗6人、詐欺1人、公務執行妨害1人、覚せい剤取締法違反23人となっております。  以上でございます。 もっと読む
2013-12-19 伊万里市議会 平成25年12月 定例会(第4回)-12月19日−06号 政府案ではこの法律の適用に当たっては、報道の自由に十分配慮するという一言ではあったんですけれども、法律の中に国民の知る権利や取材、報道の自由がしっかり明記され、記者らの取材行為が、いわゆる脅迫、暴力、窃盗など法律違反でなければ罰しないという規定もされております。万が一、そのような正当な方法で入手した情報、特定秘密情報であっても、報道したとしても、それが罰せられることはありません。   もっと読む
2012-09-10 多久市議会 平成24年 9月 定例会-09月10日−04号 条例名として「いじめ等問題行動対策委員会」と定めていますように、具体的にはいじめであったり恐喝であったり、脅迫であったり、殺傷、生徒間暴力、DV問題等、学校内では把握が大変難しく、また事案状況が見えにくいさまざまな問題を想定しております。  3つ目の御質問です。  調査、分析をして何を報告するのかということです。   もっと読む
2010-09-08 多久市議会 平成22年 9月 定例会-09月08日−03号 しかし、それまでに、至るまでにこういったのがあれば、いろいろ何といいますか、脅迫したらいけないと思うんですけれども、本当はその辺は柔らかく話しながら、こういったのもありますのでという形で話していって、そういったところ、そういう自治体もあります。   もっと読む
2007-09-11 佐賀市議会 平成19年 9月定例会-09月11日-04号 パソコンや携帯電話のネット上の掲示板などに誹謗中傷や脅迫内容が書き込まれる、いわゆるネット中傷、あるいはネットいじめというものでありますが、佐賀県内でも増加傾向にあります。先日の新聞報道では、県警に昨年1年間に寄せられた相談件数は67件に上り、前年と比べて倍増しているということであります。 もっと読む
2007-06-22 佐賀市議会 平成19年 6月定例会−06月22日-04号 、以下申し上げますと、正当な権利行使を装い、または社会的相当性を逸脱した手段により、物品の購入もしくは市の事務事業の変更、中止等を要求する行為、または金品その他の財産上の利益を不当に要求する行為、また、担当職員に対して威圧的な言動により職員の身体の安全に不安を抱かせる行為、さらに、正当な理由なく職員に面会を強要する行為や暴力行為等、社会常識を逸脱した手段により不当な要求をする行為、それから、暴行、脅迫 もっと読む
2006-06-08 佐賀市議会 平成18年 6月定例会−06月08日-04号 その調査結果によりますと、ケアマネジャーを通して得た1,991件の高齢者虐待事例の分析は、脅迫などの心理的虐待が63.6%と最も多く、介護、世話の放棄、暴力などの身体的虐待と続き、経済的虐待も22.4%にも上り、陰湿な虐待の実態が明らかになりました。中でも、家庭内で虐待を受けている高齢者の約1割が生命にかかわる危険な状態にあるなど、実態は深刻であります。   もっと読む
2005-09-06 佐賀市議会 平成17年 9月定例会-09月06日-02号 理由は、勝村建設株式会社常務執行役員は、平成16年11月に実施された東京都水道局発注の配水本管新設工事の入札に絡み、談合を拒否した業者を脅迫したとして、平成17年7月7日、威力競争入札妨害容疑で警視庁に逮捕されたものである、このことを根拠にして佐賀市は6カ月の指名停止をされております。  今、会社のホームページも私は見てみました。そうすると、佐賀営業所というのはございません。 もっと読む
2004-06-18 唐津市議会 平成16年  6月 定例会(第3回)-06月18日−05号 また、電子掲示板、さっき言った掲示板を利用した名誉毀損や脅迫、これは犯罪までいかなくてもですね、かなり潜在的には多いんですね。佐世保の小学校6年生事件もこれに、この件に該当するに近いと思っております。また、ハイテク犯罪、インターネットに関する犯罪などに関する相談受理件数だけで4万1,754件で、前年と比べてですね、2.2倍以上に増加しています。 もっと読む
2003-12-11 多久市議会 平成15年12月 定例会-12月11日−04号 かなり脅迫めいたものがありましたので、早速これを入れるということでしてもらっております。  それから、それぞれの学校でいろんな工夫をしてもらっているということで、感謝してお礼申し上げたいと思っております。前回述べましたように、各学校では不審者侵入を想定した訓練、これは警察の方に来ていただいて実際訓練をやると。既に実施した学校が小学校2校、中学校2校、既に実施をしております。 もっと読む
2003-12-10 多久市議会 平成15年12月 定例会-12月10日−03号 イラクへの自衛隊派遣の問題、そして、テロ組織からの脅迫、WTOによる農産物自由化の波、商工業の分野においては、中国、韓国などからの価格の安い、品質の高い製品がどんどん輸入されており、日本における生産工場の空洞化は既に限界に達しているような状況だと思います。  北朝鮮の拉致問題の全面的解決については、既に1年以上暗礁に乗り上げた状態が続き、両国の関係は不安を通り越えて恐怖の状況を醸し出しております。 もっと読む
2003-12-09 唐津市議会 平成15年 12月 定例会(第8回)-12月09日−03号 2項で、買収、脅迫など、不当に干渉されてはいけないとされておりますが、戸別訪問、チラシなどの法的規定がない投票運動をどのように考えられておられるのか、その点についてお示しをいただきたいと思います。 ○議長(熊本大成君) 辻議員。           (28番 辻 賢一君登壇) ◆28番(辻賢一君) お答えをさせていただきます。   もっと読む
2003-06-20 唐津市議会 平成15年  6月 定例会(第4回)-06月20日−04号 また、妻は返済のため、別のやみ金融数社からも借金を重ね、知人からも借りており、5月ごろから近所の住民に「おまえ保証人だろう」と返済を求める脅迫めいた電話がかかってきたということで、とにかく生活できなくなっての鉄道自殺ということで、もう少しだれか近くに相談できる方がいらっしゃったらなと、本当そう思いました。この出資法違反の超高金利で返済できないのを苦に、こういった自殺者が出ております。 もっと読む
2002-12-16 佐賀市議会 平成14年12月定例会−12月16日-07号 ですから、何も値上げだけで脅迫ということではなくて、やはり目標値をしっかり決めた上でインセンティブを市民の皆様に与えて、その目標に向かって努力をしていただくということが大事だろうと思いますし、それを基本に施策を考えていきたいというふうに思っております。  それから、市民みずから分別してはどうかと。資源化センターに毎年 4,700万も払っているじゃないかというお尋ねでございます。 もっと読む
1999-12-14 佐賀市議会 平成11年12月定例会−12月14日-06号 ドメスティックバイオレンスは脅迫や暴力を用いて恐怖や脅威の念を抱かせ、親密な関係にある女性の安全や人間としての尊厳を著しく脅かす強制力の行使を言います。ところが、このドメスティックバイオレンスは親密な関係という私的な領域での暴力の行使であるために、対人関係における個人的な問題、あるいは法は家庭に入らずという古い法格言に象徴される法律も立ち入れない領域の問題ととらえられがちでありました。 もっと読む
1997-06-19 佐賀市議会 平成 9年 6月定例会−06月19日-04号 当時の部落解放同盟の差別事件に対する対応も、糾弾会と称し、当時の新聞報道にもありますように、監禁・脅迫・傷害事件に発展するようなあり方であったと聞き及んでおります。このような過去の糾弾のあり方が、同和は怖いものというイメージを植えつけたことも事実であろうと思います。 もっと読む
  • 1