255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-09号

────┤ │第44号議案│佐賀市家庭的保育事業等の設備及び│ │     │運営に関する基準を定める条例の一│ │     │部を改正する条例        │ ├─────┼────────────────┤ │第50号議案│若楠小学校給食室改築(建築)工事請│ │     │負契約の締結について      │ ├─────┼────────────────┤ │第51号議案│諸富南小学校校舎耐震補強

佐賀市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例会−03月01日-02号

志満部長は「住宅全体の耐震性能を満足させ、耐震化率を向上させることが重要であると考えており、当面は現行の耐震補強工事補助制度の推進を図ることとしております。耐震シェルターへの補助制度の導入につきましては、現在導入されております他都市の状況を研究してまいりたいと考えております」と答弁されました。  よって、質問でございますが、その後、どのように調査、研究されたのか、お尋ねしたいと思います。  

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

まず、耐震補強設計業務の委託契約についてですが、契約の締結前に、業者に対し口頭で業務着手の依頼を行っていたこと。手書きの書類を含む不完全な報告書で検査を行っていたこと。最終的な成果品が提出されたのは、委託料の支出から相当な期間が経過した、本年10月31日になってからであったことなど、不適切な事務処理が行われていたことがわかりました。

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

年度佐賀市一般会計補正予算│ │      │(第7号)中、第1条(第1表)歳出3款、4│ │      │款1項、第2条(第2表)10款6項学校給│ │      │食施設改修事業、第3条(第3表)生活│ │      │困窮者自立支援事業委託料、生活困│ │      │窮者家計相談支援事業委託料    │ ├──────┼────────────────┤ │第118号議案 │新栄小学校校舎耐震補強

みやき町議会 2018-12-11 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文

改修工事は平成28年度に耐震補強を含む基礎工事、本年9月末までに建物本体改修工事を行っております。  まだ工事中でありました8月に東京農業大学との連携のもと、プレオープンイベントを開催し、樹木版づくり、地域おこし協力隊の麻生東京農業大学名誉教授による地元の方々への庭木の剪定レクチャー、地域の御婦人有志によるばあば喫茶を行っております。  

佐賀市議会 2018-12-11 平成30年11月定例会−12月11日-06号

児童・生徒が安心して教育を受けることができるように、学校校舎の耐震補強と老朽化した校舎の大規模改造を集中して実施いたしました。あわせて、快適な学習環境を整えるため、空調機の設置を行ってまいりました。  また、本庁舎の耐震補強及び大規模改造、増築などを行ってきておりまして、これら大型事業が集中したことにより投資的経費が増加したものでございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

総務委員会で判明したことの一つに、旧富士小学校の体育館耐震補強に関しての調査・設計で、市が業者と契約を締結する前に口頭で業務の着手依頼をしていたとあります。市が作成した資料によりますと、市財産活用課が1月31日に見積もりを出すよう業者に依頼し、口頭で発注したとあります。2月12日に見積書が提出され、翌日の13日に随意契約を結んだとされています。  

佐賀市議会 2018-11-30 平成30年11月定例会−11月30日-目次

の給与等に関する条例の一部を改正する条例   第113号議案  公共下水道事業に関する事務の委託の変更について   第114号議案  佐賀市鵆の湯の指定管理者の指定について   第115号議案  佐賀駅東自転車駐車場等の指定管理者の指定について   第116号議案  佐賀市健康運動センターの指定管理者の指定について   第117号議案  市道路線の認定について   第118号議案  新栄小学校校舎耐震補強

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

(第1号)       │     │ ├──────┼───────────┼─────┤ │第97号議案 │佐賀市家庭的保育事業等│ 可 決 │ │      │の設備及び運営に関する│     │ │      │基準を定める条例の一部│     │ │      │を改正する条例    │     │ ├──────┼───────────┼─────┤ │第103号議案 │日新小学校校舎耐震補強

唐津市議会 2018-10-04 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号

この事業は、市民会館の耐震補強計画と基本構想策定の2本で構成されております。市民会館基本構想資料作成業務226万8,000円について、どのような事項を業務委託されたのか、その委託内容、期間と内訳についてお伺いいたします。  続きまして、土木費に移りまして、景観まちづくり推進費1,495万4,881円についてでありますが、この決算額は予算額に対し47%と非常に低い執行率となっております。

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

号議案 │平成30年度佐賀市後期高齢者医療特│ │      │別会計補正予算(第1号)      │ ├──────┼────────────────┤ │第97号議案 │佐賀市家庭的保育事業等の設備及び│ │      │運営に関する基準を定める条例の一│ │      │部を改正する条例        │ ├──────┼────────────────┤ │第103号議案 │日新小学校校舎耐震補強

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

◎池田一善 総務部長   旧富士小学校体育館は、今後利活用していく予定であるということを踏まえまして、床の研磨とワックス塗布、耐震補強を行ったため、現在は問題なく使用できる状態であると考えております。 ◆川副龍之介 議員   それでは、選手の練習ぐあいだとか、選手の生活の様子がどうなのか、お尋ねいたします。

唐津市議会 2018-09-13 平成 30年 9月 定例会(第4回)-09月13日−05号

まず、1点目に、施設のコンパクト化及び耐震補強を行い安全性を確保すること。  2点目に、ボートレースのファンだけではなく、市民が集う地域貢献ができるような施設をつくること。  3点目が、ゆっくりとした駐車場のスペースを確保いたしまして、また、施設のバリアフリー化といった施設利用者に優しい施設を目指すこと、この3点をコンセプトとして、展開をしてきたところでございます。  

佐賀市議会 2018-06-29 平成30年 6月定例会−06月29日-10号

│     │の一部を改正する条例 │     │ ├─────┼───────────┼─────┤ │第73号議案│西与賀小学校校舎耐震補│原案を可決│ │     │強・大規模改造(建築)工│すべきもの│ │     │事請負契約の一部変更に│と決定  │ │     │ついて        │     │ ├─────┼───────────┼─────┤ │第74号議案│金立小学校校舎耐震補強

佐賀市議会 2018-06-22 平成30年 6月定例会−06月22日-09号

─────┤ │第68号議案│佐賀市敬老祝金支給条例の一部を改│ │     │正する条例           │ ├─────┼────────────────┤ │第69号議案│佐賀市放課後児童健全育成事業の設│ │     │備及び運営に関する基準を定める条│ │     │例の一部を改正する条例     │ ├─────┼────────────────┤ │第73号議案│西与賀小学校校舎耐震補強

佐賀市議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会−06月08日-目次

68号議案  佐賀市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例   第69号議案  佐賀市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例   第70号議案  佐賀市公民館条例の一部を改正する条例   第71号議案  佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について   第72号議案  市道路線の認定について   第73号議案  西与賀小学校校舎耐震補強

みやき町議会 2018-06-04 2018-06-04 平成30年第2回定例会(第1日) 本文

地方創生事業については、平成28年度から実施している持丸古民家活用事業は、耐震補強を満たす基礎工事及び上物の一部のリフォーム工事を終え、今後は、残部分のリフォーム工事を行い、今年度秋のオープンを目指しています。  また、佐賀県の「さが未来スイッチ交付金」も事業採択されましたので、昨年度に引き続き山田地区の景観づくり事業等を行っていきます。  

多久市議会 2018-03-19 平成30年 3月 定例会-03月19日−03号

このため、緊急避難グッズや非常食の備蓄、また家具の転倒防止対策や住宅の耐震補強の重要性について、今後とも、市報や行政放送を活用しながら啓発に努めていきたいと思っています。  また、平成29年度からは住宅の耐震診断補助事業もスタートさせたところであります。  次に、お尋ねの中にありました共助です。  共助の取り組みにつきましては、自分一人でできることには限界がございます。