946件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2020-12-18 令和 2年11月定例会−12月18日-付録

                   │ │    │   │       │ 2.投票環境及び投票率の向上に向けて              │ │    │   │       │ (1) 期日前投票及び不在者投票について            │ │    │   │       │ (2) 子育て世代への対策について               │ │    │   │       │ (3) 義務教育段階

伊万里市議会 2020-12-16 12月16日-06号

そこでは学校施設活用視点が示され、耐用年数健全度生徒数既存施設利用から検討がなされ、基本的な考えとしては、14日の前田邦幸議員質問での教育長の答弁で、伊万里中央部小学校単位周辺部義務教育学校での統合案が示されました。また、協議会では早期に対応するため、周辺部義務教育学校にする。大川小学校松浦小学校東陵中学校統合し、義務教育学校とする。

伊万里市議会 2020-12-14 12月14日-04号

今年度は、市で検討しております公共建築物個別施設計画のうち学校教育系施設の再配置計画案を基に3点について、1点目は、中央部小学校単位周辺部義務教育学校による統合とするということ、2点目に、校舎の老朽化が著しい大川小学校松浦小学校東陵中学校統合し、義務教育学校とするということ、3点目に、複式学級を解消するために牧島小学校山代西小学校について中学校区を基本として統合するということ、この3点

唐津市議会 2020-12-10 12月10日-05号

平成16年、コミュニティスクールに関しましては法的整備がなされまして、平成17年から令和2年度までで全国の義務教育学校を含みます公立小中学校導入状況は30.7%、佐賀県では28.5%となっております。 唐津市におきましては、先ほど答弁いたしましたとおり、小学校2校、中学校1校の導入となっております。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 中川議員

佐賀市議会 2020-12-04 令和 2年11月定例会−12月04日-04号

1つ目、少人数学級の拡大についてでありますが、現在、義務教育標準法では小学校1年生のみが35人学級になっていて、都道府県の判断で小学校2年生及び中1ギャップ解消目的として中学校1年生を35人学級としているところです。また、佐賀県では様々な加配定数を使って他の学年でも希望により少人数学級を実施しているわけですが、救済措置がなくなって、学校運営上、困難を来しているという指摘もあります。

佐賀市議会 2020-10-06 令和 2年 9月定例会−10月06日-10号

私は、義務教育というのは、9か年の学びを通して、子どもたちに夢を育むことにある、そして、その原点はふるさとにあり、そういう信念の下、仕事をさせていただいたところでございます。  この間、議員皆様方には、佐賀教育推進のために、いろいろな観点から多くの御意見、御指導をいただきました。心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。  

伊万里市議会 2020-09-24 09月24日-07号

学校教育施設の再配置(統廃合)については、企画政策課より今回初めて施設活用視点耐用年数健全度生徒数既存施設利用)から検討作成され、基本的な考えとして中央部小学校単位周辺部義務教育学校での統合案が提示され、説明がされたところです。 協議会では、早期対策が必要との観点から、この案をもとに①周辺部義務教育学校による統合とする。

伊万里市議会 2020-09-16 09月16日-06号

理由としては、小学校中学校を分けて考えるのではなく、義務教育9年間を通して児童生徒教育考えていくことができ、それぞれ小学校の魅力のある教育活動中学校で共有をし、改善や充実に生かすことができる、また、中学校区で教育に係る課題を共有し、学校地域住民が連携して課題解決に努めることができる、このようなメリットを考え中学校区で一応設置するとの説明でありました。 

唐津市議会 2020-09-14 09月14日-06号

基本的には、教育長がいつも言っておられます義務教育基本は知・徳・体のバランスの取れた人間形成につなげていくことが一番大事だと思っておりますので、その辺に重点を置いて、今後とも唐津市の教育をよろしくお願いいたしておきます。 次に、スマート農業について伺います。ロボットやICTなどを活用し、省力化精密化を進めた次世代農業を目指す取り組み、スマート農業を農林水産省では数年前から進めてきております。

みやき町議会 2020-09-14 2020-09-14 令和2年第3回定例会(第4日) 本文

子供を守るために少人数学級は必要であるについてですが、少人数学級の実現には公立義務教育学校学級編制及び教職員定数標準に関する法律、いわゆる標準法により教職員配置数が定められております。この標準法による職員数の算出でございますが、まず、各学年児童生徒の数によって、支援学級を含めた学級の総数が決まって、それにより小・中学校教職員数が決まるようになっております。  

多久市議会 2020-09-14 09月14日-05号

本議案は、多久市立義務教育学校児童生徒用端末を購入するに当たり、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、市議会議決を求めるものであります。 国が進めるGIGAスクール構想推進のため、来年4月からは全ての児童生徒学習用端末利用できる教育環境を整えるためのものでございます。 

多久市議会 2020-09-09 09月09日-03号

義務教育学校につきましては、児童生徒安全確保のため給食後に下校、放課後児童クラブ通常どおり開設をされ、保護者のお迎えによります帰宅の対応をお願いしたところです。このとき伊万里市では最大瞬間風速34メートルの強い風が吹き、国見台陸上競技場においてはメインスタンドの鉄製の屋根が飛ばされるという被害がございました。