運営者 Bitlet 姉妹サービス
1787件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-08 みやき町議会 2019-02-08 平成31年第1回臨時会(第1日) 本文 流量そのものが設計上間違っておったものか、いわゆる集中豪雨でマンホールのふたの中に雨水が入り込んで、そういう状況を起こしたものか、やはり事前に点検する義務は町として当然あったと思うわけですよ。ですから、事故の起きる前にそういう点検がなぜできなかったのか、いわゆる全国町村会総合補償の補償保険がありますから、これで済ませましょうという問題では私はないと思うんですよね。 もっと読む
2018-12-20 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月20日-09号 今回、生活困窮者自立支援事業の中で、本事業の実施が努力義務化されたため、生活困窮者家計相談支援事業委託料として、平成30年度から平成33年度までの債務負担をお願いするものであるとの説明があり、委員より、保護廃止が見込まれる世帯や、大学等への進学予定者がいる世帯などが対象になっているとのことだが、支援の対象となる世帯数はどのように見込んでいるのかとの質問があり、執行部より、生活保護からの自立が見込まれる もっと読む
2018-12-17 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月17日−07号 ただし、看護休暇は賃金の支給が義務ではないため、制度を規定している事業所のうち約7割は賃金を支払わない規定であり、実際に看護休暇の取得があった事業所は1割強となっております。  なお、議員お尋ねの具体的な取得日数については、この調査においてもデータはございません。   もっと読む
2018-12-13 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月13日−06号 近年では、平成26年2月に開催した、この協議会で結果を受けて、波多津小学校と波多津東小学校が統合して、新しく波多津小学校、また、南波多小学校と南波多中学校が統合して、義務教育学校南波多郷学館、これが開校しております。   もっと読む
2018-12-13 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月13日-08号 教職員定数を決める義務教育標準法の一部改正が昨年、平成29年に施行されました。内容は、これまで加配だった指導方法工夫改善という定数が一定の割合で基礎定数として算定できるようになりました。まず、この基礎定数についての考えを述べていただきたいと思います。また、このことで教職員はふえるのか、お尋ねいたします。  2問目に、放課後児童クラブの施設の増設、支援員の増員について質問いたします。   もっと読む
2018-12-12 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月12日−05号 法的義務はないので、やりやすいところから入ってどんどんやっていけばいいと私は思います。  そして、中学校学習指導要領解説社会編というのがあります。平成29年6月に発表されました。これもSDGsを認識させてください、151ページに載っておりますので、ぜひ御参照してほしいと思います。  最後に市長にお伺いいたします。この耳なれないSDGsです。 もっと読む
2018-12-11 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月11日−03号 モニタリング評価では、指定管理者の管理につきまして、今回新たに、毎年度財務諸表の提出、それによる診断と、結果によっては継続の可否の協議、そのほか定期的な指定管理者との打ち合わせを義務化し、意思疎通を図ることを追加いたしておりますので、業者の管理につきましては、この中で確実な運営、あわせてサービスの向上にも注視し努めてまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-11 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 当事者は故意ではありませんでしたが、返還の義務が生じ、現在は返納されてあります。  全員協議会の場においては支給の申請時点で説明を行っているということがありましたが、そしてまた、その原因と再発防止策についても書面で回答がありました。しかし、市民はその書面の内情を御存じありません。市民の方に理解していただく意味で、原因と防止策について、この場での説明をお願いいたします。 もっと読む
2018-12-11 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月11日-06号 政府が進める働き方改革につきましては、関連する法案が本年7月に公布され、多くの民間企業におきましては、平成31年4月から時間外労働の上限規制や年次有給休暇の取得義務化などの法規制が適用されることとなります。  今回の働き方改革関連法案は大きく3つの柱で構成されておりまして、1つ目が働き方改革の総合的かつ継続的な推進でございます。 もっと読む
2018-12-10 佐賀市議会 平成30年11月定例会−12月10日-05号 佐賀市としましては、現在のところ地域エネルギー事業に取り組む方針はございませんが、賛助会員のメリットや課せられる義務等について情報収集するなど、検討してまいりたいと考えております。 ◆山下明子 議員   情報収集と交流というのはぜひやっていただきたいと思いますので、検討を前向きにしていただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 地方自治体の障害者雇用率の目標到達ということで、1)番目の障害者の雇用義務でございます。  障害者の雇用に関しましては、障害者の雇用の促進等に関する法律という名称でございます。そこの中で法第3条におきまして、基本理念といたしまして、「障害者である労働者は、経済社会を構成する労働者の一員として、職業生活においてその能力を発揮する機会を与えられるものとする。」 もっと読む
2018-12-10 唐津市議会 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月10日−02号 そのほか指定期間中の経営状況の把握として、毎年度財務諸表の提出を義務化し、経営の安全性の診断を行うことといたしました。  また、モニタリングの評価見直しとして、現地調査チェックリストを策定し、現地調査、定期的な打ち合わせの義務化をいたしております。  今回、指定管理者の指定についての7議案は、今回の運用見直しにより選定いたしたものでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-10 みやき町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 名簿    通│ 2)印刷物の対応                │       ┃ ┃  │       │ 3)条例等の対応                │       ┃ ┃  │       │ 4)その他想定できる困難なこと         │       ┃ ┃  │       │3.地方自治体の障がい者雇用率の目標到達    │町     長┃ ┃  │       │ 1)障がい者の雇用義務 もっと読む
2018-12-06 佐賀市議会 平成30年11月定例会-12月06日-03号 これは相模原市の公文書の作成に関する指針でありますけれども、この中に、緊急の案件の場合等の取り扱いということで、「緊急に事務を処理しなければならない場合、会議において口頭了承を行う場合や現場における行政指導を行う場合などあらかじめ文書を作成して意思決定をすることができない場合であっても、文書の作成義務がなくなるわけではないため、事後に文書を作成する必要があります。」 もっと読む
2018-12-03 伊万里市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月03日−01号 教育費の補正は、デジタル教科書の購入に要する経費、小・中・義務教育学校への空調設備の設置に要する経費等を追加するものであります。  災害復旧費の補正は、平成30年7月豪雨により被災した環境センター及び東陵中学校グラウンドののり面の復旧工事に要する経費等を追加するものであります。   もっと読む
2018-10-22 伊万里市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月22日−08号 本来、納税者は自主納税の義務を負うものであるが、税負担の公平性を確保するためにも、更なる徴収率の向上を図るよう要望する。 また、分担金及び負担金について、主な収入は児童福祉費負担金(保育所入所者負担金)である。 もっと読む
2018-10-04 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月04日−10号 不納欠損処分は、生活状況、破産、それから、競売、居住不明といった理由から、法律に基づき納税義務等を消滅するものでございますが、今後とも増加を招かないよう、債権の管理を適切に行ってまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 宮本議員。 もっと読む
2018-10-03 唐津市議会 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月03日−09号 平成29年度の各会計の決算要因については以上でございまして、各会計とも適正な財政運営を行うことができたと考えておりますが、一般会計においては、人件費、扶助費、公債費等の義務的経費は、決算額としては減少しているものの、歳出総額に占める割合は上昇しており、財政構造の弾力性を示す経常収支比率も上昇しております。   もっと読む
2018-09-25 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月25日-08号 揚州に移り、大明寺の住職になったころ、奈良時代の初期でありますけれども、日本の仏教界には公の戒律がなく、僧侶は納税の義務が免除されていることから、重税に苦しむ庶民がこぞって僧侶になりました。にわか僧侶がふえ、仏法を学ぶ姿勢もなく、風紀は乱れ、ゆゆしき事態になりました。そのころ唐では、新たな僧を志す者は10人以上の僧の前で律を誓う儀式、授戒を経て正式に僧として認められたのであります。 もっと読む
2018-09-20 佐賀市議会 平成30年 9月定例会−09月20日-06号 そのような土地につきましては、現地での土地の状況確認、近隣住民からの聞き取りなどの情報収集により、土地所有者とその他の利害関係人等の調査を行い、それでも特定できない場合は課税部門により納税者の情報提供を受け、納税義務者に立ち会いを求めます。   もっと読む