179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-06-01 06月01日-01号

今回の補正予算事業支援を受けられた店舗におかれては、この国のキャンペーンを活用していただくことで、テイクアウト事業を生かした経営健全なども期待ができます。 補助事業終了後は、この事業継続の意向も伺いながら、国のキャンペーン活用サポートもしくはテイクアウトからつのウェブサイト運営を開始したPRなどを続けてまいりたいというふうに考えているとこでございます。 以上でございます。

唐津市議会 2020-03-10 03月10日-03号

観光事業者経営健全を早期に図るという観点で、先ほど若干触れました将来の観光需要回復に向けた準備期間として、必要な調査事業は継続しながら、観光戦略目標であります50万人泊などの発生に向けた事業を実施してまいりたいと考えております。ですが、この底冷え、この現状がいつまで続くかということが見えない状況でもございます。

唐津市議会 2019-10-04 10月04日-11号

先ほどより団体事業成果などでお答えいたしましたとおり、売り上げ減少事業の継承といったさまざまな心配事経営健全への課題、融資相談などのサポートを受けることができますので、未加入事業者におかれては、ぜひ商工団体加入していただきたいと考えており、未加入者の方に対しましては、商工団体事務局と連携いたしまして、加入を促してまいりたいと考えているところでございます。 以上でございます。

伊万里市議会 2018-12-12 12月12日-05号

また、議員御案内の上下水道事業組織統合につきましては、現在、関係議案を提出させていただいておりますが、地方公営企業法の適用により経営状況や将来見通しをより正確に把握することで一層の経営健全に取り組むこととしていますが、これのほか、平成31年4月から、現在、本庁2階建設部にあります下水道課水道部へ移動し、部の名称も含め、現在の水道部から上下水道部に再編を行い、スケールメリットを生かした人員の効率的

佐賀市議会 2018-12-12 平成30年11月定例会−12月12日-07号

病院改革プランについては、佐賀行政経営推進プラン上位計画としており、病院経営健全指針をまとめたものでございます。  当院におきましては、平成21年3月に病院改革プラン策定し、以降、効率的な病院経営に努めていましたが、平成27年3月に国から新公立病院改革ガイドラインが示され、新たな病院改革プラン策定が要請されていたところです。

唐津市議会 2018-10-04 10月04日-10号

公社が保有しております土地の中で、唐津市が将来的に公共用事業として買い戻しを予定しております公有用地社会情勢の変化や計画変更等の理由により買い戻しの見込みが薄くなった特定土地につきまして、公社経営健全のため、また全庁的な検討の中で、処分を推進していくために平成25年度から毎年買い戻しを行っているところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 楢﨑議員

鳥栖市議会 2018-07-26 09月21日-07号

また、議案外ではございますが、市庁舎整備における階層及び構造形式への対応について、第三セクター等経営健全方針への対応について、鳥栖市給食センター新築工事是正工事について、通学路における防犯カメラの設置の考え方について、小学校図書管理システムの導入後の状況について報告を受け、各委員より、質疑及び意見があったところでございます。 以上、報告とさせていただきます。

唐津市議会 2018-06-15 06月15日-07号

それともう一つ、質問状の件についてでございますけれども、これについては、平成26年8月に総務省策定しました、第三セクターへの経営健全等に関する指針に基づく経営状況等把握を行うために質問状を提出することはできる。今度の株主総会が今月末に開かれる予定でございますので、そのときには検討していきたいというふうに考えております。 以上です。 ○議長田中秀和君) 進藤議員

唐津市議会 2017-12-22 12月22日-08号

平成29年8月、唐津水道ビジョン唐津水道事業経営戦略策定効率化経営健全への取り組みの中の改定であり、老朽管更新や、そして浄水場設備更新、さらには経営戦略で掲げた財政目標を達成するためには、今後10年間で48億円の財政不足となるということ。安全・安心な水の安定した供給のためには、この改定については経営戦略の中のものと理解できます。 

唐津市議会 2017-09-08 09月08日-02号

第三セクター運営につきましては、基本的な考え方といたしまして、第三セクター公共性企業性をあわせ持ち、民間企業の立地が期待できない地域での産業振興地域活性化などへの取り組みには有効な手段として活用されているところでございますが、地方公共団体に与える財政負担などを懸念いたしまして、総務省より平成26年8月に第三セクター経営健全に関する指針が示されております。 

佐賀市議会 2017-06-29 平成29年 6月定例会−06月29日-付録

                          │ │    │   │       │2.上下水道局経営戦略について                │ │    │   │       │ (1) 水道事業の具体的な戦略について             │ │    │   │       │ (2) 浄水施設の今後の方針について              │ │    │   │       │ (3) 経営戦略による経営健全

佐賀市議会 2017-06-14 平成29年 6月定例会−06月14日-02号

最終的にやはりこれがどう経営健全に結びついていくのかということだろうというふうに考えられますけれども、この経営戦略をすることによって得られる財政的な効果現状で結構ですので、どのように試算を行っていらっしゃるのか、お示しいただきたいと思います。 ◎田中泰治 上下水道局長   今後の財政見通しになろうかと思います。今後の財政状況はこれから人口の動向に大きく左右されていきます。

佐賀市議会 2015-12-07 平成27年11月定例会−12月07日-04号

また、地方財政健全化法に基づき2013年度までに経営健全計画取り組み資金不足比率の引き下げを図るなどの措置を講じ、今後も公共交通の大きな一翼を担う交通局佐賀市営バスですが、この80周年の節目にどのような事業を検討されているのか、前回の75周年に行った事業効果、そして、市民の感想についてもあわせてお示しください。