10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2019-12-13 令和 元年11月定例会−12月13日-09号

現在、簡易宿泊施設145名定員サテライトオフィス5部屋、それと来街者地域の方が交流できる交流スペース整備しております。  特にこの施設のターゲットというのは、福岡市の大学生を見込んでおります。福岡市の統計によりますと、約7万7,000人大学生がいて、人口に対する学生の割合というのが5%で全国3位だそうです。ちなみに1位は京都市で約10%、2位は東京で6%となっております。

佐賀市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会−03月04日-03号

次に、現在、平成32年度の開業に向けて富士小学校跡地定員約150名の簡易宿泊施設や5区画のサテライトオフィススペース住民来訪者の憩いの場などを整備しており、スポーツ合宿企業合宿企業誘致などに取り組み、北部中山間地域交流人口定住人口の増加につなげるとともに、地域にぎわい創出交流拠点として活用していきたいと考えているところでございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2018-12-20 平成30年11月定例会-12月20日-09号

次に、委員より、スポーツ合宿所予定地である富士小学校跡地から富士山広場までは約6キロメートルの距離があるが、問題はないのかとの質問があり、執行部より、他都市でも合宿所を運営している富士小学校跡地簡易宿泊施設等の管理運営候補者とも協議し、合宿所から車で10分圏内でサッカーコートが2面ほどとれるグラウンドが必要だということであったため富士山広場を選定したとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

この議案は、旧富士小学校跡地整備を進められております簡易宿泊施設富士町のスポーツ施設を生かした合宿誘致を促進することで、スポーツ振興を図るとともに、地域振興につなげるため、富士山広場人工芝を敷設するなどの改修を行うものだという説明がなされておりましたが、富士山広場改修の概要についてまずお伺いいたします。  2つ目に、富士山広場の現在の利用状況がどういうふうになっているのか。

佐賀市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会−12月10日-05号

山間地域におきましても、雇用の創出を目指したサテライトオフィス整備、それから、人の流れの創出を狙った簡易宿泊施設整備などを進めております。中山間地域に限らず、こういった移住・定住を促進するに当たりましては、地域住民自身人口減少地域の課題として捉え、その解決に向けて主体的に取り組んでいくことにより、相乗効果が生まれまして、市全体の人口減少の抑制に寄与するものと考えております。  

佐賀市議会 2018-11-30 平成30年11月定例会−11月30日-01号

次に、富士山広場改修事業でありますが、この事業は、富士小学校跡地整備を進めている簡易宿泊施設富士町のスポーツ施設を活かした合宿誘致を促進することにより、スポーツ振興を図るとともに地域振興につなげるため、佐賀市立富士山広場人工芝を敷設するなどの改修を行うものであります。  今回は、実施設計等に要する経費を計上いたしております。  

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

さらに、委員より、企画調整部では影響がないと判断したのかとの質問があり、執行部より、校舎本体定員150名程度の簡易宿泊施設を想定しており、体育館シャワー数だけでは足りないことから、今回の整備による影響はないと判断した。また、地元の方が体育館を利用される際の利便性は向上すると判断したとの答弁がありました。  次に、委員より、契約方法随意契約となっているが、一般競争入札が原則ではないのか。

佐賀市議会 2018-09-03 平成30年 9月定例会−09月03日-01号

次に、富士小学校跡地整備事業でありますが、この事業は、富士町の地域振興につなげるため、古湯地区にあります富士小学校跡地地域拠点とし、既存の校舎等サテライトオフィス簡易宿泊施設等として整備するものであります。  今回は、外構設計及び本体工事に要する経費を計上いたしております。  

佐賀市議会 2016-06-15 平成28年 6月定例会−06月15日-02号

民泊とは、ホームステイでも民宿やゲストハウスなどのいわゆる簡易宿泊施設でもなくて、一般の民家に泊まって、そして料金を払うというものです。大幅に3つの区分があって、イベント開催時に臨時民泊、いわゆるイベント民泊、それから農林漁業体験民宿業農家民泊国家戦略特区における旅館業法の特例と、この3つが合法的に実施可能な民泊だというふうに位置づけられています。

  • 1