2822件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやき町議会 2021-06-17 2021-06-17 令和3年第2回定例会(第6日) 本文

学校現場では、新型コロナウイルス感染症対策による教室の消毒作業等や貧困・いじめ・ 不登校など解決すべき課題が山積しており、子どもたちのゆたかな学びを実現するための教 材研究授業準備の時間を十分に確保するためには、教職員の抜本的な定数改善が求められ ています。  一方、厳しい財政状況の中、独自財源により人的措置等を行っている自治体もありますが、 自治体間の教育格差が生じることは大きな問題です。

みやき町議会 2021-06-16 2021-06-16 令和3年第2回定例会(第5日) 本文

そういった事例調査研究しながら今後に努めていきますし、私どももこれからはそういうふうに、先ほど御心配されたように、実際どんどん利用していただいての施設だと思っておりますので、実際そこで健康増進につながって、ますます健幸長寿のまちを前面に押し出していったらよろしいかなと思っています。  

みやき町議会 2021-06-14 2021-06-14 令和3年第2回定例会(第4日) 本文

デマンドタクシー導入に当たっては、住民の通院、通学、買物などの日常生活上不可欠な移動について、運行形態等調査研究を行う必要があります。少子高齢化において、今後ますます高齢者移動手段の確保に対するニーズが高まってくるものと考えられ、本町においてもデマンドタクシー導入について先進自治体導入事例参考にし、役場関係部署、国や県等連携を図りながら検討していきたいと考えております。  

みやき町議会 2021-06-11 2021-06-11 令和3年第2回定例会(第3日) 本文

パートナーシップ宣誓制度につきまして、まずは先進自治体事例参考に、近隣市町状況なども見ながら、研究させていただきたいと考えておりますと回答していただきました。  残念ながら、パートナーシップ制度導入にはなりませんでしたが、その後、近隣市町の唐津市では導入する方向で準備をされていると報道もされています。  

みやき町議会 2021-06-10 2021-06-10 令和3年第2回定例会(第2日) 本文

情報化推進リーダーICT利活用分野のスーパーティーチャー及びICT支援員を活用してプログラミング教育の実証研究を進めているところでございます。SNSの情報モラル教育は、夏季や冬季などの休業日を前に道徳の時間や学級活動の時間を使って指導しているところでございます。  3番目、ヤングケアラーの実情というところでございます。  

みやき町議会 2021-06-08 2021-06-08 令和3年第2回定例会(第1日) 本文

今後は、豊かな地域資源及び研究成果等を活用した交流を促進し、健康福祉地域振興人材育成等分野において連携してまいります。  次に、女子サッカー推進室について報告いたします。  みやきなでしこクラブU-15につきましては、今年度新たに3名が入団し、計21名の選手で日々トレーニングを積んでいます。  また、4月1日に、佐賀県知事から令和3年度佐賀強化拠点地域として指定を受けました。

佐賀市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例会−03月23日-10号

以上のことから、当時は本市への進出は難しいものと考えておりましたが、その後、期間も経過しておりますので、再度聞き取りなどを行い、今後の動向について調査研究していきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ◎志満篤典 交通局長   交通局局舎建て替えにつきましては、平成28年3月、経済産業委員会からの附帯決議を受け、検討協議を行っております。  

伊万里市議会 2021-03-19 03月19日-07号

それから、来年に意見をしようかと、公立保育園民営化に完全になってから、大坪の1園は残してですけど、それからやろうかということになりまして、意見をするなら福祉会の話もきちんと聞いて、これがなくなったら運営できないと簡単に判断してどうこう言うべきではないという意見が、結論じゃないですけれども、そういうふうになりまして、今後、委員会調査研究課題ではないだろうかということで、そういう意見がありました。 

佐賀市議会 2021-03-18 令和 3年 3月定例会−03月18日-08号

国庫負担を増やす努力につきましては、全国知事会全国市長会をはじめ、九州各県の都市等で組織される九州都市国民健康保険研究協議会を通じて、例年、国への要望活動を行っております。  次に、一般会計から国民健康保険特別会計への繰入れについてお答えします。  国民健康保険は、保険料県補助金一般会計からの法定内繰入金などの収入を財源として保険給付事業を行うものであり、独立事業的な性格を有しております。

佐賀市議会 2021-03-17 令和 3年 3月定例会−03月17日-07号

また、平成30年度からは、本市の中部・南部地域において新たな公共交通導入などを検討するための調査研究を開始し、翌年度に公共交通空白地域等における地域内交通導入ガイドラインを取りまとめました。今年度はそのガイドラインに基づきモデル地区を募集し、春日北校区の皆さんと一緒に地域内交通導入に向け検討を進めているところでございます。  

佐賀市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会−03月15日-05号

このようなことから、佐賀市としましては、関係部署情報共有を図っていくとともに、他市の状況調査しながら研究してまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 ◆山下伸二 議員   しっかりと連携を図っていきたいということなんですけれども、先ほど総務部長言われたとおり、なかなか進んでいないというのが現状です。

みやき町議会 2021-03-15 2021-03-15 令和3年第1回定例会(第5日) 本文

1クラス40人と35人の学級編制では、やはり人数が少ないほうが子供たちと向き合う時間が増え、授業準備教材研究により多くの時間をかけることができるというふうに思っております。みやき町の現在の大部分が35人以下の学級であるというこの現状は、先生方にとっても自分を高める大きなチャンスであるというふうに考えております。  

佐賀市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会−03月12日-04号

だから、今後研究を重ねて、ぜひ先ほど言ったような調査等も、また方針等も何か新しく生み出せればと思います。  最後の質問にしたいと思います。  このトイレに関してですが、ネーミングライツのお話をさせていただきます。  トイレは多機能、多目的になればなるほど、多機能部分設置費用の問題、また管理の問題も生まれてきます。  

みやき町議会 2021-03-12 2021-03-12 令和3年第1回定例会(第4日) 本文

77 ◯7番(牟田秀文君)  先ほどからフレイルフレイルという言葉が答弁に出てきておりますけれども、私なりに超高齢社会における対応についてフレイル予防策強化が大事ということで、このフレイルとは、年齢を重ねて筋力などが低下し、心身が弱ってきた状態をいい、虚弱を意味する言葉で、国立長寿医療研究センターの調査で、フレイルの人が要介護状態になった場合にかかる

佐賀市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会−03月11日-03号

このため、国に要望して、学術会議などで研究をしなければ抜本的な解決は難しいのではないかとの質問があり、執行部より、国では、農研機構鳥獣害対策研究をしており、市で予算計上している事業は、農研機構で紹介している事例参考にしているものもある。  個体数の削減は当然必要だと考えているが、実際の農業被害を減らすためには、例えば、目の前で被害を与えている1匹のイノシシをどう捕るかという話になる。

伊万里市議会 2021-03-09 03月09日-04号

議案質疑を御覧になっていない方のために、部長がおっしゃったことを、いま一度まとめさせていただきますが、デジタルマーケティングを推し進めるに当たって、慶應義塾大学SFC研究所──ここは最先端の研究を行い、その研究成果を還元して社会に寄与することを目的としていますが、その研究所内において、さらにデジタルマーケティングを活用して、人口減少時代地域デザインに資することを目的とする地域デザインラボ連携

伊万里市議会 2021-03-04 03月04日-03号

日本各地の優良な事例から、どの地域にも共通するような成功要因を分析して、その知見を広く社会に発信するという研究実践活動が展開されておりまして、令和3年度は本市において本市と連携した事業展開を計画していただいたところでございます。 そういう中で、アドバイザーの役割でございますけれども、今回予定している講師につきましては、先ほど申し上げた地域デザインラボ構成メンバーの方を主に考えております。