1130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2020-03-13 令和 2年 2月定例会−03月13日-03号

また、昨年9月に提出されました経済産業委員研究会の資料の中では、収支の中で経年劣化による機器の故障が多く、修繕料もかさんでいると、そういった記載もございました。  そういうことで、この修繕費に関しては市と指定管理者がお互いで協議するということでありますけれども、具体的にどのような協議をされるのか、この点が1点ですね。  

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-10号

初めに、第95号議案 令和元年度佐賀市一般会計補正予算(第6号)中、歳出10款1項3目学校教育指導研究費のうち、教育環境整備事業1,372万円の減額について、委員より、生活指導員の応募者が少なく、欠員が生じているとの説明だが、その要因をどのように捉えているかとの質問があり、執行部より、学校の講師も不足しているため、教員免許をお持ちの方は学校の講師のほうを優先して紹介しているなどの理由により、生活指導

みやき町議会 2019-12-18 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第5日) 本文

例えば、再発防止のために、先ほど再発防止のようなのがあるというふうに言われましたけれども、またこれから先もそういうことがあった場合には、製造会社等と一緒に研究とかも行っていく必要があるのではないかと考えます。  そしたら、最後に再発防止のためにどのように考えているのか、お示しください。

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

誰のためのどのような移動需要に対応する必要があるのか、どのような運行方式を選択すべきかを調査、研究を行ってまいりました。  介護保険法の改正により、地域で支える地域包括ケアシステムを構築することが自治体の責務となっております。その中で、現在、協議体で協議する中におきまして、無償ボランティアで支え合う、また、有償で支え合うという両方のサービスを提供し、目的を達成しようとしているところでございます。

みやき町議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

さて、来年9月の指定に向けて取り組んでいること、地場産品を使って行っていること、そして、最終的な方針を伺うとの御質問でございますが、現在取り組んでいることといたしましては、まず、ふるさと寄附金に関する情報収集や他自治体の返礼品等に関する調査、研究を常時行っております。具体的には、ふるさと納税ポータルサイトの担当者等と適宜情報交換を行い、最新情報の収集に努めているところです。

みやき町議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2日) 本文

以上のように、今後、複合施設における取り組みにつきましては、利用者みずから健康増進に取り組み、また、サービスを享受する仕組み、町や参画事業者が有するデータに加えて、施設利用に関係するデータ研究し、新たな事業の検討、既存事業の充実及び施設利用の効果検証を行う仕組み、集客力を高め、誰でも気軽に立ち寄れるコミュニティ施設として成り立つためのにぎわいづくりの取り組み、この3つの柱を軸に検討を進めてまいる所存

佐賀市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-07号

都市のそういった事例とかを情報収集して研究していきたいと考えております。 ◆村岡卓 議員   では、そういうさまざま配慮する観点で取り組んでいただければというふうに思います。  次に、項目で上げておりましたマイ・タイムラインについてでございます。  これは自分自身で災害時にどういう行動をとるかというのを自分で決めておこうというようなことです。

みやき町議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第1日) 本文

学校関係については、三根東小学校のがん教育総合支援事業、中原小・中学校では、県指定の活用力向上研究指定事業と町指定の小中連携の研究事業の取り組みに係る公開授業を合わせて実施しています。  また、11月8日に佐賀県中学校駅伝競争大会が白石町で開催され、中原中学校男女と北茂安中学校男女の4チームが郡代表として出場しました。  次に、社会教育課について報告をします。  

佐賀市議会 2019-12-10 令和 元年11月定例会−12月10日-06号

また、各公民館主体となって、その地域の偉人や歴史に関する研究、顕彰活動にスポットを当てた紹介パネルの制作展示を市立公民館全32館で行い、その後、市立図書館で全体のパネル展を開催してきたところです。  さらに、市報さがでは佐賀の偉人ゆかりのインタビューや佐賀の七賢人を紹介する4こま漫画を連載するなど、市民への情報発信を通して、明治維新150年の機運の醸成に取り組んできたところでございます。  

佐賀市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-05号

今後につきましては、国や県などとも相談しながら、配布薬剤のあり方などについて研究してまいりたいと思っております。  以上でございます。 ◆白倉和子 議員   水との接触で発熱するというのは生石灰のことですね。石灰には生石灰と消石灰がありますので、その辺は注意しておきたいと思います。  

佐賀市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

また、私どもの職務に関しまして、各学校の課題を解決すべく、あるいは佐賀市の課題を解決すべく、市の教育指定をかけまして研究していただくというふうなことで、広く佐賀市内に浸透させようということで取り組んでいるのが現状でございます。  以上でございます。 ◆重田音彦 議員   わかりました。  

佐賀市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-02号

それは教職員日本語指導のための資質向上のこと、それから、研修会や公開授業指導法の研究を行うこと、こういうことなども主な取り組みの中にあるわけでございまして、各学校ではこれをできる限り有効に活用するということで今進めているところでございます。 ◆川副龍之介 議員   いろんな支援事業を活用しながら、外国人児童・生徒の日本語学習のために頑張ってあるということで理解しました。  

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

その要因でございますけれども、小学校では教材研究授業の準備、学級事務校務分掌事務、成績処理等が挙げられます。また、現在は来年度から全面実施されます新学習指導要領に基づいた新しい指導内容や指導方法への対応、準備等が、新たな要因ともなっております。  中学校では、部活動指導、生徒指導、進路指導等が挙げられておりました。

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

昨年11月定例会で、富永議員もこの専門職の登用について質問されていましたけれども、その答弁の中で、子ども家庭総合支援拠点の設置に向けて研究していくとの答弁がされておりましたが、その後どのようになっているのか、お示しください。 ◎今井剛 子育て支援部長   平成28年6月の児童福祉法改正により、市町村は子どもの福祉に関する支援業務を適切に行うための拠点の整備に努めることとされました。  

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

中身は若干省きますけれども、補聴器は平均価格15万円と高額で高いと、悲鳴が上がっていると、欧米では難聴を医療のカテゴリーで捉え、補助制度があるが、日本は障がい者のカテゴリーで捉えているので、補助対象を絞り込んでいるため、補聴器所有率が圧倒的に低い、どういう対応が可能か研究、検討に入るべきではないかとして、補聴器購入に補助制度を求めました。