1045件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

食育基本法では、食育生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育基礎となるべきもの、さまざまな経験を通して食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することと示してあります。  国は第3次食育推進基本計画の取り組みについて、1次、2次と取り組んできたが、食をめぐる問題は拡大した感がある。

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

最後に5つ目になりますが、NPO法人大分特別支援教育室フリーリーをお招きして、発達障がい児の支援に必要な専門的な知識技術について基本編、スキルアップ編、スキル定着編の3段階に分けた研修を実施いたしております。  以上でございます。 ◆中山重俊 議員   5つの研修というふうに言われました。  次に、放課後児童クラブの開所時間について質問いたしたいと思います。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

そういった中で、森林組合であるとか林業事業体の皆様に、木はこういう育ち方をするんだよとか、木の切り方はこういう形をするんだよとか、道のつくり方はこういったほうが防災上いいんですよといったいろんな知識をその場で勉強してまいります。ですので、全く林業に携わっていなかった職員がそこに行きますと、確かに苦労はすると思います。

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

障害児通所給付費は18歳未満の障害児等が日常生活の指導知識技能の付与等を受けるための事業所への通所費用でございます。それぞれ前年度事業実績に伴う国及び県への返還金でございます。障害者医療費につきましては、身体障害児の障害を除去、軽減する育成医療分でございますが、これについても前年度事業実績に伴う県への返還金でございます。  項2.児童福祉費、補正額42,552千円の増額でございます。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

私は義務教育にあっては、知識的にも体力的にも大きな成長期を迎える中学校時代の教育が極めて大切だと思います。この時期に生徒の資質を十分に伸ばし、押しつけられて覚える教育ではなく、自発性を発揮しつつ学習する楽しみを見出す絶好のチャンスだと思います。  そこで、中学校教育基本指針について、教育委員会にお尋ねいたします。  3点目は、川を愛する週間について伺います。  

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

それから、少しずつですけれども、やっぱり課題とか問題点というのも見えてきているのかなと思いますけれども、ただ、学術的な価値の高さというのは、それを見る相手方にもそれなりの予備知識があって初めて興味が湧く、あるいはおもしろさが高まってくるものではないかと思います。  

佐賀市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-03号

多分、保護者はそこまでの知識はわかりません。ですから、自分の子どもの運動能力がどのくらいなのかというのをわざわざホームページまで探す人はいませんので、そこはやっぱり広報として、これだけ子どもの運動能力が下がっているということも現実として文科省のホームページには載っているわけですから、そこをやっぱり情報を出していくということが必要だと思いますが、いかがですか。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

◎大城敬宏 保健福祉部長   先ほど申し上げましたけれども、昨年度から支援関係機関へのアンケート調査をもとに、テーマを絞った研修会を開催し、関係機関が集まって知識を深め合える場を設けております。  昨年度と今年度は支援者から困難な問題として多く上がっておりますごみ屋敷問題を取り上げまして、福祉にかかわる相談支援事業所のほか、環境部職員参加し、講義やグループ討議を行ったところでございます。  

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

そのように意識されていないこと、適切な情報を得る機会を持たないことが誤解や偏見につながっていくことになりますので、まずは正しい知識の普及、また、偏見や差別の解消を目指した啓発が必要であると考えます。  本町における取り組みにつきましては、各種選挙における投票所入場券の性別欄について、男女の別がわからないように配慮がなされております。  

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

庶務・人事担当では、7月31日こすもす館研修室において、町職員及び議員を含め、ハラスメントの基礎知識対策をテーマにしてハラスメント研修会を開催し、87名の参加がありました。ハラスメントの知識を深めることができ、大変有意義な研修会でした。  令和元年度職員採用統一試験に関しましては、7月16日から8月16日の間で一般事務の募集を行い、40名が応募されております。

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

実際に相談に応じる職員の資質向上も大変重要な課題であるというふうに考えておりますので、県や警察本部が主催する研修への参加ですとか、あるいはまた市独自の研修会を開催するなどして、犯罪被害者の方たちが受ける、いわゆる二次的被害ですとか、また相談を受ける側の二次受傷、こういったことへの対処の仕方などについて理解や知識を深めるよう努めているところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

それは、1つは生きて働く知識技能の習得、2つには未知の状況にも対応できる思考力、判断力、表現力等の育成、3つには学びを人生や社会に生かそうとする学びに向かう力、人間性の涵養という3つの柱に整理して、生きる力育成の充実を目指すようにしているところでございます。  そして、この生きる力としての資質、能力は、主体的、対話的で深い学び授業を通して育むことが重要であるとしております。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

◎今井剛 子育て支援部長   ゆめ・ぽけっとの所長につきましては、その役割を考えますと、子育て支援に関する知識や経験が豊富な人材が望ましいと考えております。そのため、市といたしましても、そういった方々に就任をお願いしてまいりましたが、結果として引き受けていただける方が見つからず、やむなく4月から保育幼稚園課長がゆめ・ぽけっとの所長を兼務してまいったところでございます。

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

詳細を申しますと、特別職の非常勤職員の中には、例えば、農業委員会教育委員会などの各種委員会の委員や顧問などのような立場の方と嘱託職員のような一般職員と同じ職場で専門的な知識を持って働く方とが、一つの枠組みの中で任用要件が定められております。今回の改正により、特別職の非常勤職員の対象となる要件が、委員会の委員や専門的な助言を行う職などに厳格化されております。

みやき町議会 2019-06-11 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第5日) 本文

節13.委託料は空き家対策の推進及び活用の促進を図るため、空き家対策に関する専門的、実践的な知識を有し、適切な指導助言等をいただき、安全で安心なまちづくりを推進するためのアドバイザーを設置するための委託料をお願いするものでございます。  17ページをお願いいたします。  款13.諸支出金、項1.基金費1,500千円の増額です。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

分譲住宅事業等は専門的な仕事であり、専門的な知識が必要だと思います。不動産業資格、宅建資格も持たない職員の対応では限度があるようではないかと思いますので、今回、民間業者のアドバイスをもって整備をすべきと質問をいたしたところでございます。  しかし、先ほどから同僚議員の中でもこの件について答弁はありましたが、まず、空き家対策アドバイザーの委託はどの範囲までを委託とするのか、お伺いいたします。  

みやき町議会 2019-06-06 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

現在、任期つき職員につきましては、本町といたしまして専門的知識を有する職員を一定期間必要とする場合や一定の期間に業務量の増加が見込まれる場合に任期つき職員の採用を行うため、平成29年1月定例会におきまして、みやき町一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例議決をいただき、平成30年度より任用を行ってきたところでございます。