1835件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

      │入歳出決算      │     │ ├──────┼───────────┼─────┤ │第59号議案 │平成30年度佐賀市後期高│ 認 定 │ │      │齢者医療特別会計歳入歳│     │ │      │出決算        │     │ ├──────┼───────────┼─────┤ │第64号議案 │平成30年度佐賀市立富士│ 認 定 │ │      │大和温泉病院事業会計

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

この事件では、それまでに警察は女の子を4回保護し、児童相談所に一時保護の必要性を通告していましたが、児童相談所は親子関係は良好として保護に踏み切らなかったことや、引き継ぎを受けていた市が病院からの通報を警察児童相談所に伝えていなかったことなど、関係機関の認識の違いや連携ミスに注目が集まっています。  

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

そのほか、学校、それから病院が近くにあることも条件として考えられておりまして、そういったところがアンケート結果から読み取れるということでございます。 ◆野中康弘 議員   今のような分析がなされているわけですけれども、このアンケート結果による移住希望者のニーズから見た場合に、全国のそういった中で、佐賀市としてはどのような環境にあるとお考えでしょうか。

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

相談支援機関といたしましては、がん診療連携拠点病院内、これは市内では佐賀県医療センター好生館と佐賀大学医学部附属病院内にがん相談支援センターが設置されております。この相談件数は年々増加してきており、この相談支援の取り組みについては、ハローワーク等との連携などによりまして機能が強化されてきております。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

私も鍋島に住んでおりますが、やっぱり農村地域郊外のほうに行きますと、近くまではというか、例えば、医大までとか佐賀記念病院まではバスが来ているけど、横につながっていないと、できれば横につなげてもらえないかという話はたびたび聞くわけでございます。  そのことをちょっと交通局と話しましたら、20年ぐらい前に一度そういう声があって検討しましたと。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

◎大城敬宏 保健福祉部長   ひとり暮らしの高齢者で引き取り手が不明であるという方については、警察病院から市のほうに連絡がありまして、市のほうで親族調査を行います。本市の過去3年間において引き取り手のない高齢者の件数につきましては、平成28年度が6件、平成29年度が4件、平成30年度が5件となっております。

佐賀市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-目次

年度佐賀市国民健康保険診療所特別会計歳入歳出決算   第59号議案  平成30年度佐賀市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算   第60号議案  平成30年度佐賀市自動車運送事業会計決算   第61号議案  平成30年度佐賀市水道事業会計決算   第62号議案  平成30年度佐賀市工業用水道事業会計決算   第63号議案  平成30年度佐賀市下水道事業会計決算   第64号議案  平成30年度佐賀市立富士大和温泉病院事業会計決算

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

◎大城敬宏 保健福祉部長   地域住民主体の取り組みということでございますけれども、高齢者の買い物や病院などへ移動を支援する取り組みを行っている地区が2カ所ございます。1つ目は、大和町川上地区でNPO法人かわかみ・絆の会が実施されている高齢者移送サービス、2つ目は、久保田地区のまちづくり協議会が実施されている高齢者等のお出かけ支援事業「さるこうカー」の取り組みでございます。

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

◆重田音彦 議員   北部山間地域地域包括ケアシステムは、市立病院であります富士大和温泉病院が核となって推進するべきじゃないのかなと思うんですけど、どうなんでしょうか。 ◎大城敬宏 保健福祉部長   現在、富士大和温泉病院につきましては、地域包括ケアシステムにおける医療介護の連携推進について、北部グループの医療機関として地域包括ケアシステムを推進する担い手となっています。  

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

例えば、この方が病院までのバス代が片道350円、往復で700円と。月に3ないし4回通院すれば、仮に4回通院すれば2,800円かかるわけですね。約7万円の中から2,800円、そのほかにもいろいろ要るわけでございます。この保護を受ける人の立場に立って対応をお願いしたいと思いますが、この点についての答弁を求めます。

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

また、高齢化が進む社会を考えるとき、佐賀市内には複数の総合病院を初め、多くの病院介護施設が開設されているなど、今後必要とされる保健医療福祉介護等が連携したより住みやすい環境を築くための条件に恵まれています。このようなまちの特性を生かしつつ、一層磨きをかけ、さらなる住みやすさの向上を図るためにも、中核市への移行を目指す考えがあってもいいのではないかと思います。  

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

◎池田一善 総務部長   私からは御質問職員数について、企業局、富士大和温泉病院を含めました人数と近年の推移をお答えいたします。  まず、正規職員につきましては、フルタイム勤務の職員について、近年の4月1日時点での職員数の推移をお答えいたします。  平成29年、1,775人、平成30年、1,772人、今年は昨年と同数の1,772人となっており、近年はほぼ横ばいの状態でございます。  

鳥栖市議会 2019-03-25 平成31年 3月 定例会-03月25日−06号

ミニバスの見直しにつきましては、これまでも利用者や地域のお声をお聞きしながら、平成25年4月に旭地区循環線におきまして、マックスバリュ鳥栖村田店への延伸、平成26年10月に鳥栖地区循環線におきまして、今村病院への延伸、平成27年10月に鳥栖地区循環線におきまして、ライフガーデン鳥栖への延伸、平成28年10月に旭地区循環線におきまして、山都町への延伸、平成30年4月には基里地区循環線におきまして、永吉町

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会-03月22日-11号

 │ │     │康保険診療所特別会計予│     │ │     │算          │     │ ├─────┼───────────┼─────┤ │ 第4号議案│平成31年度佐賀市後期高│ 可 決 │ │     │齢者医療特別会計予算 │     │ ├─────┼───────────┼─────┤ │ 第9号議案│平成31年度佐賀市立富士│ 可 決 │ │     │大和温泉病院事業会計

多久市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−05号

             川   浪   正   則    人権・同和対策課長          増   本   哲   明    農林課長               山   田   邦   彦    商工観光課長             小   池   孝   司    建設課長               上   瀧   和   弘    都市計画課長             上   瀧   幾 久 生    市立病院事務

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

そこに少し時間といいますか、日数がかかるということで、そこら辺も考慮した中で巡回の日程、また、場所等を決めていらっしゃるということなんですけれども、多久のほうでは病院とか施設まで入れていらっしゃるということでしたけれども、よそではあんまり病院とか施設というのは入っていないんですよね。入れていらっしゃいません。

伊万里市議会 2019-03-13 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月13日−06号

3点目の質問は、伊万里松浦病院の移転後の問題について、本市の要望についてのJCHO本部からの回答につきまして、平成32年に松浦市へ移転が進んでいます伊万里松浦病院でありますが、昨年2月にJCHOの九州地区事務所にサテライト診療所の設置等について要望書を提出していますが、JCHOから本市に対して正式な回答をいただいているのかをお尋ねいたします。  

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

改定する使用料等の具体的な例としましては、佐賀市文化会館のホール使用料や佐賀市健康運動センターのプール、多目的グラウンドの使用料など、公の施設使用料がほとんどを占めており、そのほか市営バスの最低運賃や富士大和温泉病院の診断手数料等について改定しているところでございます。  以上でございます。 ◆中山重俊 議員   それでは、2回目の質疑をいたします。