239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-17 令和 3年 3月定例会−03月17日-07号

さらに、昭和42年には異常気象ノリ過密状態が重なって、疑似シログサレ症が発生し、生産できない地区も出るなど、未曽有の大被害をもたらしております。この大不作を受け、昭和43年に佐賀県では新しいノリ養殖方法として、集団管理方法によりノリ養殖安定化を図るため、ノリ養殖安定化推進対策協議会設置されました。

みやき町議会 2020-12-16 2020-12-16 令和2年第4回定例会(第5日) 本文

特に    昨今の異常気象時の屋内では聞こえない、聞き取れないなどの声がある。今後、さら    なる安全安心の向上の観点から防災行政無線と併用した機器の導入を検討されたし。   5)款10教育費 項5社会教育費 目1社会教育総務費 節1報酬まちづくりいきいき    女性クラブ地区推進員報酬)163万円となっている。    全57地区のなか昨年より2地区増え42地区で活動中。

伊万里市議会 2020-12-15 12月15日-05号

そういうことからいきますと、エアコンの設置については費用もかかったと、ランニングコスト等もかかるというふうなことで考えておりましたけれども、十分全体的な予算の中で賄うことができる上に、このコロナ禍の中で子どもたちが喜んで、この夏の異常気象の中でも将来の伊万里市を担う子どもたちに少しでも涼しい、もしくは暖かいものを設置して本当によかったなというふうに私は思っております。 以上です。

伊万里市議会 2020-12-14 12月14日-04号

近年の異常気象がもたらす気候変動線状降水帯停滞等による風水害が大規模化をしております。伊万里市においても、決して例外ではありません。いつ被災するか分からない状況で、そのような中、市内河川危険箇所チェック体制はどのようなものになっているのか、お伺いをいたします。 4点目です。分離された伊万里駅舎について。 

唐津市議会 2020-12-09 12月09日-04号

今後の見通しにつきましては、新型コロナの情勢や異常気象影響で不透明な部分もございますが、先ほど申しましたような農業者高齢化に伴う農業経営体数農業従事者減少が続きますと、農業産出額も同様に減少をしていくものではないかと懸念しているところでございます。 以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 山下議員。 ◆6番(山下壽次君) お答えいただいたように、農業は数値上も非常に厳しい状況にあると。

佐賀市議会 2020-12-07 令和 2年11月定例会−12月07日-05号

その見直しは、児童虐待やいじめ問題、異常気象災害など多岐にわたる社会問題や課題等の背景を踏まえ、今後10年の運動展開を見据えたものとして行いました。  その見直し具体例といたしまして、例えば、企業等行動指針職場見学子ども向けイベント等を行った場合には、積極的に情報発信していただくよう追加いたしました。  

鳥栖市議会 2020-12-01 12月08日-02号

それから抜本的な対策ということでございますけれども、先ほどの答弁の繰り返しになりますが、本通町、京町での道路冠水につきましては、近年の異常気象に伴う雨量に対し、開発された周辺環境状況周辺河川水路等の容量が限定されていることを考慮しますと、現状におきまして、抜本的な対策は容易ではないものと考えておりますが、来年の梅雨時期に向けて、まずは実現可能な対策を行うことで、冠水被害の軽減に努めてまいりたいと

佐賀市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会−09月18日-05号

とにかく温暖化対策を取らなければ、今回も一般質問で何人もの議員から言われておりましたけれども、やはり近年、集中豪雨とか干ばつ、また、森林火災、ハリケーン、熱波など、異常気象による災害が世界中で発生しております。こうしたことから、地球温暖化による気候変動危機が間近に迫っております。  そこで、質問ですけれども、何回も言うようですが、環境は待ったなしでございます。

みやき町議会 2020-09-14 2020-09-14 令和2年第3回定例会(第4日) 名簿

│       │1.こすもす館周辺農地豪雨対策調整池建設 │町     長┃ ┃  │       │  務                     │建 設 課 長┃ ┃  │10 番    │ 1)こすもす館周辺農地と第二次総合計画について │まちづくり課長┃ ┃13 │       │ 2)公共用地農地買収計画について       │       ┃ ┃  │宮 原 宏 典│ 3)異常気象

みやき町議会 2020-09-14 2020-09-14 令和2年第3回定例会(第4日) 本文

そこで、私の提案でございますが、近年の異常気象による豪雨地球温暖化原因と申されています。もはや豪雨は毎年の常襲化に至ったところでございます。みやき町も至るところで雨水の時期には排水対策に苦慮されているところでございますけれども、北茂安校区寒水川東部下流における豪雨排水対策として、ポンプの増設、大型調整池建設急務と提案いたすものであります。  

みやき町議会 2020-09-10 2020-09-10 令和2年第3回定例会(第2日) 本文

異常気象による北茂安校区下流地区豪雨対策として調整池建設急務であると。調整池を利用した運動施設(サッカー・ラグビー)建設を整備ということで書いてございます。  ああ、考えることはやっぱり一緒だったんだなということを思いました。私は、今回寒水川、通瀬川排水機場部分についてのみ、ほかのところはまだ勉強不足知識が集約されておりません。

唐津市議会 2020-03-19 03月19日-08号

しかしながら、昨今の異常気象からは、市民を守るために迅速で確実に、災害情報伝達として、屋内に戸別に防災無線受信機希望世帯全てに対応する予算が計上されたことは評価すべきものと考えます。 今回の予算の中で反対を表明するものとして、一般会計予算から原子力発電広報調査等交付金事業であります。原子力発電施設等周辺住民に対し、原子力発電に関する正しい知識の普及を目的に予算化されております。 

唐津市議会 2020-03-12 03月12日-05号

日本を初め世界でも異常気象による深刻な被害が相次いでいます。昨年もヨーロッパやインドが記録的な熱波に見舞われたほか、日本各地でも猛烈な台風や集中豪雨による甚大な水害が発生しました。また、オーストラリアで起きた大規模森林火災被害は、約半年の間燃え続けました。このまま温暖化が進むとさらに被害が拡大すると懸念されています。気候変動は、単なる環境問題の枠をはるかに超えています。

伊万里市議会 2020-03-04 03月04日-02号

仮に事業費令和2年度に繰り越した場合には、必ず2年度内に完了が不可欠でありますので、近年の異常気象を見れば、いつ大雨が降るのか予想がつかない中、復旧範囲が増加することも考えられますので、当初予算で措置しておりました地滑り工事に係る工事費につきましては、3月補正にて減額し、改めて令和2年度当初予算に計上するものでございます。 

みやき町議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2日) 本文

近年、地球温暖化に起因すると言われる異常気象日本でも数多く発生しています。  佐賀県におきましても、本年7月、8月の豪雨により河川氾濫などの大規模水害が発生、また、みやき町においても浸水被害や通行どめなど、町民生活に多大な影響を与えました。今後、いつどこで豪雨などによる大規模災害が発生しても不思議ではありません。今こそより強く地域防災に取り組まなければと思うものです。  

鳥栖市議会 2019-12-03 12月11日-03号

最近の異常気象による水害対策は、国、県、市と連携し、いろんな対策、例えば、近隣の川のしゅんせつとか、堤防、それから道路の新設、こういう方法でも、私は防げることができると思っております。今後は、それも含めて、今後検討し、実行していく必要性を感じます。 次の質問に移ります。 次の質問は、防犯カメラ設置事業についてお伺いをいたします。 

みやき町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日) 本文

そういう中でございますが、2点目といたしまして、県の施設であります江口地区排水機排水強化施設の要請について、今回2点目として質問をするわけでございますが、これは近年、地球温暖化、1960年から七、八十年ごろは30度ぐらいの温度であったんですが、最近では35度から37度と、もう35度は平均というような温暖化でもって、このような異常気象じゃなくて、これが常習というような、常温というような形になってきたわけで