336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

また、一般的には、医療費に占める要因の中で、その約3割ががんや循環器疾患、脳血管疾患、糖尿病等の生活習慣といわれており、急速に進む高齢化を背景とした医療費社会保障費の増加を抑制するためには、いかに病気を未然に防ぐか、また、私たちの健康をどうやって守るかといったことが大変重要な課題になってくると思われます。  

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

健康増進事業では、食生活からの生活習慣予防のため、北茂安保健センターにおいて、6名の方を対象に栄養保健教室を9月から2月にかけて計6回開催しました。介護予防のための食生活改善講習会を12月から2月にかけて8回実施しました。  健幸長寿目的に、健幸長寿食育サポーターと地区住民と一緒に、キクイモ素材とした料理講習会を各公民館において7回開催し、健康地域のコミュニティを図りました。  

伊万里市議会 2019-02-27 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月27日−01号

衛生費については、各種健康診査やがん検診の実施など、生活習慣の予防と早期発見・早期治療を促進するとともに、子育て世代包括支援センターにおける妊産婦の相談支援体制の充実を図り、妊婦健診費用の助成や乳幼児健診を実施するなど、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つための育児支援に取り組みます。  

多久市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日−04号

介護が必要な状況にならないように、まず御自分の健康管理を行い、生活習慣の重症化予防や筋力や心身が低下した状態であるフレイルを予防することに努めていただくよう支援するとともに、地域での交流の場を活発化し、大人だけでなく、子どもも巻き込み、みんなで支える地域づくりを支援していくことで、人生100歳時代、元気高齢者高齢者を支え、住みなれた地域での生活を送れるようにしたいと考えているところでございます。

みやき町議会 2018-12-11 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3日) 本文

まず、特定検診の現状と推移、今後の課題についてですが、糖尿病等の生活習慣の予防や重症化予防対策を進めるために、メタボリックシンドロームに着目をした特定健診を平成21年度から実施しております。  健診の受診率は年々上昇してきており、平成29年度における実施率は42.5%で、対前年度比で2.4%のアップです。

佐賀市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会−06月20日-07号

例えば、足の状態が悪くなることによって歩くことに困難を来し、運動不足から生活習慣に陥る場合、また、単純に膝痛や腰痛などを引き起こす場合などが考えられます。  今回の質問では、この2つの面をあわせて、また、北海道大学名誉教授日本下肢救済・足病学会理事長の大浦武彦先生の著書に倣いまして足病と表現させていただきますので、よろしくお願いいたします。  

多久市議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会-06月18日−03号

年齢ごとに申し上げますと、小学校課程──多久の場合は義務教育課程ですが、5年生、そして7年生を対象とした生活習慣健診の、いわゆる多久っ子健診があります。  次に、20歳から39歳までの全ての市民を対象に、生活習慣を早目に改善することを目標として行う一般健診があります。  続いて、40歳以上の国民健康保険の被保険者を対象とした特定健診があります。  

唐津市議会 2018-06-08 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月08日−02号

議員ご指摘のとおり、今回のたばこ税見直しの背景には、社会保障の増加による国・地方の厳しい財政状況が勘案されていること、それから、たばこは食料品などの生活必需品とは異なる特殊な嗜好品であり、財政物資としての性格を持つこと、それから、喫煙健康に与える影響が科学的に示されていることなどでございまして、これらのことから、受動喫煙防止に向けた施策に取り組むことが生活習慣を予防できるとともに、結果的には医療費

みやき町議会 2018-06-07 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第3日) 本文

目的では、隣接する久留米市は医療のまちと呼ばれ、高度医療先進地であるため、みやき町においては統合医療に特化した施策を展開し、重病者は久留米市、要リハビリ者や生活習慣予防者はみやき町と明確な差別化を行うとされ、要点、ポイントは、メディカルコミュニティセンター事業は継続的な医療介護の提供につなげるとして、先進医療は久留米、継続的なケア、リハビリはみやき町というすみ分けを明らかにして整備を行うとされているわけです

佐賀市議会 2018-03-23 平成30年 2月定例会−03月23日-11号

次に、第2号議案 平成30年度佐賀市国民健康保険特別会計予算中、歳入第4款1項1目保険給付費等交付金のうち、保険者努力支援分1億340万円について、執行部より、特定健診の受診率、特定保健指導の実施率、生活習慣の重症化予防、保険税の収納対策といった項目について指標があり、自治体の努力に応じて点数化され、県から支払われる交付金であるとの説明があり、委員より、さまざまな分野で努力を行うことになるが、今後

鳥栖市議会 2018-03-13 平成30年 3月 定例会-03月13日−05号

また、がん検診を受診された方全員にチラシを配付し、たばこはがんだけでなく、生活習慣危険因子であることを啓発しております。  母子健康手帳交付時には、本人の喫煙、夫や家族の同室喫煙の状況を聞き取り、禁煙や受動喫煙防止のための分煙について説明をするなど、保健事業のあらゆる機会を通して啓発を行っております。  

みやき町議会 2018-03-12 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第1日) 本文

特定健診の結果から人工透析、脳出血、心筋梗塞などの生活習慣の重症化、リスクのある方を抽出し、予防指導家庭訪問を実施しました。2月まで個別健診を実施し、受診率の低い40歳から50歳代の現役世代を中心に受診勧奨を行いました。平成29年度の特定健診受診者数は1,980名となる見込みです。  

唐津市議会 2018-03-09 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月09日−03号

内容といたしましては、腹腔内の腸の周りに脂肪が過剰に蓄積している状態の内臓脂肪型肥満に着目した項目の検査となっておりまして、肥満による高血圧症や糖尿病、高コレステロール血症などの生活習慣を早期に発見し、脳梗塞や心筋梗塞、人工透析など重篤な病気になることを防ぐことを目的としております。  以上です。 ○議長(田中秀和君) 濵田水道局長。           

多久市議会 2018-03-02 平成30年 3月 定例会-03月02日−01号

健康寿命の延伸には生活習慣の発症予防や重症化の予防が極めて重要であります。  まず、国民健康保険事業は、国民保険の根幹を支える制度であり、我が国社会保障制度に重要な役割を果たしてきました。しかしながら、高齢者、低所得層が多いという構造的課題に加え、一人当たりの医療費増大により、国民健康保険財政は全国的に厳しい状況が続いています。