6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2010-03-05 平成22年 3月定例会−03月05日-02号

例えば、環境への取り組みについて、環境モデル都市として、これは全国的にも評価の高い水俣市が一つございますし、それから京都市がそれぞれ769位とか677位というふうな順位づけになっているということで、これはごみの収集や処理に費やされた費用の成果物としてごみを収集した量や処理した量のみが用いられていることに問題があるのではないかというふうに思っております。  

佐賀市議会 2009-03-26 平成21年 3月定例会−03月26日-10号

4.省エネ住宅・ビル等の建設を大規模に促進するとともに、環境モデル都市の対象都市を拡大するなど、さらなる国の支援を拡充すること。 5.森林吸収量の目標として掲げる温室効果ガス排出削減3.8%の実現に向けて、林業建設業協働も行いつつ間伐・植林などの森林整備を進めること。さらに、これらにより林業、造園・建設業など関連業種で新たな雇用を創出すること。

鳥栖市議会 2002-06-12 平成14年 6月 定例会-06月12日−03号

学校環境ISOとは、ちょっと紹介させていただきますと、世界に例のない産業公害水俣病を経験してきた熊本県水俣市の例でありますが、水俣市は92年に環境モデル都市づくり宣言を行い、市民企業行政の共同作業による環境再生に努められ、この一環として99年2月に環境ISOを自治体として取得されております。  

鳥栖市議会 2000-12-12 平成12年12月 定例会-12月12日−03号

水俣市は92年に環境モデル都市づくり宣言を行い、市民企業行政の共同作業による環境再生に努められ、この一環として99年2月に環境ISOを自治体として取得されております。  この環境ISOの精神を住民に拡大しようと、家庭版ISOとか学校版ISOの制度を導入し、環境保全活動を全市に広げようとされております。「環境にやさしい学校づくりを進める」ということです。  

  • 1