2828件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

                            │ │    │   │       │3.高齢者対策について                     │ │    │   │       │  独居高齢者について                    │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │  2 │村 岡   卓│1.市の相談環境

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

子どもの最善の利益の考慮、子どもの意見表明権の保障などの児童権利条約児童は人としてとうとばれる、社会の一員として重んぜられる、よい環境の中で育てられるとうたっている児童憲章などからして、放課後児童クラブの目的、役割についての基本的考えを御答弁いただきたいと思います。  2点目でございます。教職員の働き方と定数増についてでございます。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

今年度から待望久しかった森林環境譲与税が導入されました。森林を守るための財源の確保については、国に先んじて地方公共団体から声が上げられており、特に、平成18年以降は多くの森林が所在する市町村を中心に結成された全国森林環境税創設促進連盟及び促進議員連盟により森林環境税の創設に向けた運動が展開されてきました。  その運動が実を結び、今度の森林環境譲与税が導入されたわけです。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

この河川清掃により、身近な水路、水辺環境が良好に保たれていると考えております。本市は多くの水路があり、多様な水環境に恵まれており、この河川清掃は全市的な市民活動であり、全国にも誇れるものとなっております。  以上でございます。 ◆福井章司 議員   それぞれ答弁いただきましたので、一問一答に移ります。  

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

◎百崎芳子 教育部長   東名遺跡では、貝や骨、植物などの貴重な有機質遺物が多量に出土しておりますが、これらは特殊な環境で保存されてきましたために、議員が言われるように、通常の環境では劣化が進んでしまいます。特に編みかごなどの植物性遺物は、中に含まれた水分によって形が保たれている状態にございます。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

それでは次に、平成29年度以降、東よか干潟への来訪者は減少していますけれども、その手だてを講じるべきだと思いますが、環境部としてのお考えをお示しいただきたいと思います。 ◎喜多浩人 環境部長   条約に登録されることによりまして、民間が主体となった大規模な清掃活動、それから、市内外の子どもたちの環境学習の場としての利用などイベントや観光目的だけでなく保全や学習の場としても利用が進んでおります。

佐賀市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-01号

              地方自治法第121条による出席者 佐賀市長        秀 島  敏 行    副市長         伊 東  博 己 副市長         白 井    誠    総務部長        池 田  一 善 企画調整部長      武 藤  英 海    経済部長        百 崎  哲 也 農林水産部長      川 副  浩 顯    建設部長        干 潟  隆 雄 環境部長

佐賀市議会 2019-09-02 令和 元年 9月定例会−09月02日-目次

……………………………………………………………… 27 一般質問 ……………………………………………………………………………………… 27 山田誠一郎議員 ……………………………………………………………………………… 27 川副浩顯農林水産部長 ……………………………………………………………………… 28 武藤英海企画調整部長 ……………………………………………………………………… 29 喜多浩人環境部長

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-付録

                │ │ (金) │   │       │2.エクストリームスポーツの振興について            │ │    │   │       │3.コンパクトシティについて                  │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │  2 │村 岡   卓│1.安心して子どもを産み育てることができる環境

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-10号

───┬───────────┬─────┐ │ 議案番号 │   件  名    │ 審査結果 │ ├─────┼───────────┼─────┤ │第38号議案│令和元年度佐賀市一般会│ 可 決 │ │     │計補正予算(第3号)中、 │     │ │     │第1条(第1表)歳出6款  │     │ ├─────┼───────────┼─────┤ │第39号議案│佐賀市森林環境譲与税基

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

◎眞崎武浩 市民生活部長   先ほど答弁いたしましたけれども、生活安全推進協議会を設置しておりまして、この協議会におきまして防犯を含め、市民の生活安全意識の高揚や自主的な生活安全活動の推進、それから生活安全のための環境整備等の協議や市民への啓発活動なども行っているところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

◎大城敬宏 保健福祉部長   北部山間地域につきましては、地理環境、生活環境、高齢化の状況など、特殊性のある地域だということは十分認識しております。  地域の特性に応じた取り組みについては、住民の方に対するより細かな支援、サポートにつながりますので、本市といたしましても、地域の実情に応じて取り組んでいただくことは望ましいことだと考えております。  以上です。

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

木のよさを感じさせ、環境的にもよいのではないかというふうに、学校に行くたびに思っているところでございます。  日本は四季があり、その中で風雪に耐え育つ木、それを利用して建てられた木造住宅、そして、それに住んでいる私たちにとっては、大変よい環境ではないかというふうに思いますし、今日までこの議場でそのことについて論じたところでございます。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

私たちの子どものころと比較して、子どもを取り巻く環境は大きくさま変わりしていることを痛切に感じております。もう五、六十年も前のことですから、社会環境が変化していく中ではいたし方ない部分もあり、その変化を受けとめざるを得ない状況であると思いますが、半世紀前の環境とは比較にならない状況であり、その中で子どもたちの指導をしておられる現場の先生方の御苦労は並大抵のものではないと拝察いたします。