968件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会−03月11日-03号

市町村合併は、行政コストの削減も目的の一つであったわけでございますが、ごみ焼却場が立地している高木瀬町の平尾地区皆様方には、大変御協力と御理解をいただき、ごみ処理施設統合を果たすことができ、年間、数億円という負担軽減につながっていると考えています。  また、下水処理施設統合も行い、行政コスト軽減が実現できております。  3つ目は、バイオマスでございます。  

みやき町議会 2020-12-16 2020-12-16 令和2年第4回定例会(第5日) 本文

そのときについては、建設廃材を持ってきて、そこで焼却処分等も行っていましたので、文書をもって再三注意して、勧告して是正してもらっています。  それともう一件、国道264号沿いについては、農業委員会のほうで転用の許可申請が出ましたけれども、廃棄物による埋立ての可能性が高いということで、それは農業委員会のほうで許可をしなかった事例等がございます。  

みやき町議会 2020-12-14 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第4日) 本文

ごみ焼却場も真木町にできます。  最後ですけれども、田上議員が2019年、去年の3月議会白石東交差点の渋滞の緩和策と今後の取組について質問をされております。これに対して執行部は、ごみ処理施設平成36年4月に鳥栖市へ移転する計画があり、町内を横断するごみ搬入車両、また、町道白石西大島線自体交通量増加が予想される。

佐賀市議会 2020-12-11 令和 2年11月定例会-12月11日-09号

まず1つが、市単独で対応すべきではないかということについてですが、今回のバイオプラスチック製ボランティア袋は原料の一部にサトウキビやトウモロコシ由来バイオマスを使用するもので、焼却時の二酸化炭素の排出が通常の袋と比べて軽減されます。今回、交付金を活用して本事業を行うことで、将来の有料ごみ袋などへの展開や市民の皆様バイオプラスチック製品に関心を持っていただくきっかけになると思っております。  

佐賀市議会 2020-12-08 令和 2年11月定例会−12月08日-06号

また、小水力発電は全国の中でも唯一、ごみ焼却時の冷却水を使用した発電事業でございます。  ごみ発電電力は、市の施設で使用し、地域再生可能エネルギー地域で使うという地産地消の取組をしております。  また、下水浄化センターでは、下水処理過程で生じる消化ガスから施設で使う電気の約4割を賄っております。  

鳥栖市議会 2020-12-04 03月24日-06号

手続を踏んで、これまでやってきているからというのが、主な答弁の趣旨だったと思いますが、手続について言うならば、今まさに、リサイクル施設建設予定地期限までに見つからない場合を想定しての手続を取ろうとされているわけで、同様に、焼却炉についても手続を見直せばいいのではないかということです。そういうことで、この後質問をしてまいります。 

唐津市議会 2020-10-05 10月05日-11号

被害木駆除措置といたしましては、被害木を伐倒し、焼却または薬剤による燻蒸処理を実施いたしました。それぞれの事業費につきましては、薬剤地上散布が172万8,000円、無人ヘリ散布が167万4,000円、樹幹注入が231万円、被害木の伐倒処理が253万800円、その他雑木等下刈りを含め、事業費合計が924万3,301円となっており、県から584万4,390円の補助を受けております。 

鳥栖市議会 2020-10-01 09月14日-06号

農業用水は約70ヘクタールに利用されており、焼却施設からのダイオキシンを含む有害物質の汚染が心配されています。 さらに、焼却施設から放流され、下流の筑後大堰から取水され、佐賀市、神埼市、みやき町、吉野ヶ里町、上峰町の飲料として利用されています。 安心、安全を考慮すると、河川から離れた場所を要望されています。 

佐賀市議会 2020-09-23 令和 2年 9月定例会−09月23日-06号

現在の焼却場は平成14年度に稼働しています。当時、私もこの焼却場建設時の特別委員会に在籍しておりましたのでよく分かりますが、当時の木下市長焼却場の建設のために大変な苦労をされて地元同意を取り付けて建設に着手されました。どういう苦労だったかというと、地元にもともとあった焼却場建設のときに地元との約束を守っていなかったため、地元の反対が強く、地元同意を取るために大変な苦労をされました。

佐賀市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会−09月18日-05号

ごみ焼却熱の利用がございます。  清掃工場では平成15年度の施設稼働時からごみ焼却熱を利用して蒸気を作り、蒸気タービン発電機で発電した電気施設内で利用しております。また、余剰電力につきましては、現在、電気事業者を介して佐賀市立の小・中学校をはじめとして、図書館、公民館など約110か所の本市関連施設へ供給を行っているところでございます。  

唐津市議会 2020-09-16 09月16日-08号

本市におきますごみ処理につきましては、当時唐津市と東松浦郡の広域的なごみ処理問題を解決するため、市町村で構成されました唐津東松浦広域市町村圏組合において、昭和54年4月より旧焼却施設での業務が開始されました。その焼却施設から出る焼却灰等を安定的に処理するため、隣接地最終処分場建設し、昭和55年4月から埋立てを開始しました。

鳥栖市議会 2020-09-16 09月18日-07号

審査の過程において各委員から、住民基本台帳及び戸籍附票システム改修委託料に関し、当初予算計上戸籍システム改修との整合及び国の考え方について、委託先業者と経費について、予防接種委託料に関し、委託先について、予防接種の時期について、副作用について、接種方法について、周知方法について、交付税措置について、他予防接種接種率について、資源物回収指導等業務に関し、小動物死骸受付から焼却までの業務の流れと委託期間

みやき町議会 2020-09-10 2020-09-10 令和2年第3回定例会(第2日) 本文

それから、焼却施設ではありませんから、環境影響評価というのは、そんな時間はかからないとは思いますけれども、私は、神埼市、吉野ヶ里町が入ってきた今の時点では、みやき町の施設がベストだと、一番真ん中なんですね。鳥栖市が一番向こうの筑紫野市境あたりに造ってみらんですか。神埼市の、一番佐賀市寄りから持ってくると一日仕事ですよ。