60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-03-24 03月24日-10号

文化財種類といたしましては、建造物、絵画、彫刻、工芸品、古文書や考古資料などの有形文化財、演劇、音楽、工芸技術などの無形文化財、衣食住、信仰や祭り及びこれらに用いられる道具などの民俗文化財、古墳や城跡などの遺跡や庭園、海浜、その他の名勝地並びに動植物などの記念物、地域における人々の生活と結びついた景勝地である文化的景観、周囲の環境といったような歴史的風致を形成している伝統的な建造物群である伝統的建造物群

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

綾部八幡宮において、9月にとり行われる行列浮立及び旗下ろし神事の際には、議員おっしゃったとおり、佐賀県重要無形文化財指定されて以降、特に綾部東交差点より北側の県道沿いには、路上駐車が数百メートルにわたって連なっているという状況であることも把握しているところでございます。  

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 名簿

━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┓ ┃順位│ 議 員 名 │       質  問  要  旨       │ 答 弁 者 ┃ ┣━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━┫ ┃  │       │1.綾部神社周辺整備について          │町     長┃ ┃  │       │ 佐賀県重要無形文化財

唐津市議会 2018-12-14 12月14日-06号

なお、今後の対応でございますが、曳山14台が佐賀県の重要無形文化財であること、さらに唐津くんちの曳山行事が国の重要無形文化財であり、ユネスコ無形文化財登録されていることを今後もしっかりとPRしていくとともに、来年は現在の曳山行事が200年を迎えることから、これについてもしっかりとPRをしていきたいと考えているところでございます。 以上でございます。

みやき町議会 2017-09-08 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4日) 本文

現在、この県重要無形文化財指定を受けまして、一つ契機として私たちが望みますのは、世界に誇れる佐賀として、そしてまた、訪れるべき観光資源の一翼を担おうというようなことで、保存会の皆さんは日々努力を現在されているところであります。  そういう中におきまして、9月23日と24日、浮立行列と旗おろし神事がございます。

唐津市議会 2016-12-13 12月13日-05号

それに祭りの映像も、今、テレビの画面でこうしてありますけれども、もっと大きな大型ビジョン観光客に見せ、祭り臨場感を味わってもらえるような整備が必要じゃないかというふうに考えておりますけれども、ユネスコ無形文化財遺産登録に対応して、どういった観光客等を考えているのか、所管のお考えを伺いたいと思います。 ○議長(田中秀和君) 佐々木交流文化スポーツ部長。          

唐津市議会 2016-12-12 12月12日-04号

観光戦略につきまして、今回のユネスコ無形文化財登録契機としまして、唐津くんちの曳山行事をこれまで以上に広く周知を図る必要があると考えております。 このため、今回、ユネスコ無形文化遺産登録されました本市以外の32のお祭りとも連携を図りながら、唐津くんちの曳山行事の魅力を世界へ発信してまいりたいと考えております。 

佐賀市議会 2016-12-09 平成28年11月定例会−12月09日-06号

まず、文化財とは、文化財保護法において歴史上、芸術上、学術上、鑑賞上等観点から価値の高いものとして有形文化財無形文化財、民俗文化財記念物文化的景観伝統的建造物群の6分類で定義されております。これに対し、歴史遺産とは、法律などによる明確な定義はございませんが、佐賀市では人類文化的活動によって生み出された歴史的に価値の高い有形無形の所産とし、文化財を含む広い意味で使っております。  

佐賀市議会 2016-06-16 平成28年 6月定例会−06月16日-03号

まず、佐賀市に所在する国、県、市指定の主な文化財を種別に申し上げますと、下合瀬の大カツラやエヒメアヤメなどの天然記念物が17件、三重津海軍所跡帯隈山神籠石などの史跡が28件、佐賀城鯱の門及び続櫓1棟や与賀神社楼門などの有形文化財が145件、肥前びーどろのガラス工芸技術などの無形文化財が2件、白髭神社の田楽や市川の天衝舞浮立などの無形民俗文化財が12件、石造恵比須像木造河童像などの有形民俗文化財

唐津市議会 2016-06-13 06月13日-04号

唐津くんちのひき山行事ユネスコ無形文化財遺産登録に向けての提案ではございますが、状況としては、先ほど議員さんが言われましたように、提案平成28年11月ということですが、ご説明いたしますと、平成26年、日本政府より「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産登録に向けて提案されましたが、ユネスコにおける審査が1年先送りとなり、平成27年3月に、ユネスコ提案されてはおるということでございます。 

唐津市議会 2016-03-08 03月08日-02号

次に、ご当地ナンバープレート作成経費でございますが、平成28年度に予定されております唐津曳山行事ユネスコ無形文化財遺産登録を見据えまして、登録に向けた応援企画というものを考えているところでございます。 曳山行事をテーマにしたご当地ナンバープレートを作成するというものでございまして、今回、原付バイク用ナンバープレートを200枚製作をしたいというふうに考えているところでございます。 

鳥栖市議会 2015-09-01 12月10日-05号

2013年12月、「和食日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化財登録されました。これは、和食が料理それだけではなく、自然を尊ぶという日本人の精神に基づいた文化として、世界に広く認められたということと同時に、日本にとっては、人類共通の財産となった和食を、その母国として長く将来にわたり保護、継承していくことが求められています。 

唐津市議会 2015-03-17 03月17日-08号

講演の中で日本祭りユネスコ無形文化財遺産登録するという話でありました。それも日本祭り一括登録を考えているということであり、日本祭りはイベントを含めると60万件を超えると言われております。 現在、日本ユネスコ文化遺産登録されているのは22件で、直近では和食登録となっております。 日本祭り和食と同じで、日本人世界に誇れる日本文化の双璧であると。

佐賀市議会 2014-12-05 平成26年11月定例会−12月05日-04号

さらに、特別企画といたしまして、重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝になられました第14代今泉今右衛門さんに作品の展示をお願いいたしているところでございます。これは旧古賀銀行展示する予定でございます。  この2つが今回のひなまつりの特徴と言えるのではないかというふうに思っております。

佐賀市議会 2014-06-13 平成26年 6月定例会−06月13日-04号

文化財保護法第2条第1項では、文化財とは、歴史上、芸術上、学術上、観賞上等観点から価値の高い有形文化財無形文化財、民俗文化財記念物文化的景観伝統的建造物群の6種類が、指定等の有無にかかわらず該当するとあります。  平成23年4月1日現在、佐賀市には、県下唯一国宝である催馬楽譜を初めとして、国や県、市の指定文化財213件、登録有形文化財2件があります。