169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2019-03-20 平成31年 3月 定例会-03月20日−04号

◎企画政策部長(石丸健一)  ごみ処理施設建設に当たりましては、建築基準法第51条の規定により、「都市計画区域内においては、卸売市場火葬場又はと屠畜場、汚物処理場、ごみ焼却場その他政令で定める処理施設の用途に供する建築物は、都市計画においてその敷地の位置が決定しているものでなければ、新築し、又は増築してはならない。」

みやき町議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

次に、動物の斎場利用の助成とのことにつきまして、県内で動物斎場について調査をいたしました結果、近隣では基山町にあるお寺にて動物火葬等を実施されております。そのほかにも、佐賀市の三瀬村、大和町、小城市など幾つかの宗教法人や民間による動物斎場が存在するようでございます。  

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

火葬しているわけですから多少の煙は出るものと思いますが、遺族の方がひつぎの中に副葬品として燃えにくいものを入れたりすると黒煙が出るとも聞いております。指導も行っておられるようですが、どのような状態なのか、お尋ねをしたいと思います。  2回目、2項目については自席のほうで行います。

唐津市議会 2018-12-03 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月03日−01号

衛生費の火葬場維持管理費、唐津衛生処理センター運営費、清掃センター維持管理業務費、以上の3件は、平成29年度受託事業の精算に伴う玄海町への返還金でございます。  20ページをお願いいたします。  農林水産業費でございますが、被災農業者向け経営体育成支援事業費補助金は、7月豪雨等で被害を受けたビニールハウス等、農産物の生産・加工に必要な施設・機械の再建及び修繕等に対し、補助するものでございます。  

鳥栖市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−05号

それは、何かっちゅうたら、死者が出たときに、御遺体があったときに、手分けしていろんなところに、火葬場に持っていくとか、そういう、そこまでもう協定を結んでいるんですよ。  ところが、鳥栖市は防災協定さえ結んでいないと。おかしいやないですか。おかしい。  こういうとき、これから先、早く建設業界にお願いして、防災協定を結びましょうと、お願いしますというお願いをする必要があるかと思いました。  

唐津市議会 2018-06-14 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月14日−06号

また、災害が発生した場合、家庭等から排出されます一般廃棄物の収集運搬支援のために唐松地区環境整備協同組合と、また、災害廃棄物の処理の円滑化を図るために、一般財団法人佐賀県産業資源循環協会と、さらには一般廃棄物の処理及び火葬の広域的な総合応援協力及び公衆衛生の確保をするために、福岡県糸島市と協定締結いたしております。  

鳥栖市議会 2018-03-12 平成30年 3月 定例会-03月12日−04号

主な変更内容といたしましては、小売年間販売額及びサービス業対個人事収入額の算定に用いる統計データのうち、商業統計百貨店、家電大型専門店、衣料品専門店、衣料品中心店、自動販売機による販売及び医療医療医薬品小売、また、経済センサス活動調査の建物売買業、娯楽に附帯するサービス業、社会通信教育不動産賃貸業、不動産管理業、医療福祉及び火葬・墓地管理業などの統計の計上地と最終消費地が乖離しているものや

唐津市議会 2017-12-01 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月01日−01号

火葬場維持管理費、唐津衛生処理センター運営費、22ページをお願いいたします、清掃センター維持管理業務費、以上の3件は平成28年度受託事業の精査に伴う玄海町への返還金でございます。  次に、農林水産業費でございます。委員報酬は、農業委員会法の一部改正により、農業委員及び農地利用最適化推進委員に対し、新たに活動及び成果に応じた報酬を支給するものでございます。  

みやき町議会 2017-06-07 2017-06-07 平成29年第2回定例会(第2日) 本文

12番の佐賀県・市町災害時相互応援協定は、佐賀県と県内20市町の間で相互に協定締結したもので、災害対策に必要な職員の派遣、飲料物等、生活必需品の提供、避難施設の提供、救護や医療、救援活動に必要な資材及び車両等の提供、廃棄物の処理、火葬場の提供など、佐賀県独自、市町単独では対応できない場合に、県内市町が相互に協力し、佐賀県がそれを支援する内容となっています。  

佐賀市議会 2016-03-10 平成28年 2月定例会−03月10日-07号

◎畑瀬信芳 総務部長   先ほど石巻市におきましては、斎場につきましては、斎場が間に合わなかったので、大体2,100体ぐらいを一回土に埋めて、またそれを再度掘り起こして火葬したということで、斎場については大変難しい問題があると思っています。  ですから、ごみや斎場を含め、災害時に本市単独での対応が難しい問題への応援を受けるため、自治体間や国との災害時応援協定締結しております。

唐津市議会 2015-12-15 平成 27年12月 定例会(第7回)-12月15日−07号

また、今、問題になっていますのが火葬場の問題がございます。  それから、大手口センタービル、新しくなって、非常にそれはよかったことですけれども、本来は民間の建物であったわけです。それをどうしていいかということで、市役所としても事務所として使うというようなことになりました。市役所が、ある面では分断されたような形になって行き来をしているわけです。

唐津市議会 2015-12-10 平成 27年12月 定例会(第7回)-12月10日−04号

私が心配するのは、9月議会から12月の議会の間に一つ大きな問題があって、事例があって、火葬場の統合の話があって、それが住民の方たちの要望そういったものが出てきて、今までどおり当分やっていこうというようなお話がありました。  そこで、やはり唐津市だけの、自分たちだけで計画を立てても住民の人の理解はなかなか得られないんじゃないかなと思うんです。

唐津市議会 2015-12-01 平成 27年12月 定例会(第7回)-12月01日−01号

次の火葬場維持管理費及び18ページの唐津衛生処理センター運営費は、玄海町からの受託事業に係る精算金でございます。  農林水産業費の県営土地改良事業負担金は、ため池等整備事業等に対する負担金でございます。  20ページをお願いいたします。水産業費の唐津水産業活性化支援事業費は、給与費の補正、唐津湾海岸侵食対策調査事業負担金は、県が実施する調査事業に対する負担金でございます。  

唐津市議会 2015-10-05 平成 27年 9月 定例会(第6回)-10月05日−10号

進捗状況がどうだったのか、火葬場とか、公民館とか、支所とか、もう既に取りかかっている分もあるでしょうし、これから取りかかる分もあると思いますので、説明をお願いします。 ○議長(田中秀和君) 寺田企画部長。           (企画部長 寺田長生君登壇) ◎企画部長(寺田長生君) 再質疑にお答えいたします。  

佐賀市議会 2015-09-14 平成27年 8月定例会-09月14日-04号

これ自体は、終戦後、しばらく使われていた古い火葬場です。これが河川敷のところに原形をとどめたまま残っているんですね。いつごろつくられたかというのは実は余り定かではないんですが、明治初期であろうというふうなことが文献に書いてありました。  それをもとに、佐賀市が今まで持っていた旧火葬場はどうなっているかなというので、調べられる限り、文献をもとに調べてみました。

唐津市議会 2014-09-16 平成26年  9月 定例会(第4回)-09月16日−07号

火葬場の今後のあり方についてであります。  このことについては、先日、山中議員質問によりあらましのことはわかったわけですが、火葬場においては離島火葬場を除いても5カ所存在することで、合併協定項目の中では合併後に随時調整するとなっており、合併して10年、市としても行財政改革を進める中、何らかの方針を出さなければということで基本方針検討会の中で議論され、方針が示されたわけであります。  

唐津市議会 2014-09-12 平成26年  9月 定例会(第4回)-09月12日−06号

次に、2点目ですが、火葬場・斎場の今後のあり方についてですが、同じく公共施設再編を検討される施設として、住民に直結する火葬場・斎場でございます。  市は、老朽化した火葬場や斎場の施設については、今後は大規模な改修等は行わず、順次、廃止していくことを方針として打ち出されております。