91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

これらの市施設における委託業務の中には、例えば、水道法建築物における衛生的環境の確保に関する法律に基づく貯水槽清掃や、建築基準法消防電気事業法などの各種法令に基づく定期点検などの業務遂行に当たって資格などが必要なものもございます。そのため、委託に際しては、個々の委託業務ごとに市の競争入札参加資格者の中から適切な業者を選定し、指名競争入札を実施することを基本としております。

佐賀市議会 2018-06-19 平成30年 6月定例会−06月19日-06号

消防では、屋内消火栓やスプリンクラーといった消防用設備等には非常電源を設置することが求められております。特にその中でも、百貨店、飲食店、病院などといった特定防火対象物のうち、1,000平方メートル以上の施設については、非常電源として非常用発電機といった自家発電設備などの設置が義務づけられております。一例を挙げますと、佐賀市文化会館や佐賀市立富士大和温泉病院などの施設がこちらに該当いたします。  

佐賀市議会 2018-03-06 平成30年 2月定例会−03月06日-04号

内容としましては、耐震補強工事、長期間使用による建物内部の経年劣化を解消する工事、外壁タイルの落下防止や屋上防水等の建物外部の経年劣化を解消する工事建築基準法消防の改正によって改善が必要となった部分を改修する工事でございます。その後、北棟増築及び本庁舎1、2階改修工事平成25年9月から平成26年6月の期間設計を行い、平成26年12月から平成30年1月で工事を完了いたしております。  

多久市議会 2017-03-21 平成29年 3月 定例会-03月21日−05号

また、消防の改正によりまして、平成37年6月までにスプリンクラーを設置しなければならないという定めがあることから、市立病院につきましては建てかえの時期を迎えていると感じているところでございます。  次に2点目、そして3点目につきましては、さきの議員質問に回答したとおりでございます。  以上でございます。 ○議長(山本茂雄君)  古賀公彦君。

みやき町議会 2016-06-17 2016-06-17 平成28年第2回定例会(第5日) 本文

民泊は、ホームステイを含めて民泊ということであれば、別に法的なものはクリアしなくてもできますが、そこを不特定多数の方の宿泊施設とすれば、消防とかいろいろありますので、その施設をまず整備しなきゃならないですね。特に消防です。消火器とかスプリンクラーとかいろいろあるんですけど、そういうものをクリアすることが前提です。  

多久市議会 2015-12-17 平成27年12月 定例会-12月17日−03号

まず設置状況ですが、住宅火災における死者の数が全国で年々増加していることや、今後進展する高齢化社会とともに火災による死亡者がさらに増加することも懸念されるということから、平成16年に消防が改正され、新築などにおきましては、平成18年6月建築以降、また、既存建物におきましては、平成23年5月までの間に、全ての住宅住宅用火災警報器の設置が義務づけをされました。

佐賀市議会 2015-03-06 平成27年 3月定例会−03月06日-02号

今後もこのような施設を推奨するのであれば、建築基準法消防の適用を見ながら補助基準の緩和や補助率の見直しについて検討するよう引き続き県に対して要望していきたいと考えるとの答弁がありました。  これに対し、委員より、利用者の命を大事にしながら施設が運営されていくことが重要であることから、県と連携しながら首尾一貫した取り組みを行ってもらいたいとの意見がありました。  

多久市議会 2014-12-04 平成26年12月 定例会-12月04日−02号

これを受けまして、生涯学習センターとしての利活用について、これまで改修に必要な建築基準法への対応、消防などの法的要件のクリアなどの対応に加え、さらに改修計画について設計業者の専門的な意見も聞き、現在まで改修に係る費用の試算、またその財源の確保、そして整備方針等の検討を行ってきたところであります。  

多久市議会 2014-06-13 平成26年 6月 定例会-06月13日−04号

それから、今回、学校という用途から一般の人々が利用する施設というふうに変わりますので、建築基準法消防などに適合するための改修工事、内装工事等々が必要でありますので、その費用として3,176千円を計上しております。これらの直接工事費に、あと共通経費、諸経費、あるいは消費税等が11,565千円となっておりますので、工事請負費の全体が41,860千円となります。  

多久市議会 2014-03-10 平成26年 3月 定例会-03月10日−04号

それから、北部小学校につきましては、地元検討委員会のほうから、図書館機能、それから児童館機能を持つ生涯学習センターとしての利用というところで提案をいただいたところでありますので、これまでは建築基準法消防などの対応の、どういったところで対応することが必要なのか、あるいは改修計画の案を数案検討しながら協議を進めてきているところであります。  

多久市議会 2013-12-09 平成25年12月 定例会-12月09日−02号

まず、それらの進捗状況と検討委員会で出された意見はとのお尋ねでございますが、各地域の地元委員会の検討状況といたしましては、まず北部小学校は、地元委員会から提言を受けた生涯学習センターとしての利活用について、これまで改修に必要な建築基準法消防などの法的要件のクリア、また改修計画について、設計業者の専門的な意見を聞き、現在、改修に係る経費の試算、また、その財源の確保、さらには整備方針等の検討などを行

多久市議会 2013-10-04 平成25年 9月 定例会-10月04日−03号

地域の地元委員会の検討状況としましては、まず、北部小学校につきましては、地元委員会から提言を受けております生涯学習センター、これは仮称ですけれども、この活用としての利活用について、これまで改修に必要な建築基準法の課題、消防などの法的要件のクリア、また、改修計画について設計業者の専門的な意見などを聞きながら、現在、改修に係る財源の確保も含めまして、整備方針案の検討を行っているところでございます。

多久市議会 2013-06-12 平成25年 6月 定例会-06月12日−02号

現在の跡地の状況ですけれども、地元委員会からも北部小学校跡地を生涯学習センターとして、その中に図書館だとか児童館機能を持って利用ができないかということでいただいておりますので、現在のところは、学校施設からそういった多くの人が活用する施設に対してどういった状況があるかという法的なところ、建築基準法だとか消防関係の要件等の確認等をしているところでありますし、改修に必要な事項等の確認等を行って、そういうところを