15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2018-06-18 平成30年 6月定例会−06月18日-05号

私も消防団の一員ですので、やはり非常に危険な場所でこういう情報提供するには、普通の市民の方は難しいんじゃないかなと思いますし、専門の例えば消防のほうも警察官のほうも、専門的に災害等の活動に行く方でも、やはり非常に危険災害等であれば難しいのではないかなということを感じております。

佐賀市議会 2018-03-06 平成30年 2月定例会−03月06日-04号

たらないようにするということができなかったとか、かっぱやマスク、ゴーグルなどを着用し、うがいや手洗いを徹底し、家の中に汚染した衣服を持ち込まないといった知識がきちんとあれば、また対応も違っていたはずだということが言われているんですが、国や県の手引では、そういうところまで具体的には言及されていないということを考えますと、例えばこういった自治体原子力災害対策に実際にかかわっているような方を講師にして、市の職員消防

佐賀市議会 2016-03-08 平成28年 2月定例会−03月08日-05号

次に、2点目として、公務員の副業、兼業の問題についてですが、このごろの新聞によると、佐賀広域消防局の消防マンションの賃貸収入などで年間約7,000万円の収入を得ていた問題で、本人は懲戒処分になっておりますが、この問題が発覚して、佐賀広域消防局は1月に全職員442人に対し、違反するような賃貸収入等があれば届け出るように求めたところ、管理職ではない6人の消防がアパートなどの賃貸収入として、1人目が

みやき町議会 2014-12-17 2014-12-17 平成26年第4回定例会(第5日) 本文

そのほかに、先ほど申し上げたように、指定管理者のプレゼンテーションとヒアリングの中で、利用者の法律相談もですが、広報活動、施設の案内とか水泳教室、どうせここでホームページを作成するなら、本町が行っていますふるさと寄附金制度もここで広く広報のお手伝いもしたいということもプレゼンの中で申し上げておられますし、鳥栖・三養基地区の消防事務組合より救急救命士とか消防を派遣していただいた救助訓練とかAEDの使

みやき町議会 2010-12-10 2010-12-10 平成22年第4回定例会(第3日) 本文

6番目にみやき町基幹産業農業対策とTPP対応、7番目に鳥栖・三養基消防組合消防飲酒事故の処分についてと、7項目について質問をいたします。  まず、1番目のみやき町の将来の財政計画でございます。  私は、基本的に財政というものは、やはり人口に正比例しながら大きくもなるし、小さくもなっていくということを常に考えておるところでございます。

佐賀市議会 2006-09-21 平成18年 9月定例会-09月21日-07号

宮城県では、住民を守るべき消防が酒気帯び運転で、青森県でも消防署の司令補が酒酔い運転で逮捕されています。9月9日には姫路市職員が酒気帯びの上、人身事故を起こし、9月18日には山梨県身延町の教育長が酒気帯び運転で検挙されています。相次ぐ公務員の飲酒運転に対し、多くの住民が厳しい視線を向けており、それにこたえるかのように、各自治体でも、職員の飲酒運転に対する厳罰化の動きがあります。  

佐賀市議会 2000-03-13 平成12年 3月定例会−03月13日-06号

戦う消防」というタイトルであったそうでございます。そこで、レポーターといいますか、リポーターといいますか、その方が「消防署の職員は火事のないときは暇ですね」と、こういったことで最初にスタートをしたそうでございます。そういう中で、消防が24時間どんなことをやっているのかということで放送されて、当然、火事の現場とかにも出動されて、いわゆる45分間のドキュメントが構成をされていたわけです。

佐賀市議会 1998-12-11 平成10年12月定例会−12月11日-05号

私も住民の一人として、また、消防団の一員として息子とともに参加をし、はしご車に試乗させていただいたり、ちびっこ消防の撮影コーナーで写真を撮ってもらい、また、金魚すくいなどして楽しんでまいったところでございます。  プログラムでは、昼の2時からは幼年消防クラブ員の演技として城北保育園、そして、新栄幼稚園の園児たちのかわいい演技を見させていただきました。

佐賀市議会 1998-06-12 平成10年 6月定例会−06月12日-04号

現にこれはフィクションかもしれませんが、アメリカテレビ映画を見ていると、女性消防が果敢にも炎の中に飛び込んでいくという場面さえもあります。あれが実際にあるかどうかわかりませんが、けど見てても「ほう」と思うぐらいで、別に「あ、やばい」というふうには思えません。要するに何らかの形で女性も入っている方が日常生活の形に近くて、効果を上げることができるのではないかというふうに思います。

佐賀市議会 1995-06-19 平成 7年 6月定例会−06月19日-04号

例えば、消防署に女性消防を採用し、門戸を広げたらどうかというふうにも思いますけれども、この点いかがお考えになるでしょうか、お伺いをいたしたいと思います。  二つ目に、庁内の女性職員の管理職への登用でございます。4月現在で、女子職員が 384名ほどいると聞いておりますけれども、管理職としては課長1人以下を中心に数人という状況のようでございます。

佐賀市議会 1992-12-09 平成 4年12月定例会−12月09日-03号

私はかつて消防にも女性をと問題提起をいたしましたが、当局の頭が大変かたく、よって答弁もかたいものでございました。今回は大いに期待をして、女性の救急救命士採用について御見解をお尋ねいたします。  なお、あわせまして、県内には第1次だけで38人の看護婦の方が資格を取っておられます。第2次を入れますと、40人は突破をしているものと思います。

佐賀市議会 1990-06-12 平成 2年 6月定例会−06月12日-02号

私は63年12月議会において、女性消防の採用を訴えましたが、今のところ採用の計画はないとのごちごち頭の答弁が返ってまいりました。世の中の変貌を少しも配慮できない当局の認識不足に驚いたものです。それどころか、職員数も基準より60人も不足している現状で、都市化の様相は消防自体の対応が複雑化している、男子隊員の増加をとおっしゃるかもしれませんが、よくよく考えていただきたい。

佐賀市議会 1988-12-01 昭和63年12月定例会-12月01日-付録

具体策  (2)交通安全施設の敏速な対応 4 姉妹都市締結と今後の対応について 2 ▲江口和大 1 バルーン大会について  (1)競技時間外の観客対策  (2)道路整備  (3)駐車場,その他 2 登校拒否児童について  (1)市内小・中での傾向  (2)学校内・外の対策 ③ 婦人の向上のための係の充実について 3 ▲中村薫 ① 役所言葉の見直しについて 2 女性の市政参加について  (1)女性消防

  • 1