335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会−03月11日-03号

千年に一度と言われたあの巨大津波は、関連死を含めると、全国で約1万9,600人の命を奪い、2,500人余りの行方が分かっておりません。  犠牲となられました方々に対し、改めて哀悼の誠をささげますとともに、一通りの復旧は終わったものの、復興という観点ではまだまだ道半ばであり、いまだに課題や問題を抱えながらも、懸命に頑張っておられる方々へエールを送り、さらなる復興を心よりお祈り申し上げます。  

伊万里市議会 2021-03-11 03月11日-06号

平成27年10月に当時の総務委員会松尾雅宏委員長ほか、私たち委員は、津波で壊滅的な被害が出た女川町に視察に行きました。そのときに担当された役場の職員さんが津波を経験され、生徒高台に避難させた模様を生々しく語られました。そのときに、松尾委員長はじめ、私たちは涙をして、その後の質疑ができなかったことを今でも鮮明に覚えています。

伊万里市議会 2021-03-09 03月09日-04号

私はたまたま議会におりましたので、議員控室のテレビで津波が町をさらっていく様子を見て言葉を失い、そして、やはり原発状況を心配していたことをまざまざと今思い出すところでございます。 去る12月議会で、11月7日に行われた避難訓練課題について問題提起をしてまいりました。年明けに県での総括が行われるというふうに聞いておりましたので、まずはその状況について御答弁をいただきたいと思います。 

佐賀市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会−03月01日-01号

また、市ホームページでも避難所防災メールハザードマップなどの防災情報や、風水害、地震津波、火災に分類した関連情報を掲載している。  市民に取り組んでもらう平時の備えについては、継続的な周知が必要であることから、今後も市報出前講座などを通じて、積極的に広報活動を行っていくとの説明がありました。  

佐賀市議会 2020-09-24 令和 2年 9月定例会−09月24日-07号

平成23年3月11日の東日本を襲った大地震津波、原発事故からはもう9年半になります。多くの被災者を出し、貴い命が奪われました。  私は災害教訓として、全校生徒108名のうち74名の児童、10名の先生の貴い命が失われた、あの石巻市立大川小学校教訓。それと、釜石市立釜石東中学校学校近くの高台に避難することを日頃から訓練を行い、気をつけていた。

鳥栖市議会 2020-06-16 06月18日-07号

今言ったことを、マクロ的に申せば、あの東日本大震災のときの大津波が川を遡上していくときに、堤防からあふれた水は、付近の田や畑、そして、その川そのものも飲み込んでいくイメージであります。 ところで、そもそもそんなことがあるのか。建設予定地一面に3から5メートル浸水している。あるいは、そんな高潮が来る、そんなことがあるのか。ほとんどあり得ないという人もいらっしゃいます。 

唐津市議会 2020-03-13 03月13日-06号

次に、浸水対策でございますが、本敷地津波浸水想定区域には入っておりません。また、敷地南側の県道から1.5メートルほど高いところにございますので、浸水可能性は低いものと考えております。 そのほか、集中的な豪雨に対しましても、排水がスムーズに行われる機能を設けることにいたしているところでございます。 以上でございます。 ○議長田中秀和君) 緒方市民部長。          

鳥栖市議会 2020-03-09 03月11日-03号

ですが、2011年3月11日、9年前のこの日、東京電力福島第2原子力発電所、当時の増田所長は、津波に襲われても浸水しないという想定だったと。 ですが、実際には津波というのは瓦礫を運んでくるんですよね。その瓦礫が扉に当たって変形すると、それによって中に水が入ってきた。そんなことは考えていなかったとおっしゃられています。 

唐津市議会 2019-12-16 12月16日-07号

◆12番(青木茂君) 当時を振り返ってみますと、ちょうど議論をやっているときに、議場でやっているときに東日本大震災が不幸にも発生したということで、当時、やはり津波の映像というのが非常に我々もびっくりして、この地域も津波が来るんではないのかというような印象を強く持ったわけであります。 

唐津市議会 2019-12-12 12月12日-05号

今回も馬渡島の島民の方々大変お世話になり、離島避難訓練に関しましては、万が一、災害が起きた場合に、地震津波状況によりましては、港湾や旅客船等使用できなくなることが想定をされ、海路避難そのものに支障を来すことが考えられております。 また、離島海路避難につきましては、天候に大きく左右をされるものでもございます。

鳥栖市議会 2019-09-20 12月16日-06号

しかし、あの東日本大震災の際、RC構造ビルでも、地盤が弱いところに建設されたビルは、津波に耐えられなかったとも聞いております。 同じ安良川近辺にある給食センターは、熊本地震の際、公共施設唯一被害を受けたことを、まさかお忘れではないと思いますが、地盤は問題ないのでしょうか。 浸水3から5メートル、これは堤防の決壊で生じるとも言われました。 

伊万里市議会 2019-09-12 09月12日-06号

伊万里市で作成しておりますハザードマップにつきましては、予測される災害種類ごと洪水土砂災害津波、ため池などがありまして、市民周知を行っているところです。 それぞれのハザードマップ作成に当たっては、国や県により指定された各災害想定される区域を地図上に表示し、避難所などの情報を掲載しております。 

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

暴風、豪雨、豪雪、洪水高潮地震津波、噴火干ばつ等自然現象に起因するものや大規模な火災事故伝染病等、人為的なものがあるとされています。  自然現象による災害については、全て起こり得る可能性は否定できません。その対応について想定し、実施していくことが急務とは認識をしているところでございますが、それには限界があることは否めません。  

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

村上校長先生によりますと、祖父母が昭和8年ごろに地震があって、そのときに津波があったということが語り継がれていたと。そのことを思い出して、行動をとられたことで小・中学生約600名の命が救われたというふうに報道されておりました。釜石東中学校では、日ごろの訓練と、それから、教訓を得た村上校長の的確な判断で多くの命を守ることができたということではないかというふうに思うのであります。

鳥栖市議会 2019-05-01 12月10日-02号

議員尼寺省悟)  あのですね、実はね、東日本、例の大震災のときに大変な津波が来たと。 その押し寄せる津波にね、大半のRC構造、鉄筋コンクリートですか――のビルは押し流されなかったと。 ただね、その中でも押し流されたビルがあるっちゅうんですよ。 何でかっちゅうと、地盤が悪いところ、そういったところは押し流されたっちゅうんですね。調べたらわかると思うんですよね。 この地ですよ、安良川のすぐそば。 

唐津市議会 2019-03-14 03月14日-06号

確かに全てのところでは確保できないということではありますけれども、最低でもこの事実を市民に例えば洪水危険箇所、予想されますよ、津波が予想されますよ、土砂災害が予想されるところですよ、というようなところまでは知らせる必要があるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。 ○議長田中秀和君) 櫻庭総務部長。