15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2017-12-01 平成29年11月定例会−12月01日-02号

平成15年の市議会議員選挙における氏名掲示紙の党派誤記による選挙無効とされた問題、それから、平成16年の参議院議員選挙における郵便投票の説明で比例代表の記載方法の誤記、それから、平成17年の市議会議員選挙における68票の束を100票と集計した開票事務のミスと県選管の疑問票再審査により裁判において最下位当選者と次点の候補者の入れかわり、それから、平成19年の参議院議員選挙においてポスター掲示場の設置漏

伊万里市議会 2016-09-23 平成28年 9月 定例会(第3回)-09月23日−07号

ですから、その合区の解消だけでは私は──私たちはやっぱりこの1票の格差の抜本的解決のためには、比例代表制にすべきだというふうに考えておりますので、この議案にはちょっと賛成できないということで反対の表明をしたいと思います。  終わります。 ○議長(盛泰子)  ほかに。2番多久島議員。 ◆2番(多久島繁) (登壇)  賛成の立場から言います。  

佐賀市議会 2016-09-15 平成28年 8月定例会−09月15日-06号

比例代表選出議員選挙におきましては、今回が3,925票、率で3.64%、前回が2,666票、率は2.76%となっております。  前回と比較いたしますと、佐賀県選出議員選挙では無効票の割合は減少しておりますが、比例代表選出議員選挙では逆に増加しているというふうな傾向が出ております。  以上でございます。 ◆山田誠一郎 議員   わかりました。  

佐賀市議会 2016-09-12 平成28年 8月定例会−09月12日-03号

最後に、全国の平均投票率でございますが、選挙区選挙で54.70%、比例代表選挙が54.69%となっております。ちなみに、佐賀市投票率は、選挙区選挙比例代表選挙ともに55.62%で全国平均を少し上回っているという状況でございます。  以上でございます。 ◆重松徹 議員   それぞれに答弁いただき、ありがとうございました。  それでは、一問一答で質問していきたいと思います。  

佐賀市議会 2015-12-17 平成27年11月定例会−12月17日-08号

これまでも比例代表制を導入するとか、あるいは小選挙区制を導入するとか、ブロック別にするとか、全国区だったのを変えるとかということを憲法をさわらずにこれまでもなされてきたと思いますが、今の平原議員の御説明の中では全部憲法の中でできる、法律でできることであって、憲法を変える必要はないというふうに思うのですけれども、そのあたりは検討なされたのかどうか、ちょっとお伺いしたいと思います。  

佐賀市議会 2015-03-25 平成27年 3月定例会−03月25日-09号

ところが、昨年の総選挙で自民党に投票した人は比例代表で1,776万人、小選挙区で2,546万人です。約4,000万人分が自民党を支持しているわけでもないのに、自民党への事実上の強制献金にされています。どの党に寄附するかしないかは国民自由のはずですが、その自由が侵されてしまいます。  もともと政党国家機関ではありません。特定の政治信条に基づく、いわば私的結社です。

鳥栖市議会 2013-06-12 平成25年 6月 定例会-06月12日−03号

開票時間につきましては、衆議院議員総選挙小選挙区比例代表を同時刻に開票開始しておりますが、小選挙区を先に確定させるために優先的に作業を行い、小選挙区が1時間42分、比例区が3時間25分となっております。統一地方選挙におきましても同時刻に開始をし、知事選挙が55分、県議会議員選挙が1時間15分となっております。  以上、お答えといたします。 ○議長(齊藤正治)  下田議員

佐賀市議会 2013-03-06 平成25年 2月定例会−03月06日-04号

結果としまして、平成21年8月執行の衆議院議員総選挙平成24年12月執行の同選挙を比較しますと、開票開始から小選挙区比例代表の開票終了までの所要時間にして、前回4時間32分が今回2時間50分となり、1時間42分短縮することができました。これは前回チェックのためにロスした1時間を差し引いても42分の短縮となります。  

みやき町議会 2012-12-17 2012-12-17 平成24年第4回定例会(第5日) 本文

ただ、今回につきましては衆議院議員小選挙区比例代表選出、それからもう1つ、国民審査の投票がございましたので、投票箱の箱も3つございますし、投票用紙を配る人間の配置等もございまして、それと裁判官国民審査につきましては説明等を行わなくてはなりませんので、その点が混雑要因でございます。  

鳥栖市議会 2001-06-21 平成13年 6月 定例会-06月21日−06号

次に、県支出金につきましては、7月に予定されております参議院議員通常選挙における比例代表選出議員が非拘束名簿方式により実施されることに伴い、国会議員選挙等の執行経費の基準に関する法律が改正され、開票所経費の増額がなされることによる委託金の増額であります。  次に、歳出について申し上げます。  

佐賀市議会 1996-12-12 平成 8年12月定例会−12月12日-04号

自民党は初めて実施した、民意を反映しない小選挙区比例代表並立制のもとで、一定の議席を取りましたが、得票は比例代表制で500万票減らしております。社民、さきがけは激減をしました。また、民主党も伸びることはできませんでした。そういう中で、消費税廃止の立場で、増税阻止を掲げた日本共産党が大躍進をしました。総選挙で示された民意は、増税阻止という点で明瞭に示されたと思います。  

佐賀市議会 1993-12-21 平成 5年12月定例会-12月21日-07号

法案の問題の第1は、小選挙区比例代表並立制が第1党に3割から4割台の得票で6割台の「虚構の多数議席」をあたえるという民意をゆがめる選挙制度であること、第2は小選挙区・並立制導入の根拠がことごとく崩れさったこと、政府・連立与党がもちだした「中選挙区制度疲労論」、「同士討ちで金がかかる論」もまったく根拠がないばかりか、「政権交代論」も中選挙区制のもとでの政権交代で論拠を失っている。

佐賀市議会 1993-12-08 平成 5年12月定例会−12月08日-02号

先般、衆議院を通過した選挙制度改革案は、小選挙区比例代表並立制であり、佐賀県における衆議院議員の議席配分は3とされております。まだこの法案自体が参議院でも審議されておりませんので、軽々に議論することはできないかもしれませんが、仮に法案成立して区割りが制定される場合、巷間予測されるところ、現在の唐津地区はともあれ、佐賀地区については広域圏が分断される可能性が高いように思われるのであります。

  • 1