509件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-12-11 12月11日-04号

1人当たりのごみ排出量が増加している主な要因でございますが、家族化、個食化等による生活ごみの増加や、使い捨て容器やキッチンペーパー、紙おむつなどの生活雑貨などが安く購入できるようになり、ごみとして捨てられることが増え、また、食べられるのに捨てられている食べ物、食品ロスの増加などが主な要因と考えているところでございます。

唐津市議会 2020-03-11 03月11日-04号

近年、少子化家族化の進行、女性の社会進出の増大など、子育てを取り巻く環境は大きく変化し、家庭地域における子育て力の低下が懸念されており、保護者が安心して働くことができる環境子供たちの健全育成など、仕事と子育ての両立支援が強く求められております。 このような中、地域子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく子ども・子育て支援制度平成27年4月からスタートいたしました。

唐津市議会 2020-03-10 03月10日-03号

次に、特別保育事業につきましてですが、減額の理由といたしまして、特別保育事業は、女性の社会進出の増加、家族化の進行等に対し、就労と育児の両立支援を総合的に推進するために地域の多様なニーズを踏まえて延長保育、一時預かりなどの保育サービスの提供を行うものでございますが、減額の理由でございますが、令和2年は本年度と比較して、延長保育、一時預かり、夜間保育事業が減少したことによる減額が主な理由でございます

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

虐待は身体的、精神的、経済的など、要因がさまざまに複雑に絡み合って起こることが考えられており、最近では家族化や地域コミュニケーションが少なくなっていることも一因と考えられており、地域全体で子どもを見守り、不自然さのサインへの気づきが大切だと考えております。  今後におきましても、要保護児童世帯の相談体制やその支援を含め、適切な対応に努めていきたいと思っております。  

伊万里市議会 2019-12-11 12月11日-05号

家族化や養育者の心身の病気等により、支援が必要な家庭はますますふえてくると認識しております。今後は、この養育支援訪問事業による支援体制の充実を図る必要があると考えているところでございます。 

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

今日、家族高齢者世帯、それとか独居住まいの方が多くなり、ペットとして愛護され、家族の一員として高齢者の人たちは特にくつろがれて、健康づくりとかぼけ防止の一環としてもなっておるんではなかろうかと思っております。  犬については、ほとんどの家庭が外出時は鎖等でつないで外出されるわけですけれども、猫については、ひもをつけて外出するとかなんかはほとんどないと思います。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

我が国は少子高齢化家族化の進行地域のつながりの希薄化など、地域社会を取り巻く環境が大きく変化してきており、本市におきましても市民が抱える課題は多様化、複雑化してきております。このため、生活困窮やひきこもりの問題など、1つの相談窓口だけでは解決することが困難なケースに対応できる相談環境を整備していく必要がございました。  

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

佐賀市では、家族化、都市化、生活圏の拡大により、地域における人と人とのつながりが希薄になっている。過疎化、少子化の進展により、地域組織の機能が弱くなっている。市町村合併少子高齢化人口減少により新たな地域課題が発生している。住民ニーズの個別多様化により行政による画一的なサービスでは対応が困難になっている。

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

女性の社会進出、就労体系の多様化、家族化、地域のつながりの希薄化が進み、これからは放課後児童クラブのよりよい量的拡充、質的拡充が求められています。  そこで質問ですが、佐賀市の34校区の登録児童数及び待機児童数、平成30年度と比較してその解消の対応策について質問いたします。  また、入会案内などの手だてはどのようにされているのか、お答えください。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

上級生から下級生まで複数で群れながら遊び、行動する中で、上下関係、礼儀、友情や思いやりなどが養われていたと思いますが、少子化家族化の影響でこのようなことも難しい時代に直面していると思います。  このような現状の中、私は今こそ地域力の向上、地域の出番ではないかと思っておりますし、そのことを確信いたします。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

しかし、我が町も家族高齢化社会が進み、空き家の増加が目立ってまいりました。解体、利活用事業が急務であります。  今回の定例会にも事業契約に関する補正予算が議案上程されていますように、まちづくり課は多岐にわたった職務でございまして、空き家利活用及び空き家取得、価格査定も職員の査定であります。分譲住宅事業等は専門的な仕事であり、専門的な知識が必要だと思います。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 名簿

┃  │       │  ついて伺う                 │       ┃ ┣━━┿━━━━━━━┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿━━━━━━━┫ ┃  │       │1.空き家利活用取得、分譲住宅事業には民間事業 │町     長┃ ┃  │       │ のアドバイザーで整備すべきだ         │       ┃ ┃  │       │ 1)家族世帯

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

さらには家族や近隣とのつながりの希薄化などにより子育ての悩みを相談する人が近くにいないなど、さまざまな社会的要因があると考えるのであります。  しかしながら、いかなる要因があろうと生まれたばかりの赤子や幼い子供たちが虐待を受ける、ましてや虐待によって命が奪われてしまうなどということは決してあってはならないのであります。