1198件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

イオンモール株式会社は、投票者の利便性や投票率の向上につながると考えられ、自治体協力して全国のイオンモールやイオンショッピングセンターで期日前投票所の設置の動きが広がっているところでございます。このことは以前も私は質問の中で御紹介し、提案させていただいたわけでございますけれども、質問でございます。  では、なぜ唐津市でできて佐賀市ではできないのか、この点についてお答えください。

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

本市では、平成29年に株式会社野村総合研究所が発表いたしました成長可能性都市ランキングにおきまして、子育てしながら働ける環境がある部門で全国3位という高い評価をいただいているところでございますが、より一層この分野の取り組みに力を入れていく必要があると考えているところでございます。  以上です。

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

この安全運転診断ですが、平成30年7月に本市と交通安全対策の推進に係る連携協定締結しましたあいおいニッセイ同和損害保険株式会社様の支援メニューの一つでありまして、車にテレマティクスタグと呼ばれる機器を取りつけまして、スマートフォンアプリと連携して運転技術を診断し、100点満点からの減点方式で点数化するというものであります。  

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

まず、多久市への影響についての質問でしたが、昭和自動車株式会社から乗り合いバス事業再編について、昨年10月1日付で本市を含みます各自治体へ、ことし2月5日付佐賀県地域公共交通活性化協議会に協議を申し入れられています。  対象路線としては26路線あります。その中に、本市と武雄市を結ぶ多久武雄線が含まれています。  

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

利用状況としましては、町内石見地区にて栽培を始められました神バナナ株式会社の従業員数名が定植作業のために2月22日から3月2日までの9日間利用されまして、また、3月13日から現在ですけれども、20日まで8日間の予定で利用をされております。契約のお話がございましたけれども、契約につきましては、普通財産使用申請のみいただいておるところでございます。  

みやき町議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

MIYAKIメディカルグループが資金借入行為をスムーズに進めるために、建築期間の2カ年のみのSPC、特別目的会社である株式会社メディカルみやきというものを2月26日に設立されておりまして、同日付で事業仮契約締結しております。本定例会におきまして、契約議案として御審議いただいたところでございます。  

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

これからの新しい農業の取り組みとして、生産者の労働力の軽減を図ること、そしてフルで働けないけれども、1日1時間、2時間、または週に3日働けるような人たちを組織化しながら、安定した労働力として確保すること、それを担うのが新しい農業会社とかいうものを含めて、最終的にはみやきまち株式会社の中での全体的な町民全て社員として、御用聞き初め、さまざまな生産活動に携わっていくことによる健幸長寿のまちを農業と連携しながら

佐賀市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-10号

本年2月の初め、昭和自動車株式会社昭和バスが運転手の働き方改革を理由に、佐賀市北部などを走る26のバス路線見直しを検討していることが報道され、大きな動揺が広がりました。  2月12日には、佐賀県地域公共交通活性化協議会地域部会が開催され、バス利用者の移動手段を確保する方向で、路線ごとに関係者間で協議していくことが確認されたところであります。  

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

内容としましては、サガン鳥栖がその当時スポンサーでありました株式会社サイゲームスとのコラボレーションパッケージを企画されておりまして、そのうち、佐賀市内の3つの事業者とのコラボ商品をサガン鳥栖支援の寄附メニューを指定していただいた寄附者に対する返礼品としての提案ということでございました。

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

本市では、平成29年3月に株式会社シンシアからの寄附金を活用しました東よか干潟ワイズユース推進プロジェクトを活用事業に認定されまして、東よか干潟の豊かな自然環境を保全し、有効に活用する事業を今実施しているところでございます。  議員が御案内の企業版ふるさと納税の活用につきましては、この東よか干潟ワイズユース推進プロジェクトのみの活用となっております。

佐賀市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-05号

また、川副町の株式会社イケマコでは、スマート農業システム開発等を展開されている株式会社オプティムと連携して、ドローンとAIを使った病害虫の察知やピンポイント防除について、水稲と大豆で取り組まれているというふうに聞いております。  以上でございます。 ◆中野茂康 議員   ドローンとかGPSを使った農業機械、ICTをフル活用した農業になるのはもう目の前だと思っております。

鳥栖市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会-03月04日−02号

それに対して、現段階では、企業版ふるさと納税の活用はしていないが、今後、こうした制度の活用も視野に入れながら、本市の強みを高める取り組みを推進してまいりたいとの考えを示してくださり、半年後の9月議会では、株式会社Cygames様より御寄附の申し出があり、スタジアムリニューアルによる魅力向上プロジェクトという本市の地方創生の取り組みに対し、事業認定を受けられるよう、最大限努力していくと古賀次長より強い

佐賀市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会−03月04日-03号

次に、91施設指定管理者の事業形態の内訳についてでございますが、株式会社有限会社が48施設公益財団法人が16施設特定非営利活動法人が11施設社会福祉法人が5施設自治会などが5施設、その他、一般社団法人などが6施設という内訳となっております。  以上でございます。 ◆池田正弘 議員   それでは、一問一答に入ります。  

みやき町議会 2019-03-04 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2日) 本文

  メディカルコミュニティみやき複合施設設計業務、建設業務に関する          関連整備業務 3.事業場所   佐賀県三養基郡みやき町大字白壁1074番地2 4.契約金額   ¥2,389,728,000-         (うち取引にかかる消費税及び地方消費税の額¥177,016,888-) 5.契約の相手方 住所  佐賀県三養基郡みやき町大字簑原3033番地3          氏名  株式会社

唐津市議会 2018-12-25 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月25日−08号

平成29年12月22日に中間報告を行い、その後の委員会では、玄海原子力発電所の現況、原子力災害時における避難経路調査、使用済み核燃料対策等について、九州電力株式会社及び執行部から説明を受け、議論してまいりました。  平成30年8月9日には、玄海町との協議会設置に向けた「申入書」を議長に提出し、翌10日には、議長同席の上、市長に申し入れを行いました。