44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-05号

さきの台風の折に、東北地方なんかでは、こんな1級河川が氾濫するのかと思うような氾濫も見られたところです。  そこで、ダム管理はどのようにされているのか。これは嘉瀬川ダムですが、管理支所と自治体との連携など、注意しておかなければならないことがありますが、嘉瀬川ダム放流について佐賀市へどのようなお知らせがあったのか、お伺いいたします。

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

◎喜多浩人 環境部長   地中熱の利用は、北海道東北地方などの寒冷地における普及が顕著でございます。これは、暖房や給湯のコスト削減に効果的であることが認知されやすかったこと、それから、東日本大震災再生可能エネルギーへの関心が高まったことなども関係しているものと思われます。  北海道のニセコ町では、7年前の町民センターの大規模改修の際に地中熱利用空調システムを導入したそうです。

佐賀市議会 2017-03-06 平成29年 2月定例会−03月06日-03号

こちらは世界遺産を目指している遺跡でございまして、単独の遺跡ではなくて、北海道東北地方合わせて17カ所の複数の遺跡群として世界遺産を目指されております。世界遺産を目指すということで、例えば、列車のラッピングをされたりとか、いろいろ工夫もされておりました。こちらは年間30万人が来場されるということで伺っておりました。  

佐賀市議会 2016-09-13 平成28年 8月定例会−09月13日-04号

また、30日には大型の台風10号が岩手県に上陸後、東北地方を縦断し、日本海に抜けていきました。この台風の影響で、広い範囲で非常に激しい雨となり、岩手県北海道の各地で河川の氾濫や堤防の決壊による浸水被害が相次ぎました。  新聞報道によりますと、北海道南富良野町を流れる空知川では堤防が2カ所で決壊し、帯広市を流れる札内川でも堤防が決壊いたしました。  

佐賀市議会 2016-03-07 平成28年 2月定例会−03月07日-04号

地域別に見てみましたら、秋田県などの東北地方から161点、東京都などの関東地方から111点、静岡県など中部地方から26点、兵庫県など近畿地方から10点、広島県など中国地方から20点、愛媛県など四国地方から42点、九州・沖縄地方から553点と、このようになっております。  また、博愛作文についてでございますが、今年度は、県内の小・中学校から186点の応募がございました。

佐賀市議会 2015-09-15 平成27年 8月定例会−09月15日-05号

まず、栃木県茨城県福島県宮城県など、先日の関東東北地方南部での大雨による大災害で犠牲になられた方々へお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々の一日も早い復旧と生活再建を願うものです。  この災害を通じて、水に弱い佐賀市として改めて教訓とすべきことがいろいろ提示されていると思いますが、今回は障がい者の支援に絞って質問いたします。  

佐賀市議会 2015-03-12 平成27年 3月定例会−03月12日-06号

東北地方太平洋地震、この未曽有の大震災から丸4年が過ぎ、昨日3月11日14時46分、被災地の復興を願いながら、ここ佐賀市議会議場でも亡くなられたとうとい命に黙祷をささげました。佐賀市九州一円にも原発事故福島から移住されてきた方たちがたくさんおられ──県内では69世帯171人と伺っておりますが、私も時々意見交換をしております。

みやき町議会 2014-06-13 2014-06-13 平成26年第2回定例会(第4日) 本文

現在、梅雨前線上の低気圧の影響で、関東東北地方には大雨のおそれがあり、土砂災害の警戒が必要との報道が昨日なされておりましたが、改めてみやき町は災害が少ない、住みやすい町だと実感しています。  6月1日、日曜日、県下一斉美化活動を知らせる放送がありました。中原校区の皆様から始まり、公民館からの放送ではないと判断できました。

佐賀市議会 2013-08-29 平成25年 8月定例会−08月29日-02号

翌日の新聞記事の大半に、脊振山地における活断層存在が最大のネックになったというようなことが書いてありましたが、実はこの活断層の調査というものにつきましては、いわゆる大震災以降の活断層の調査というものにつきましては、現在は、九州は厳しい調査というものが終わっておりますが、北上山地などの東北地方はまだ調査も行われておりません。

佐賀市議会 2012-09-11 平成24年 9月定例会-09月11日-04号

まず、議論の中にボランティアと市の職員ということではなく、やはり東北地方では被災された方と支援した方と行政と、やはり3者一体で議論すべきだということで今議論をされてます。そういった資料も今少しずつ入ってきてます。被災された方がいない中で議論するのでは不十分ではないかというふうな考えを持ってるとこでございます。

佐賀市議会 2011-12-12 平成23年11月定例会−12月12日-07号

このあたりの米は、早場米として知られる平地の米に比べて手間が多くかかるのに反し、気温が平地より低いため、ちょうど東北地方の収穫時期と重なって値段が低く抑えられるのが常で、その安定的な需要を学校給食でつくり出すことで中山間地域経済的活動を活性化させようというのがねらいにもなっています。ここが非常に重要なことだと思っています。

みやき町議会 2011-12-06 2011-12-06 平成23年第4回定例会(第1日) 本文

議案第74号 平成23年度みやき町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)につきましては、当初予算では地財計画などをもとに下水道会計予算を積算しておりましたが、東北地方復興財源確保等により約33.5%の減が見込まれますので、今回、181,000千円の減額補正をお願いするものでございます。歳入では国庫補助金の減、地方債の減額補正、歳出では工事請負費の減額をお願いするものでございます。  

佐賀市議会 2011-09-09 平成23年 9月定例会−09月09日-05号

◎伊東博己 総務部長   東北地方のお話が出ましたので、三陸地方におきましては、過去にこれまでも甚大な津波災害が発生しておりまして、いわゆる「津波てんでんこ」というような格言も生まれるような地域であり、また、本市職員も多く派遣しております気仙沼市におきましても、市内に多くの津波時の避難所が設置され、津波に対する準備は十分されていたと考えられますが、しかしながら、今回の大震災におきましては、多くの方が

佐賀市議会 2011-09-07 平成23年 9月定例会−09月07日-03号

3月11日のマグニチュード9.0の東日本大震災では、岩手、宮城、福島県を中心とする東北地方関東中部地方の広範囲にわたり甚大な被害が発生しました。水道も最大で約187万戸が断水したと言われています。日本水道協会佐賀県支部、事務局佐賀市水道局にあるそうですが、その一員として、佐賀市水道局からも被災地である福島県郡山市、いわき市に職員と給水車などを派遣し、応急給水活動などが行われております。  

佐賀市議会 2011-07-01 平成23年 6月定例会−07月01日-08号

意見書第3号    原子力発電所安全対策の強化等を求める意見書 案  去る3月11日に発生した国内最大のマグニチュード9.0の東北地方太平洋地震とこれに伴う巨大津波は、東北地方を中心に数多くの尊い命を奪い、沿岸地方に壊滅的な被害をもたらした。  加えて、東京電力株式会社福島第一原子力発電所では、地震発生時に運転していた原子炉は自動停止したものの、地震津波により、発電所の全電源が喪失した。

佐賀市議会 2011-06-24 平成23年 6月定例会−06月24日-07号

ことし3月11日に発生しました東日本大震災は、東北地方太平洋地震と、それに伴って発生した津波及びその後の余震による大規模地震災害は、福島原発事故をも引き起し、炉心溶融事故の発生で多量の放射性物質が外部に放出された日本における最大規模の原子力事故を引き起こしてしまいました。国際的にもきわめて深刻な事故となり、3カ月たった現在もその収束に至っておりません。