35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例会−09月17日-04号

1つ目は、東アジア最古、最大級の湿地性貝塚であることです。湿地性貝塚という植物性や動物性の有機質遺物が残りやすい遺跡の性格に加え、5メートルの粘土層でパックされるという好条件に恵まれたため、およそ8,000年前の遺構、遺物が極めて良好な状態で保存されていました。このような保存条件を備えた遺跡は類例が少なく、東アジアにおいても最古級の湿地性貝塚であります。

多久市議会 2018-03-02 平成30年 3月 定例会-03月02日−01号

議案審議終了後に亜細亜大学都市創造学部教授の後藤康浩氏より「東アジア情勢と日本」と題して講演があり、その後、閉会となりました。  次に、議会運営委員会の視察研修について委員長の報告を求めます。議会運営委員長。 ◎議会運営委員長(中島慶子君) (登壇)  おはようございます。議会運営委員会の視察報告をいたします。  

佐賀市議会 2017-12-19 平成29年11月定例会−12月19日-10号

そして、東アジアからのゲートウエー空港として発展させようと、こういうことをやろうとしているわけです。  そういった中で、機体の離発着回数のみならず、佐賀空港が民間空港であればまた別ですけれども、そういった攻撃用のヘリだとか、オスプレイ等がある中では、外国の人たちの思いといいますか、感想もまた変わってくるというふうに思うわけです。

鳥栖市議会 2016-12-09 平成28年12月 定例会-12月09日−03号

「第6章 二度の世界大戦と日本」では、第一次世界大戦前後の国際情勢を背景に、日本国際地位の変化や大正時代の政党政治発達民主主義思想の普及、社会運動の動きを通して日本国民の政治的自覚が高まったことや、昭和初期から第二次世界大戦終結までの日本の政治経済外交の動きなどを、東アジア諸国との関係や欧米諸国の動きに着目しながら、経済の混乱、軍部の台頭、戦争の経緯と大戦が人類全体に惨禍を及ぼしたことなどを

佐賀市議会 2015-12-17 平成27年11月定例会−12月17日-08号

日本を取り巻く東アジア情勢は、中国軍拡による尖閣諸島への軍事的脅威の拡大、さらに、中国東シナ海や南シナ海を初めとする海空域などにおいて活動を急速に拡大、そして、活発化している状況にあります。また、北朝鮮による軍事的な挑発行為や挑発的言動、核ミサイル開発による緊迫化など、一刻の猶予も許されない事態に直面しているとも言えます。  

佐賀市議会 2015-09-15 平成27年 8月定例会−09月15日-05号

アジア地域における国際戦略の展開と佐賀空港の機能強化については、重要なターゲットエリアである東アジア東南アジア南アジアとのさまざまな交流を積極的に展開し、これらエリアの活力を佐賀県に取り込み、佐賀県産業界の維持発展と裾野の広い観光産業育成、グローバル人材育成促進を図るとして、アジア地域都市との既存路線増便や新規路線就航を実現するため、佐賀空港の機能強化を図るとしています。  

佐賀市議会 2015-07-06 平成27年 6月定例会−07月06日-09号

日本を取り巻く東アジアの緊張が増してきていると言いますが、それを増長させているのは安倍首相を初め、日本会議所属の人たちであります。侵略戦争問題、従軍慰安婦問題、南京大虐殺問題、靖国神社参拝問題、東京裁判の否定、修身復活をもくろむ道徳教科化など、歴史修正主義に立ってアクションを起こすことで対立の芽が膨らんできており、みずから危機感をあおっていると言えます。

佐賀市議会 2015-06-25 平成27年 6月定例会−06月25日-06号

東よか干潟が登録された主な登録基準を申し上げますと、東よか干潟はシギ・チドリ類の飛来数が日本で最も多く、東アジアにおける重要な中継地や越冬地としてライフサイクルを支えていること。また、クロツラヘラサギやツクシガモ、ズグロカモメなど、絶滅危惧種の野鳥にとって重要な生息地となっていること。

鳥栖市議会 2014-06-09 平成26年 6月 定例会-06月09日−02号

このような取り組みにより、これまで以上に福岡市との連携を深める取り組みが可能となってきておりますので、今後も東アジアの玄関口である福岡市と連携していくことで、国内だけでなく、東アジアを見据えた地域ブランド力の向上や、地域経済の活性化を図っていきたいと考えております。  以上、御答弁とさせていただきます。 ○議長(齊藤正治)  江副議員。 ◆議員(江副康成)  御答弁ありがとうございました。  

佐賀市議会 2013-09-05 平成25年 8月定例会−09月05日-07号

さらには、台湾香港を初めとする東アジア地域へのLCCの誘致活動にも取り組んでいくこととなっております。  以上でございます。 ◆川崎直幸議員   有明佐賀空港の目標は大きく2点を目指しているということでございますけれども、より利便性の高い空港へと進化していくためにもですね、東京便の5便化はぜひ実現していただきたいと思います。

佐賀市議会 2013-09-03 平成25年 8月定例会−09月03日-05号

一方では、TPPにかかわらず、現在、日中間のFTA、さらには、EUとのEPA、それから、東アジアとのRCEP、こういうものが確実に交渉が進められております。  こういう中で、加えて、現在、日本はもう13カ国とのEPA、経済連携も結んでおります。こういうふうになりますと、国内のわずかな市場の中に、また新たに外国からの農産物も入ってきます。

佐賀市議会 2013-02-26 平成25年 2月定例会−02月26日-01号

まず、「経済産業の活性化」への取組といたしまして、国内の観光市場が縮小する中、海外からの観光客誘致に取り組むなど、成長著しい東アジアを見据えた国際戦略を展開します。  特にバルーンは、佐賀市観光資源としての大きな柱であり、海外からの観光客も期待できることから、平成28年に開催される「第22回熱気球世界選手権」を佐賀市に誘致するための活動を行います。

佐賀市議会 2012-03-08 平成24年 3月定例会−03月08日-03号

今後、中国からの観光客誘致を徐福を切り口として進めていくことによって、東アジアに向けた佐賀市観光戦略を行っていきたいというふうに考えております。  それから、金立山の登山道復活についてでございますが、金立山には徐福ゆかりの伝説が多く残っており、観光面において重要な場所であるというふうに認識しております。山頂へのアクセスの向上は、観光上有意義なことであるというふうに考えております。  

  • 1
  • 2