1172件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会−12月20日-10号

続きまして、同議案中、歳出2款3項1目戸籍住民基本台帳経費106万円について、委員より、佐賀県運転免許センターにおいて、令和2年1月27日から2月7日まで実施されるマイナンバーカード交付申請の受け付けについて、申請者が多かった場合、期間の延長は想定しているのかとの質問があり、執行部より、今回は国のモデル事業として実施するが、その2週間の効果検証し、佐賀県運転免許センターの協力が得られれば、来年度以降

みやき町議会 2019-12-18 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第5日) 本文

第5条では、みやき町職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正で、会計年度任用職員を休職の分限処分の対象に加えるとともに、休職の期間任命権者が定める期間とする改正となっております。  第6条では、みやき町職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部改正で、減給の対象にパートタイム会計年度任用職員に支給される報酬を加える改正となっております。  

みやき町議会 2019-12-16 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4日) 本文

その期間については、積極的に事業を行ってきたところでありますけれども、交付税措置については今年度で終わります。特例債についてはさらに延長されて、あと5年間、新年度から5年間できますけれども、本町においては特例債の枠については120億円相当使って、あと残りが4億円か5億円ぐらいです。

みやき町議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

5月31日に鳥栖・三養基西部環境施設組合及び脊振共同塵芥処理組合に対し、各リサイクルプラザ等の使用期間延長の可能性について検討の申し入れがなされました。施設所在地団体として地元への説明並びに協議についての検討を行うに当たり、1、延長期間について、2、地域振興の有無について、3、受け入れ市町の範囲など示してほしい旨の回答を令和元年6月11日付で行っております。

佐賀市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-07号

◆村岡卓 議員   この期間中、開設はなされていなかったということでございます。開設するに当たっては、さまざまな過程を経ないと開設することができないのかなというふうにも考えます。この点については、以前、一般質問の中でも質問があったところではございますが、今回改めて、この福祉避難所、もしくは福祉避難施設、これが開設されるための過程というのをお示しいただきたいというふうに思います。

佐賀市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-05号

計画の期間は今年度からの5カ年、令和元年度から令和5年度となっており、これまで各課が行ってきた取り組みに加え、読書活動を推進する新たな取り組みも盛り込んで市全体の計画とし、目標を明確にすることで、それぞれの取り組みがより効果的で充実したものになるよう進めていくこととしています。  

佐賀市議会 2019-12-06 令和 元年11月定例会−12月06日-04号

変形労働時間制の試行、試みを行ったある市の教育委員会のモデル校の意見を聞いたところでは、1つには、長期休業期間中に休日のまとめどりをするため、有給休暇がとれなくなると。それから、服務監督者の管理負担、これは想定するに教頭事務長ということになろうかと思いますが、この負担が増加すると。

佐賀市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

期間中5日間を通じての新たな取り組み、また、それぞれの参加人数についてお示しください。  以上、3項目について答弁を求め、総括質問とさせていただきます。 ◎大城敬宏 保健福祉部長   私には聴覚障がい者支援について、手話奉仕員養成講座の目的と実績に関する御質問がありましたので、お答えいたします。  

佐賀市議会 2019-11-29 令和 元年11月定例会−11月29日-01号

第2次佐賀市総合計画は、平成27年度から令和6年度までの10年間が計画期間となっておりますが、中間年度である本年度に基本計画の見直しを行うことにより、この総合計画社会経済情勢の変化に対応したものに改定するものであります。  その他の議案につきましては、それぞれ議案の末尾に提案理由を略記いたしておりますので、それにより御承知をしていただきたいと思います。  

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

          │ │    │   │       │ (2) 運営のあり方について                  │ │    │   │       │ (3) 今後の取り組みについて                 │ │    │   │       │2.教職員の働き方改革と定数増について             │ │    │   │       │ (1) 長期休業を除く期間

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

運営費の削減のためにも、間欠運転を検討すべきと思うがどうかとの質問があり、執行部より、環境省補助制度上、定められた期間データをとり、報告する必要があるため、現時点での間欠運転は難しい。環境省への報告期間が終われば、間欠運転により必要量のみを回収することも検討したいとの答弁がありました。  

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

そこで、総括質問ですが、長期休業中を除いた期間での時間外勤務の実態と課題について、昨年度の実態、ことしの4月から7月までの実態、それから、どのような課題があるのか、御答弁をお願いしたいと思います。  以上で総括質問といたします。 ◎今井剛 子育て支援部長   おはようございます。私のほうからは、放課後児童クラブの充実に向けての質問にお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

前回の経過措置期間生活保護受給者の接種率はどのようになっているのか、お伺いします。 ◎大城敬宏 保健福祉部長   生活保護受給者の予防接種対象者数と接種者数、接種率をお答えします。  平成26年度、接種対象者数313人、接種者数104人、接種率33.2%。平成27年度、接種対象者数314人、接種者数92人、接種率29.3%。平成28年度、接種対象者数342人、接種者数114人、接種率33.3%。