291件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

2つ目は、最終処分への影響がないのか。  新しい予定地、北西部ですかね。そのすぐ南側に最終処分跡地があります。  新しい予定地の工事により、ただでさえ、今、基準以上の汚染物質が出ていると聞いておりますけれども、あそこは地下水脈が非常に豊富だと聞いております。  工事の影響で、地下水脈は変わるなどして、影響を与えることはないのか。

唐津市議会 2018-12-13 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

それでは、最終処分施設設置の拒否条例についてお尋ねいたします。  現在、政府は、高レベル放射性廃棄物の最終処分について、地層処分を前提に取り組みを進めることとし、科学的特性マップを公表しております。  他方、全国には放射性廃棄物自治体内の搬入、保管、最終処理等を自治体として拒否する条例を有する自治体が、全国でも24自治体上がっております。  

唐津市議会 2018-10-16 平成 30年 9月 定例会(第4回)-10月16日−12号

決定から完成まで、少なくとも30年はかかると言われる核のごみ、高レベル放射性廃棄物最終処分も決まっていません。そうした中で、この事業は行われています。  私たち、唐津市民も、すぐそこに玄海原子力発電所を抱える市民として、福島の現状は他人事ではありません。一たび玄海原子力発電所で過酷事故が起きれば、住みなれた地を離れなければならないということは、福島第一原子力発電所事故が証明をしています。  

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

また、委員より、使わなくなった施設に毎年維持費がかかっているが、いつまでこの委託料が必要なのかとの質問があり、執行部より、各施設とも県に最終処分の埋め立て終了届を提出しており、現在は埋め立て廃止に向けて水質等も含めてモニタリングを行っている。このモニタリングが終了するまでは維持費がかかるとの答弁がありました。  

唐津市議会 2018-06-11 平成 30年 6月 定例会(第3回)-06月11日−03号

ここでは、第2最終処分建設とか新炉建設の推進を目的とするということでありました。このことについては非常にいいことだと思っております。  最後に、市長にお伺いしたいと思いますが、この機構改革について市民センターの機能強化ということではまだまとまっておりませんが、このことについてどのようにお考えか、ご答弁いただきたいと思います。 ○議長(田中秀和君) 峰市長。           

唐津市議会 2018-03-16 平成 30年 3月 定例会(第1回)-03月16日−08号

それから、2項目が土地の利用計画及び冷却水の取排水計画を変更しようとするとき、それから3番目、新燃料使用済み燃料及び放射性廃棄物の輸送計画、輸送上の安全対策を含む策定しようとするとき、それから中間貯蔵庫、最終処分、いろんな問題が出て、あと5年後にはもうプール満杯になるですよ、ごみは満杯です。だから、また問題が出てきます。

伊万里市議会 2018-03-13 平成30年 3月 定例会(第1回)-03月13日−05号

│  │       │      │ (2) 問題点の有無              │├──┼───────┼──────┼───────────────────────┤│  │       │      │1.環境センターについて           ││  │       │      │ (1) リサイクルセンター           ││  │       │      │ (2) 最終処分

唐津市議会 2017-10-04 平成 29年 9月 定例会(第5回)-10月04日−11号

200万円でございますが、これも、よく決算でいろいろと質問があっておりましたけど、清掃センター敷地内の最終処分がありますが、これはもう満杯でありますので、あと、その他安定型の処分場として東山、厳木、相知に、各それぞれ処分場があります。この3つの施設の概要と利用状況、そして残余容量についてお伺いをしたいと思います。  以上で1回目の質問でございます。

唐津市議会 2017-10-02 平成 29年 9月 定例会(第5回)-10月02日−09号

次に、焼却固化灰等運搬業務と焼却固化灰等処分業務についてでございますが、現在、清掃センターの最終処分は満杯となっており、焼却した後の固化灰や残渣及び不燃物は、鎮西町菖蒲にありますクリーンパークさがに搬出をしております。比較的塩分濃度が高い固化飛灰については、クリーンパークさがでの受け入れが困難なために、熊本県菊池市にあります最終処分に場外搬出している状況です。  

唐津市議会 2017-09-15 平成 29年 9月 定例会(第5回)-09月15日−07号

それからもう最終処分の実現に高い壁ということで、行き詰まる原子力政策というようなことで、こういうふうな状況の中で、唐津市は玄海町と県だけで進んでおるのに、見守ります。それじゃ唐津市民は大変ですよ。市長、そこも考えてください。  やっぱり、今言われましたけど、唐津市安全協定を結んでいる協定内容と、昭和47年に結ばれた玄海町、佐賀県九州電力の3社で結んだ安全協定は全然内容が違うとです。

鳥栖市議会 2017-09-12 平成29年 9月 定例会-09月12日−04号

その中で、基本方針にかかわる最終処分についてお伺いをいたします。  9月24日、西部環境施設組合議会全員協議会が開かれました。その事務局答弁の中で、最終処分も検討する余地があるような発言がありました。当然、私その場でおかしいという意見をいたしましたが、今、真木町にある前の焼却炉、これは昭和51年から平成15年の間、稼働をしておりました。その焼却炉の横に、最終処分跡地があります。

唐津市議会 2017-03-08 平成 29年 3月 定例会(第2回)-03月08日−02号

まず、清掃センターの安全運転や公害防止に努めるため、施設の定期点検や修理、公害物質の測定や分析等を行うことや、最終処分の適正化対策等を実施するための事業費というふうになっておると思っています。  そこでまず、概要書にある最終処分の適正化対策関連の2事業について、その取り組みに至った経緯を伺いたいと思います。  次に、土木費でありますが、唐津港寄港誘致促進費についてまず伺います。  

唐津市議会 2016-12-15 平成 28年12月 定例会(第5回)-12月15日−07号

最終処分がまだ決まっていない段階で、再稼働は私は無理ではないかというふうに思うんですけれども、市長の考えをお伺いします。 ○議長(田中秀和君) 坂井市長。           (市長 坂井俊之君登壇) ◎市長(坂井俊之君) ご質問にお答えを申し上げたいと思います。  今、国としてもさまざま使用済み燃料の件につきましては、現在も日々議論をなされているところでございます。