32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2019-12-13 令和 元年11月定例会−12月13日-09号

この教職員の筆舌に尽くしがたい闘いは、石川達三氏による「人間の壁」という小説にもなり、映画もされましたので、御存じの方もおられると思います。その結果、2月28日から開かれた県議会では、自民党側からも定数増の要求が出され、186名の定数増が決定されました。  さらに昭和33年5月、国会において義務教育学校学級編制及び教職員定数標準に関する法律、いわゆる標準学級定数法が成立をいたしました。

唐津市議会 2017-12-13 12月13日-05号

これを見て、唐津大使の方も、これいいねとおっしゃっていますし、実はこの制度すごく有名な制度で、観光おもてなし課という映画にもなった小説の中にも描かれています。よくほかのところとかもまねされているところも多いんですけども、これは、高知の場合は、県外の方が来られた場合に限りそれを確認して、その方に対しては優待になります。

唐津市議会 2017-03-16 03月16日-08号

まず、唐津映画花筐」は、ふるさと映画の巨匠・大林宣彦監督が、40年以上、映画への思いを抱き続けた檀一雄純文学小説に、その大林監督自身が、新たに映画としての命を吹き込んだものです。 その撮影は昨年の夏に行われ、撮影箇所は、呼子、名護屋、鎮西に始まり、旧唐津市内各所、そして、北波多、相知、厳木と、市内約40カ所で行われました。 

佐賀市議会 2016-12-08 平成28年11月定例会−12月08日-05号

そこで、平成26年度に映画されました、私が農林水産部長になって間もなくだったと思いますけれども、「WOOD JOB!」という映画がございまして、これを参考にいたしまして若手人材を発掘して、地域林業への就業を促進するため、昨年度から林業就業体験事業を開催しているところでございます。  この事業は、8月に高校生を対象に、9月は一般を対象に開催しております。

唐津市議会 2016-06-14 06月14日-05号

映画監督大林宣彦氏が40年間抱き続けてこられましたこの小説映画への思いを、このたびようやく実現されるものでございます。 最終のロケハンとなりますメインロケハンが6月9日から昨日13日まで、市内各所で実施されていたところでございます。これによりまして、撮影箇所が最終的に決定いたしまして、撮影開始となるクランクインは、8月の25日の予定というふうに伺っております。

鳥栖市議会 2016-04-16 06月15日-04号

実はこの本、大阪市住吉区にある公立小学校大阪市立大空小学校を2012年度の丸々1年間を追ったドキュメンタリーとして映画され、2015年2月に封切られると、じわじわと話題になり、ロングラン・アンド自主上映され、文部科学省特別選定にもなった映画原作本です。 映画の前に放映されたテレビ版「みんなの学校」は、2013年度文化庁芸術祭賞大賞を獲得。

唐津市議会 2016-03-09 03月09日-03号

この小説を、映画監督でございます大林宣彦氏が、40年以上、映画する思いを持ち続けていらっしゃいまして、今回、唐津市民とともに映画する動きが始まっているところでございます。 既に、撮影場所事前視察ロケハンが行われ、実際の撮影は、ことしの夏を予定されております。撮影は全て唐津市内で行われるというふうに伺っております。 

佐賀市議会 2015-12-09 平成27年11月定例会−12月09日-06号

また、これまでにもこの本、何度も映画され、成人映画として上映をされた経緯があります。直近では2006年に、これは外国映画ですけれども、成人映画として日本でも上映をされているわけであります。  「チャタレイ夫人の恋人」のことを言いましたけれども、これ以上に過激なのが「カトリーヌ・Mの正直な告白」、また、もっと過激なのが「私をたたいて」であります。

唐津市議会 2015-09-15 09月15日-07号

そして、大林宣彦監督思い描いていらっしゃいました檀一雄作品花筐」の映画話題になっておりますことなど、唐津にゆかりのある旬の話題観光PRの契機と捉えまして、活用してまいりたいというふうに考えております。 以上でございます。 ○議長(田中秀和君) 石﨑議員。 ◆12番(石﨑俊治君) 観光基本となるものは、やはり観光業基本戦略だと思います。

佐賀市議会 2012-12-13 平成24年12月定例会−12月13日-07号

西岸良平氏によるベストセラーコミック映画したものですが、1950年代の日常生活の様子がほのぼのと描かれています。この中では日々の食事が生活の中心であり、それが買い物によって成り立っているという当たり前の光景が多く見られます。買い物によって私たちが皆、互いに支え合って生きていることが伝わってきます。

鳥栖市議会 2009-12-09 06月08日-02号

先ほど紹介しました乳がんと闘う24歳の女性「余命1ヶ月の花嫁」の映画、文庫本化乳がん検診率アップの引き金になっていることは大変意味があることだと高く評価したいと思います。 今後でございますが、がん対策強化充実を図るためにはがん検診受診率アップとともに、がん検診公費負担を増やして自己負担の軽減が求められると思います。 

唐津市議会 2009-09-11 09月11日-05号

そして、その後もラジオ番組での放送とか映画またことしの唐津では映画があったようでありますけども、それによって日本全国にですね、大反響を受けておりました。中身について私のほうからいろいろ言いませんけども、やはり人をですね、感動させずにはおかない何かがあるというふうに思っております。

佐賀市議会 2009-06-10 平成21年 6月定例会−06月10日-03号

この小説映画すれば、佐賀市のロケはもちろん観光面でも大いに期待できると思いますが、それについて映画に対する働きかけをする考えはあるのかお伺いします。 ◎大島克己 経済部長   言われますように、作品映画につきましては、監督、それから配給会社、それから資金など、数多くの条件がクリアされていく必要があるということで、簡単ではないというふうに1つは思っております。

多久市議会 2006-06-21 06月21日-04号

そして、日本国じゅう映画されたということを知らせる。そういう人に続いていくと。小説家が出てこなくても、ほかの絵画でも、あるいはオリンピックでもいいわけですけれども、本当にそういう文化・体育で頑張る人がどんどん出てくると。今一部、サザエさんとか工業の志田林三郎先生とかあっておりますけれども、そういう個人を目標とした活動をやらにゃいかんかなと思っております。 

多久市議会 2005-12-09 12月09日-03号

これはいいものだから映画もすると。主演は加藤剛という有名な俳優おりますね。その加藤剛が恐らく金次郎さんになる、子供役は違うでしょうけれども。そういう本です。 こういう本とかですね、同じこの三戸岡さんという方が書かれた本ですけれども、「孔子の一生」、これは同じ人が書いています。孔子もですね、私は今まではこの「孔子」が一番大きいと、井上靖、大小説家です。

唐津市議会 2005-09-16 09月16日-06号

地域づくり人づくりという理念のもと、肥前町では韓国やアメリカなど国際交流も積極的に進めてまいりましたが、またいろは島や花と冒険の島、切木ぼたんや緑の丘公園高串温泉など自然の景観なり資源を有した歴史的には東京女子医大創設者吉岡彌生氏、慶應大学初代塾長林毅陸氏、日本唯一の警察官を祭った増田神社大鶴炭鉱を母体とした文学で映画されたにあんちゃんなど潜在的な観光資源を、豊かな町でございます。

  • 1
  • 2