24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐賀市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会−03月12日-04号

平成17年に施行された発達障害者支援法を皮切りに、佐賀市もこれまで早期発見早期支援に努めてきました。また、平成28年には発達障害者支援法が改正され、法の目的に「切れ目なく発達障害者支援を行うことが特に重要であること」が明記され、それに従って支援策にどの自治体よりも積極的に取り組んでこられた姿勢は評価できるものです。  

佐賀市議会 2020-12-02 令和 2年11月定例会−12月02日-02号

産後鬱の対策としましても、早期発見早期支援のために妊娠届出時のアンケートによる心、体調の把握や医療機関などの関係機関とより緊密な連携体制づくりに努めているところでございます。  以上でございます。 ◎古賀臣介 地域振興部長   私からは、2点目の国民スポーツ大会全国障害者スポーツ大会の延期についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2020-09-28 令和 2年 9月定例会−09月28日-09号

また、民生委員児童委員協議会などの関係団体との連携を一層深めることで、困られている方の情報早期に把握し、早期支援へとつないでいきます。  このほか、本人が地域で暮らし続けるための伴走型の支援を行っておりますので、住民による見守りや居場所づくりなどの地域における新たなセーフティーネットをつくることで地域からの孤立を防ぎます。

みやき町議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第2日) 本文

妊娠初期から相談しやすい環境づくりを行うことで、産前からの早期支援と後々までの継続的な支援ができるように取り組んでいるところでございます。  それから、産後の支援としましては、初めて出産された妊婦出産後、育児不安のある産婦には保健師による家庭訪問を必ず実施しております。各月齢に応じた乳幼児健診実施時には、虐待も視野に入れた観察を行っております。

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

健康増進課におきます多胎児支援につきましては、多胎児妊娠に限らず、妊娠届け出時に保健師による面接とアンケート実施し、支援が必要な妊婦早期に把握しまして、妊娠期から保健師が密接にかかわることで産前産後の早期支援及び切れ目のない継続したかかわりを持つように取り組んでおります。

多久市議会 2019-03-19 03月19日-04号

妊娠中や周産期及び子育て期におきましては、これらリスクや問題の早期発見早期支援可能性も非常に重要であり、高まっていくということです。 また、子育て世代包括支援センターは、フィンランドのネウボラを参考に平成27年度に妊娠出産包括支援モデル事業が29の市町村実施されたことが始まりとなっています。平成29年5月に市町村子育て世代包括支援センターの設置に努めることが母子保健法に法定化されました。

みやき町議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

131 ◯健康増進課長佐藤圭一郎君)  議席番号2番目野さとみ議員発達障害支援についての2回目の御質問についてですが、発達障害のお子さんを支援するに当たっての課題についての御質問であったかと思いますが、発達障害のある子供については、早期から発達段階に応じた支援を行っていくことが重要であり、早期発見早期支援対応必要性は高いと思っております。  

佐賀市議会 2018-06-21 平成30年 6月定例会−06月21日-08号

次に、本市における発達障がい児に対する取り組みについてでございますけれども、平成16年に成立した発達障害者支援法では、発達障がいの早期発見早期支援市町村責務として義務づけられております。また、発達障がいはその特性を完治させることはできませんが、就学前の早期から適切な療育を行うことで、将来の社会適応自立を促すということが言われております。

鳥栖市議会 2017-07-28 09月12日-04号

特に障害児への福祉施策としては、1歳児半健診、3歳児健診時に保健師による自閉症等スクリーニング検査実施し、早期発見早期支援につながる取り組みや、保育園幼稚園専門員が巡回し、保育士児童支援方法対応方法をアドバイスする巡回相談専門員派遣事業などの実施をしたことによって、障害をお持ちの児童保護者の方の早期療育への意識が高まったものと考えておるところでございます。 

佐賀市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会−06月19日-05号

生活困窮という言葉の中で、早期発見早期支援が必要になるというのは、行政はもちろん、いろんな団体解決に向けた議論を行うことが重要です。総括質問への答弁でも民生委員とか地域の方とか、おたっしゃ本舗とか、いろんな言葉が出ましたが、情報をいただくというふうな意味があります。そういった意味で、この政策の中で先進的な事例からすると、庁舎内連携が必要だろうということなんですね。

鳥栖市議会 2017-03-15 06月12日-04号

本市におきましても、法改正前から県と協力し、1歳児半健診、3歳児健診時に保健師による自閉症等スクリーニング検査実施し、早期発見早期支援につながる取り組み保育園幼稚園専門員が巡回し、保育士児童支援方法対応方法をアドバイスする巡回相談専門員派遣事業、また鳥栖・三養基地区自立支援協議会こども部会を設け、未就学児就学時の保護者の不安を共有しながら、障害を持つ子供たち生活全体を協議するなど

佐賀市議会 2016-12-07 平成28年11月定例会−12月07日-04号

生活困窮者早期発見早期支援に結びつけていくためには行政はもちろん、民間団体地域と十分に連携をとり、情報共有問題解決に向けた議論を行う仕組みを整えることが重要であります。  佐賀市では、平成25年10月から国のモデル事業として佐賀生活自立支援センターが設置され、生活困窮者からのさまざまな相談対応されているところであります。

唐津市議会 2012-06-19 06月19日-07号

この相談から一貫した支援の流れと、これイメージなんですけれども、これを見てみますと、乳幼児期、これ早期発見早期支援これが非常に今後大事であるというようなことなんですね。 次に質問に入るわけですが、現在、唐津保健センター実施されております健診事業がありますね。その中で1歳6カ月児健診、それから3歳児健診、非常に大事であるというように伺っております。

鳥栖市議会 2012-01-27 03月08日-02号

さらに、健康寿命を伸ばすために、生活習慣病予防介護予防への早期支援を目指し、寝たきりや認知症予防につながる施策充実させてまいります。特に健康診査の結果、保健指導が必要な方への保健指導については、職員のスキルアップを図りながら、生活改善のために早期からの支援を行います。また、糖尿病人工透析に移行してしまう可能性の高い方には、家庭訪問を行い、専門医療機関への受診を促します。 

唐津市議会 2011-03-09 03月09日-03号

2つ目に、子供の将来の自立に向けた発達支援として、乳幼児における障害早期発見早期支援体制充実子供相談支援体制充実が必要である。3つ目に、障害のある人、家族等への総合的な専門的な相談支援が必要である。4つ目に、障害のある人の生活地域支援する仕組みづくりを構築することにより、障害のある人が暮らしやすい地域づくりを推進することが必要である。

唐津市議会 2010-12-14 12月14日-06号

それではですね、現在5歳児健診にかわるようなですね、その早期発見早期支援につながるような、この効果のあるような具体的な取り組みというのをされているのかどうかお伺いします。 ○議長(進藤健介君) 吉田保健福祉部長。          (保健福祉部長 吉田善道君登壇) ◎保健福祉部長吉田善道君) お答えをいたします。 

  • 1
  • 2