13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

みやき町議会 2019-06-05 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2日) 本文

先般、マスコミに取り上げられていました、20年で2割も人口増の北海道上川郡東川町の取り組み、この取り組みには構造改革特区の認定による充実させた就学前の教育、あるいは景観条例を制定し、景観を壊さずに自然と住居を一体化させる住環境、また、住んでいる人だけでなく、応援してくれる人も住人にすればいいとの発想からの応援人口の増加、さらには少子化対策として、短期滞在の日本語学習者を受け入れる公立日本語学校の開設

鳥栖市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日−03号

また、外国人の方への対応につきましては、日本語学校では、入学時のオリエンテーションや、必要に合わせて防災学習を行っておられ、それ以外の外国人の方については市のホームページにある外国人に向けた生活情報の中で、災害時の対応などについても多言語で掲載しているほか、日本語教室、鳥栖日本語広場とりんすで、地震台風などについて学習していただく機会を設けております。  

鳥栖市議会 2018-06-08 平成30年 6月 定例会-06月08日−02号

議員御指摘のとおり、外国人留学生の多くが自転車を利用しておりますことから、市内にある2つの日本語学校では、鳥栖警察署交通課に依頼いたしまして、4月、7月、10月の入学時期に合わせ、交通安全に関する講話や自転車の乗り方の実技指導などを実施しておられます。  また、日ごろから自転車マナーなどについても、繰り返し指導されているところでもございます。  

鳥栖市議会 2017-03-13 平成29年 3月 定例会-03月13日−05号

また、日本語学校との交流も出てきましたが、継続的な交流も必要だと考えておりますので、引き続き交流のほうをお願いいたしたいと思います。  外国との交流は、佐賀県などの要請があれば、各学校において交流を進めてまいりたいとのお考えのようです。  先月、福岡市内にあります駐福岡大韓民国領事館を訪問し、朴領事と話をしてきました。一番盛り上がったのは竹島問題なんですけどですね。

佐賀市議会 2016-12-07 平成28年11月定例会−12月07日-04号

そして、4階には昨年の4月から開校しております日本語学校が入居しているところです。  次に、バルーンミュージアム、ショップ、カフェの利用時間や利用状況についてお答えいたします。  まず、バルーンミュージアムですが、休館日は毎週月曜日の予定としておりましたが、年内は休館日を設けず開館する予定としております。

佐賀市議会 2016-03-14 平成28年 2月定例会−03月14日-09号

収入として見込んでおりますのは730万円の積算でございますが、有料展示エリアの観覧料として400万円、館内に設置を予定しておりますショップやカフェなどの行政財産目的使用料として150万円、駐車場やバルーンハーバーの施設使用料として40万円、4階の日本語学校の賃借料として130万円と積算をいたしております。

鳥栖市議会 2015-09-09 平成27年 9月 定例会-09月09日−03号

この訓練で注目したのは、日本語学校の生徒を参加させたところでした。避難所では日本語でけがの処置場所とかが書かれているのはもちろんですけど、このほかに英語中国語朝鮮語などの説明書きなどがあり、通訳スタッフも外国語ができますというコーナーに集まってもらって、ボランティアとして参加されておりました。こういった訓練は非常に大切なことだと思います。  

佐賀市議会 2015-06-29 平成27年 6月定例会−06月29日-08号

具体的には、市民の多文化共生に関する印象や認識等を調査する住民意識調査、それから、大学日本語学校等の留学生の現状等を調査する留学生実態調査、それから技能実習生や雇用企業の双方から問題点や要望を調査するヒアリング調査などの調査とともに、この調査結果をもとに、次年度以降の具体的な施策を検討していきたいというふうに考えております。  以上でございます。

鳥栖市議会 2014-06-10 平成26年 6月 定例会-06月10日−03号

県で上げられている項目を幾つか言いますと、女性と人権高齢者人権、同和問題、犯罪被害者人権、エイズ・ハンセン病人権、障害のある人と人権外国人人権子供人権ホームレスの人々と人権、北朝鮮人権侵害問題などがありますが、今回、外国人に対する人権侵害問題、鳥栖市内の日本語学校に通う留学生に対する人権侵害の事件がありました。

鳥栖市議会 2013-06-12 平成25年 6月 定例会-06月12日−03号

答弁の中にもありましたが、鳥栖市内、日本語学校があることもあって在日外国人の方が多数おられます。答弁のとおり、積極的に子供たちとの交流の場を持ってもらいたいと思います。そうすれば外国人に対する偏見もなくなるのではないかと思います。よろしくお願いいたします。  それでは、最後の質問に移ります。  質問は、教育委員の尖閣諸島領有の見解についてです。  

  • 1