5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀市議会 2013-03-12 平成25年 2月定例会−03月12日-08号

日本自殺者数は、平成10年に、前の年から一挙に8,000名余り増加して、年間3万名を超えて以来、平成23年まで連続14年、3万人を超えておりました。平成24年の速報値では、平成10年の急増以来、初めて3万人を下回ったものの、ことし、平成25年1月の自殺者数は前年同月と比べて145人、6.4%増となっており、確実に減少しているとは言いがたい状況にあります。  

鳥栖市議会 2007-06-13 平成19年 6月 定例会-06月13日−04号

それから、次に、これも大変最近問題になっておりますけれども、福祉行政の中だけではなくて、たまたまこの質問表を出した後に、きのう、おとといから日本自殺の具体的な話が記録的になっているということで、新聞紙上でもにぎわせています。本当に世界的にも豊かなこの経済大国の中で、交通事故の5倍もある3万2,155人という自殺者ですね。

佐賀市議会 2005-09-12 平成17年 9月定例会−09月12日-06号

昨年1年間の日本自殺者数である。交通事故死のおよそ4倍。子どもから大人まで、その人を必要とするかどうかという社会の“選別のメカニズム”が人を追いつめていく。そんな生きづらい社会をたった一人で背負い込み、「ごめん」と詫びながら一生を閉じていく人たちをこれ以上増やしてはいけない。7年連続で3万人を超えている自殺は、もう個人の問題ではなく社会全体の問題である。」

佐賀市議会 2004-09-16 平成16年 9月定例会-09月16日-06号

平成9年、日本自殺者の数が3万人を超えて以来、昨年度までに3万人を下回ることなく続いています。そして、その年齢以前は40歳代以上の人が多かったのですが、昨年は30代以下の人が増加してきているのが目立つのであります。せっかく人として生をいただいて充実した人生を全うしたいものでありますが、何とか防止対策をとれないかと願うものがほとんどの市民であると思います。  

  • 1