104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

唐津市議会 2020-12-08 12月08日-03号

環境省が公表している温泉利用状況によりますと、佐賀県の源泉の数、温泉を利用している公共浴場数温泉利用の宿泊施設など、どれをとりましても、沖縄を除く九州管内で最も少ない状況となっております。 見方を変えれば、市民にとっては身近で温泉に触れる機会を提供して、福祉の増進につながっていると考えております。 

多久市議会 2020-06-19 06月19日-04号

次に入りますけど、今現在、多久市に見合った施設を削減するとなるとどれくらいになるか、また、どれぐらいがベターな数字になるのかなということは分かりますか。 ○議長山本茂雄君)  総合政策課長。 ◎総合政策課長田代信一君)  その規模というのがどういうふうなものを基準にした規模なのかというのもございます。

唐津市議会 2020-03-11 03月11日-04号

過去5年間の推移でございますが、整備した施設補助金額を申しますと、平成27年度、1施設決算額が7,888万円、平成28年度、2施設決算額が1億5,321万8,000円、平成29年度はございませんでした。平成30年度が8施設決算額が8億5,302万5,000円、令和元年度、6施設決算見込み額でございますが、5億3,311万3,000円でございます。 以上でございます。

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

今井剛 子育て支援部長   現在、本市にございます児童発達支援事業所施設については19施設でございます。  ただし、この中には医療的ケア児を受け入れていない事業所も含んでおり、また、先ほど議員がおっしゃいました佐賀市が運営しておりますクラスルームといろも含めた施設でございます。 ◆御厨洋行 議員   では、次の質問です。医療的ケア児市内保育施設での受け入れ状況についてお示しください。

唐津市議会 2019-09-13 09月13日-06号

思った以上に多くの施設に驚いているところでございます。 では、次に、その施設の中で、今すぐにでも売却できる施設、これはどれぐらいあるのかお示しをいただきたいと思います。 ○議長田中秀和君) 脇山政策部長。          (政策部長 脇山秀明君登壇) ◎政策部長脇山秀明君) 再質問にお答えいたします。 

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

例えば、保健センター機能を有する施設の数、コミュニティ拠点施設の数、それから、文化施設の数などの施設やその規模は、全て当該自治体人口規模に見合った整備となっていると認識しております。急激に人口減少が進みますと、人口規模に見合わない社会インフラ施設を保有していかなくてはならなくなるということにもなります。

伊万里市議会 2019-09-12 09月12日-06号

原子力災害時の避難先施設考え方については、本年3月議会の折に議員からの御質問総務部長が回答しておりますように、本年2月に避難先見直しを行った際の考え方の中で、土砂災害警戒区域など、これは浸水想定区域も含まれ、そういったものを可能な限り排除しておりますが、利用可能な施設に限りがあることから、現状の数字では3月末の施設は175カ所、そのうち土砂災害警戒区域に立地している施設が54カ所あるというふうに

唐津市議会 2019-09-09 09月09日-02号

まず、児童福祉事業でございますが、児童福祉事業国庫負担金等につきましては、どの事業についても返還金が少額になるように見込んでおりますが、例えば、一番多額の返還金が生じております教育・保育施設給付費においては、年度途中の入退所や転入転出などあり、また施設も多く、どうしても利用児童数見込みが難しいところであります。 

唐津市議会 2019-03-14 03月14日-06号

したがいまして、全くハザードがない施設だけを避難場所とすることは、必要な施設を確保できないというふうに考えております。 また、お住いの地区から遠ざかったりしていて、実用面からも今現在では現実的ではないというふうに認識しているところでございます。こういった理由から、広域避難先見直しについては現在、予定はいたしておりません。 以上でございます。

伊万里市議会 2019-03-11 03月11日-04号

政策経営部長山邉賢一)  本市の特区の成果ということでございますが、認定を受けた平成15年度からの累計で見ますと、先ほど申しましたように、外国人研究者優先処理人数延べ77名、また、発電実験を行う際の法定検査を不要とした施設は486件、この法定検査手続不要化によるコスト削減額は2億440万円となっているなど、数字の上でも効果的に着実に実績を残しております。 

伊万里市議会 2018-12-13 12月13日-06号

いずれの方法施設延べ床面積を削減し、できるだけ費用をかけないという方向性に変わりはありませんが、基本的な市民サービスの質を維持できるよう、あらゆる可能性を考えながら、地域皆様と検討してまいりたいと考えておりまして、皆様の御協力もいただきながら、伊万里市の将来世代のことも考えるなど、長期的視野を持った公共施設整備運営に取り組んでまいりたいと考えており、繰り返しになりますが、地域ごと利用状況

佐賀市議会 2018-12-11 平成30年11月定例会−12月11日-06号

これらのことから、施設利用状況やニーズを踏まえ、適切な施設規模を検討した上で、施設の集約、統合及び廃止を進めていく必要があるかと考えておるところでございます。  以上でございます。 ◆川崎直幸 議員   市長に最後にお聞きしたいと思います。  ここまで過去5年間の状況と今後の見通しについてやりとりをさせていただきました。

唐津市議会 2018-10-04 10月04日-10号

事業運営方法につきましては、市町村合併前からの流れや管理施設の大小などからの理由で旧唐津市内と旧郡部では異なっておりまして、旧唐津市内にあっては21の小中学校、37の体育施設管理運営唐津地区体育協会に委託をしております。一方、旧郡部にあっては、23の小中学校の50の体育施設を各市民センター産業課において、直接管理をいたしております。 

多久市議会 2018-09-13 09月13日-03号

総合政策課長田代信一君)  市長の答弁にもございましたとおり、公共施設等総合管理計画につきましては、平成28年度に策定しており、その内容は27年度時点での所有している公共施設施設をもとにしております。対象範囲といたしましては、庁舎、校舎、公民館、体育館を初め、市営住宅、それから、消防団車庫など、市の所有建物の総数102施設となっております。