運営者 Bitlet 姉妹サービス
15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-12-05 佐賀市議会 平成29年11月定例会−12月05日-04号 秀島市長の今年度の2月議会での施政方針演説の中では「“佐賀の誇り”の発信」というものが掲げられておりました。やはりこれを契機に、佐賀市の皆様にもこの佐賀の歴史、偉業、偉人に誇りを持ってもらうことが必要だと思いますけれども、そのための取り組みについてお示しいただきたいと思います。 ◎古賀臣介 企画調整部長   市民の皆さんに郷土のすばらしさを知っていただくというのは大変重要なことだと考えております。 もっと読む
2015-03-05 多久市議会 平成27年 3月 定例会-03月05日−02号 例えば、総理大臣の施政方針演説でこの重要性を言ってほしいし、厚生労働大臣の記者会見では何遍かに一遍は言ってくださいということを申し上げているんですけど、その意識をお互いが持って健康を高め、若干でも医療費の抑制をしながらやっていくことが重要かなということを申し上げております。   もっと読む
2013-06-13 多久市議会 平成25年 6月 定例会-06月13日−03号 先般も総理官邸で開かれた国民会議に発言者として意見を求められて行きましたけれども、でき得るならば、総理大臣の施政方針演説の中に皆さん一緒になってがんをやっつけましょうよというふうなことを表明していただくとか、このようないろんな要望方法もあるよと、治療もあるよと、受診をしましょうということを勧奨していただいて受診率を高め、早期発見、早期治療をぜひしていくべきだと思っています。   もっと読む
2013-03-14 唐津市議会 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月14日−06号 安倍総理大臣が施政方針演説の中で述べられましたが、国民が健康でかつ長寿社会の建設を目指すということの中で言われております。私は、一昨年の6月議会で一般質問の中で質問しましたが、市民の健康づくりについてでございます。健康に勝る富はなしと言われるくらい人間にとって健康ほど大切なものはございません。平成24年度に国民健康保険税の増税が行われました。 もっと読む
2009-03-11 唐津市議会 平成21年  3月 定例会(第3回)-03月11日−04号 施政方針演説では、決定的に重要な3つキーワードということで、環境、医療、教育ということを強調されておりまして、500万人の新しい雇用を創出されるという政策を発表されております。 もっと読む
2007-03-08 多久市議会 平成19年 3月 定例会-03月08日−03号 また、事業的な重点なことについては、やや補足を含めたり、あるいはこのような一般質問等で回答させていただいておりますし、また、期が改まるごとに当初の施政方針演説に当たる演告では主要な政策方向性については述べているつもりでございます。   もっと読む
2006-03-09 佐賀市議会 平成18年 3月定例会−03月09日-04号 まず第1点目でありますが、行政改革の認識とその考え方についての御質問ですが、まず、水道局の行政改革につきましては、市長の公約及び12月議会で表明されました施政方針演説を基本に改革を進めてまいりたいというふうに考えております。   もっと読む
2004-12-10 多久市議会 平成16年12月 定例会-12月10日−03号 我々が各ブロック協力をして要望をし、総理にも歴代で初めて施政方針演説にその重要性を披瀝をいただきました。そういったこともありまして、平成16年度予算予算は前年度の 1.7倍ぐらいの予算を確保して、我々もこの多久市でも事業を推進することができています。そういったことはぜひ御理解をいただきたいというふうに感じるところでざいます。   もっと読む
2001-03-09 佐賀市議会 平成13年 3月定例会−03月09日-04号 現在開かれております第 151回通常国会で、森首相が施政方針演説の中で、アジア・太平洋諸国との強い信頼、友好関係を一層強固なものにすることが述べられた後に、唐突に有事法制整備の検討を開始すると、従来より一歩踏み込んだ表現で法制化に向けた作業に着手する意向を表明しました。言うまでもなく、有事とは戦争を意味します。 もっと読む
2001-03-08 佐賀市議会 平成13年 3月定例会−03月08日-03号 実は、平成11年6月の施政方針演説の中にも、公募型の技術開発ができないかということも入れておりまして、いろいろ検討をしたわけでございますが、現在、佐賀県の産業技術支援センターの方で公募型の予算を−−技術開発を全国広く行われておりまして、それと別のものを独自の財源でやるのも、現在のところやるべきかどうかということをいろいろ考えましたところ、やはり産業技術支援センターでそちらの方はやっていただいて、市としてはやはり もっと読む
2000-12-07 佐賀市議会 平成12年12月定例会−12月07日-03号 財政難ということはありますが、これまで1年10カ月の間に起こったこと、やってきたものは、昨年6月の施政方針演説の中で大体織り込んでいたものが多うございまして、こう言ったら不謹慎と言われるかもしれませんが、毎日楽しくといいましょうか、充実した仕事をさせていただいております。   もっと読む
2000-06-06 佐賀市議会 平成12年 6月定例会−06月06日-02号 木下市長は本年3月の施政方針演説の中でCS活動やQC活動などの民間活力を取り入れていくと言われていましたが、行政をサービス産業と定義づければ、その導入はごく当然の成り行きだと思っています。私も昨年の9月議会で質問して一定の回答をいただきましたが、その後の進捗状況がいま一つ見えてきません。 もっと読む
2000-03-09 佐賀市議会 平成12年 3月定例会−03月09日-04号 一つは、これから佐賀のまちをどうしていきたいのかということですが、今回の施政方針演説よりは昨年の6月に今後の4年間についての方向を申し上げました施政方針演説の方に私の考え方は詳しく述べたつもりでおります。 もっと読む
1999-06-29 佐賀市議会 平成11年 6月定例会-06月29日-05号 私は市長選のときから公約として言ってまいりましたことは今も何ら変わっておりませんでして、その思いは、今考えておることは、今回の施政方針演説の説明の中で申し上げたこと、これがすべてでございます。 もっと読む
1999-06-28 佐賀市議会 平成11年 6月定例会−06月28日-04号 どういった計画の中身、目玉にするかということでも大分迷うところもございますが、まだスタートラインに立ったばかりで、まだ何とも言えないというのが正直なところでございますが、施政方針演説の中にも述べました、少子・高齢化などの福祉対策やごみ問題を含めた環境対策、そういったものに重点を置いたものになるのかもしれないなと思っております。   もっと読む
  • 1