1611件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

次に、同議案中、歳出8款5項2目景観形成費の徴古館を活かしたまちづくり推進事業98万円について、執行部より、まちづくりに関する基本協定書に基づき、鍋島報效会と佐賀市が相互に連携・協力しながら、松原公園整備を初め、鍋島報效会が所有する歴史的資産や文化的資産等を生かしたまちづくりを円滑に推進することを目的に、徴古館で実施する企画展やイベントなどを委託しているとの説明がありました。  

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

                     │ │    │   │       │ (1) 義務教育の意義について                 │ │    │   │       │ (2) 担任制の法的根拠について                │ │    │   │       │ (3) 宿題の法的根拠について                 │ │    │   │       │3.佐賀県総合体育館と市文化会館

佐賀市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会−09月24日-08号

8月に会派の視察で秋田市へ行き、「芸術文化によるまちおこし」について学んできました。秋田市は新しい人の流れをつくるために、中心市街地に蓄積されてきた歴史文化を生かして、市民が活動しやすい環境を整え、暮らしの中に豊かさを感じられる場をつくり上げながら、中心市街地の活性化に取り組んでおられることに非常に関心を持ちました。  

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

干潟隆雄 建設部長   埋設に当たって、その後、文化振興課と、埋設する前、その後について確認しておりますけれども、指定文化財ではなかったということで、文化振興課とはその後の協議は行っておりません。  それと、埋設後には、その上のほうに岡崎藤吉氏の記念碑があったといったものを置くといったことも考えていたところでございますけれども、それにもやはりまた費用がかかると。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

この日本スポーツ協会は、昨年の平成30年4月に、社会や時代の要請から文化としてのスポーツを次世代に引き継いでいくことが使命になると、こういった認識から、日本体育協会から日本スポーツ協会に名称を変更されております。また、東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年から、国民の祝日である体育の日、これはスポーツの日に改名されます。  

佐賀市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-03号

ほかの保護者は第2合同庁舎駐車場から2.5キロぐらい歩いて文化会館まで行かれました。私は今回の質問、この後に出てきますが、バスセンターのこともあったので、バスセンターから文化会館までバスで行ってまいりました。  会場に着いて、昼ちょっと前でしたが、文化会館を見てみると、駐車場はがらあきです。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

そして、議員から紹介がありましたように、今月28日、29日にはいよいよホームゲームの開幕戦が諸富文化体育館ハートフルで行われます。開幕戦を白星スタートとなるよう、多くの市民の力を結集し、佐賀バルーナーズを応援していきたいと思っております。どうかよろしくお願いいたします。  以上でございます。

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

例えば、保健センター機能を有する施設の数、コミュニティ拠点の施設の数、それから、文化施設の数などの施設数やその規模は、全て当該自治体人口規模に見合った整備となっていると認識しております。急激に人口減少が進みますと、人口規模に見合わない社会インフラ施設を保有していかなくてはならなくなるということにもなります。

みやき町議会 2019-09-11 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日) 本文

1の地域おこし協力隊の活動と成果について、地方の持つ歴史遺産文化継承など、都会にはない生活の営みを通じてさまざまなニーズに支援したり、新たな着想に基づく地域の再発見を試み取り組んでいる協力隊の皆さんたちがいらっしゃいますが、佐賀県には6市5町に約28名がさまざまな業種で活躍されており、本町には11人が着任されております。

佐賀市議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会−07月02日-10号

毎日フルタイムで働いても月11万円から13万円の手取りにしかならず、これでは憲法第25条が保障する健康文化的な最低限度の生活はできません。しかも、時間額で223円まで広がった地域格差東京都と比較すると年収で約45万円の差が生まれています。これらのことが労働力の地方からの流出を招き、人手不足を深刻化させています。  

佐賀市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-09号

その後、「しかしながら、九州新幹線福岡市長崎市間)は、21世紀に向けて定住を基礎とした交流がますます活発化していくなかで、沿線各都市九州本州の各都市を高速で直結することにより、本県の産業経済活動の促進、文化交流の活発化、生活圏の拡大、観光の振興等に多大の効果をもたらすとともに、国土の均衡ある発展に不可欠な高速交通基盤であると考えられる。」

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

議員からも御紹介ございましたけれども、他都市の例を見ますと、その地域の伝統文化、それから、代表的な建築物などをデザインしたもの、それから特産物を素材としたメダルが配付されているようでございます。もし完走メダルを導入する場合には、ランナーの皆さんに喜んでいただける佐賀の特色を生かしたメダルを配付できるよう主催団体で検討したいというふうに思っております。

佐賀市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-06号

「すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」、「国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と。  先日、私のところに、給料日に給与12万9,308円が振り込まれた預金口座から全額を差し押さえられた、余りにもひどいではありませんかとの訴えがありました。

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

平成28年10月、佐賀市で7つ目となる国史跡に指定された東名遺跡は、約8,000年前の縄文早期における国内最古の湿地性貝塚で、当時の食生活や文化水準の高さを示す貴重な遺跡であります。  現在は保存活用計画と整備基本計画の策定委員会での活発な議論をもとに方向性が示されようとしております。  佐賀市以外に目を向けてみますと、縄文文化に対する一種ブームと呼べるような動きも見受けられます。

鳥栖市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会-03月22日−05号

議員御承知のとおり、鳥栖市教育大綱は平成26年6月に、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部が改正されまして、この改正を機に、同法第1条の3の規定に基づきまして、鳥栖市の教育学術及び文化の振興に関する施策について、その目標や施策の根本となる方針を定めたものでございます。