92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

佐賀県大和特別支援学校教育目標として「たくましく自立し、積極的に社会参加する人間育成」とされ、この目標を達成するためには、子どもが、きょうの学び学校生活に満足し、あすの学校学校生活を期待することができる学校をつくっていく必要があると学校経営ビジョンでもうたわれております。

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

学校教育目標というものを4月当初に学校長から示されます。そこでは明確な経営方針を示し、教職員を適材適所に配置して、チーム学校として個々の意識を高揚させていくような重大な責務を求めておりますし、チーム学校として各校それぞれの特色を生かした運営を進めていくように校長には指導を続けております。  以上です。 ○議長(山本茂雄君)  田渕厚君。

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

したがいまして、各学校教育目標や、あるいは目指す子ども像、こういうものを保護者地域と十分に共有していかなければならない。そして、地域の人的財産、物的財産、こういうものの協力を得ながら学校教育活動を図っていくことが大切であるというふうに思っております。  2点目ですが、これは学びの質を高めていくものです。

みやき町議会 2016-12-12 2016-12-12 平成28年第4回定例会(第4日) 本文

取り組みに当たっては、各学校教育目標や課題解決に合わせ、学校長の裁量により実施されることにより教育効果があるものと考えております。  町におきましても、JFAこころのプロジェクト「夢の教室」や交流試聴会の中でも、芸術文化講演など情操教育の一環となる取り組みを実施しているところでございます。  

多久市議会 2016-06-27 平成28年 6月 定例会-06月27日−04号

そして、先生方に求める教育は、多久市教育目標である恕の心と生き残る力を兼ね備えた未来を担う多久市民の育成を目指し、教育実践に励んでもらうことです。  加えて、きちんとしかる、きちんと褒めることができるプロとしての研ぎ澄まされた感性を求めたいと思っています。  また、危機管理意識や少し先を見越した意識の変革を求め指導したいと思っています。  以上です。 ○議長(山本茂雄君)  市長。

唐津市議会 2015-12-10 平成 27年12月 定例会(第7回)-12月10日−04号

対象が全国の小学校であること、また金がかからない無料であること、そして久里小学校学校教育目標であります豊かな心を培い、夢の実現に向かって生き生きと活動する子供育成に見事に合致したプログラムであると考えまして開催を希望いたしましたところ見事に当選したものであります。  以上です。 ○議長(田中秀和君) 伊藤泰彦議員

多久市議会 2015-09-07 平成27年 9月 定例会-09月07日−03号

次に、2項目めの学校教育学力向上対策でありますが、学校教育におきましては、知徳体の調和のとれた児童・生徒の育成が求められており、本市におきましては恕の心と生き抜く力を兼ね備えた未来を担う多久市民の育成教育目標に掲げ、具体的にさまざまな方策や手だてを講じながら児童・生徒の学力向上に努めております。  学力向上を達成するための最大の力は、教師の毎日の授業実践であります。

唐津市議会 2014-12-15 平成26年 12月 定例会(第5回)-12月15日−05号

新しい教育基本法が示す教育目標は、豊かな情操や道徳心、公共精神、伝統と文化の尊重、愛国心などの育成が掲げられました。今現在の学校教育の中で見ておりますと、義務権利の関係で権利ばかりを主張して義務を果たさないというような、これは社会の風潮でもありますが、現在の学校の状況の中で大塚教育長の考え方を伺いたいと思います。 ○議長熊本大成君) 大塚教育長。           

鳥栖市議会 2014-12-10 平成26年12月 定例会-12月10日−04号

部活動の顧問は、学校教育目標に基づいて部活動の方針を定め、年間活動計画を立てます。そして、部活動の基本姿勢を明らかにした上で作成した年間計画を生徒や保護者等に周知するとともに、部活動運営、設備や用具等の管理に必要な予算を作成いたします。  部費につきましては、平成18年に佐賀県教育委員会から部活動に係る経費等の取り扱いについてという通知が出され、それに基づいた運用がなされております。  

鳥栖市議会 2013-12-16 平成25年12月 定例会-12月16日−07号

1つ目の質問でございますが、特別支援教育の鳥栖市の教育委員会における理念と年次教育目標についてお尋ねいたします。  私はお話をお聞きし、実際の教育現場を拝見させていただきました。その中で、特別支援学級授業には、教科によって普通学級授業を受けることを知りました。児童の状況によって、普通学級で勉強する児童とそうでない児童がいました。

多久市議会 2013-10-03 平成25年 9月 定例会-10月03日−02号

私も、公徳心はもちろんのことですけれども、道徳教育が大事だと思います。  そこでお尋ねですが、市では平成23年度、教育目標に定めた豊かな心を育む道徳教育の推進とありますが、道徳教育の時間は週何時間ぐらいやられているのかお尋ねしたいと思いますけれども。 ○議長(山本茂雄君)  学校教育課長。 ◎学校教育課長(峰茂樹君)  道徳の時間は週1時間であります。

多久市議会 2013-06-13 平成25年 6月 定例会-06月13日−03号

9年間の教育プログラムについてのお尋ねですが、多久市学校教育目標は、「『恕の心』と『生き残る力』を兼ね備えた未来を担う『多久市民』の育成」というふうに、この数年来掲げております。具体的には、豊かな心を持って確かな学力を身につけて、そして、これからの時代をたくましく生き残る子どもたちの育成にあります。キーワードは「豊かな心」、「確かな学力」、そして、「たくましく生き残る」ということであります。  

多久市議会 2013-06-12 平成25年 6月 定例会-06月12日−02号

4月開校に向けて、学校教育目標、あるいは教育課程、各種の設備や備品関係等について数年前から準備を進め、各中学校区内の協議はもちろんのこと、各種部会を立ち上げて、市全体としての取り組みを進めてきました。また、校長、副校長教頭主幹教諭指導教諭、あるいは特別配置の教職員等、職員の配置にも力を入れてまいりました。

多久市議会 2013-03-06 平成25年 3月 定例会-03月06日−02号

また、教育目標学校ごとに違う理由についてお尋ねいたします。  以上、1回目の質問を終わります。 ○議長(山本茂雄君)  市長。 ◎市長(横尾俊彦君) (登壇)  野北議員の御質問に回答していきます。  まず、最初に固定資産税の特例措置ということについてのお尋ねでありました。  まず、最初に特例措置の概要を少し詳しく説明させていただきたいと思います。  

鳥栖市議会 2012-09-11 平成24年 9月 定例会-09月11日−03号

鳥栖市教育委員会では、「鳥栖市の教育」におきまして、鳥栖市の目指す子供像に「急速な社会の変化の中で、創造的で活力に満ち、21世紀をたくましく生きる子供」として、教育目標を示しております。その中で、平成25年度からの完全実施を目指しております、小中一貫教育を推進しているところでございます。