407件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

◎東島正明 教育長   おっしゃるとおり、未配置の学校につきましては、児童・生徒の教育活動に影響がないようにと、これは最低限守らなければいけないことでございますので、これを学校運営の工夫でもってカバーしていただいております。  しかしながら、その分、正規の教職員の負担が増すということになっております。

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

一昔前までは、やはり学校はどこも同じようなことをやっておって、いわゆる金太郎あめ的な学校教育活動でした。しかし、今は、それぞれの学校の特性を生かした学校運営になってきているというふうに私は捉えておりますので、これは校長権限の範囲で存分にやっていただきたいというふうに思うところでございます。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

これを学習指導要領中学校指導要領によりまして各学校では教科等、あるいは学校教育活動全体を通して育んでいるというふうに考えているところでございます。  以上でございます。 ◎干潟隆雄 建設部長   私のほうからは、川を愛する週間の由来と河川清掃参加者の推移及び効果についてお答えいたします。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

したがいまして、学校におきましても、体験を重視した教育活動を行ってまいりますけれども、家庭地域におきましても、生活体験や自然体験、社会体験など、幅広い体験を多くの人とかかわりながら学んでいく、あるいは経験していく機会が必要だというふうに感じているところでございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

ただ、私どもは少なくとも子ども同士の人間関係というのは、望ましい人間関係の構築という観点から、これは全教育活動を通して当然行っておりますし、生徒指導の観点からも学校教育の中で指導すべき中身だというふうに思っております。  広く人権教育ということを捉えましたときに、佐賀市内の53の全小・中学校では共通の実践項目を設けて取り組みをしているところです。

多久市議会 2019-03-19 平成31年 3月 定例会-03月19日−04号

◆11番(田渕厚君)  多久の場合、同じ施設、同じ敷地内で9年間一貫した教育活動効果的に実施しているわけですが、児童・生徒が9年間同じ施設学習、生活することによって、児童・生徒の発達段階に応じた計画的な指導を行えるとありますけど、その具体的な活動は今何をされていますか。 ○議長(山本茂雄君)  学校教育課長

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

そして、地域の人的財産、物的財産、こういうものの協力を得ながら学校教育活動を図っていくことが大切であるというふうに思っております。  2点目ですが、これは学びの質を高めていくものです。先ほどの応用力の問題もこれに絡んでくるわけでございますが、主体的、対話的で深い学び、アクティブラーニングの視点からの授業改善でございます。

佐賀市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-07号

佐賀市北部の中山間地域の小・中学校では児童・生徒が減少してきており、教育活動への影響を危惧する声や集落の中で子どもの声が聞かれなくなり、寂しさを訴え地域もふえてきております。市として、さまざまな移住施策を実施されていますが、やはり中山間地域の活性化を促進するには、子どもを含めた子育て世代を転入させることが効果的と考えます。  

多久市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会-03月06日−02号

3点目、部活動は学校教育活動の一環であり、技術的な指導だけではいけないと思います。教育的意義や安全の確保、事故発生時の対応、生徒の人格を傷つける言動や行動を起こさないための服務指導などの研修がこれは絶対に必要だと思います。これを、ドローン隊と一緒なんですけど、いつ、どこで、どのような期間でやってもらうのかということと、それが終わった後での運用開始になるのかというのをもう一回お聞きします。  

佐賀市議会 2018-12-13 平成30年11月定例会−12月13日-08号

この問題は、今議会でも山田誠一郎議員体育館へのエアコン設置について質問され、答弁としては、財政的な負担が大きいこと、現状として学校教育活動に大きな支障は出ていないことなどから、現段階では体育館へのエアコン設置は考えていないとのことでありました。  しかし、小・中学校災害時において2次避難所として指定されている状況もあります。

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

体育授業や全校集会、部活動などの教育活動の際には、熱中症計を活用し、体育館内の状況を確認した上で熱中症などへの適切な対応をとりながら利用しているところでございます。  現状では、このように児童・生徒の健康に配慮しながら運用を行っておりますので、現時点では体育館へのエアコンの設置については考えておりません。  以上でございます。

佐賀市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例会−09月26日-09号

それは、部活動が教育活動の一環であるということから、部活動の位置づけと教育的意義や生徒の発達段階に応じた指導のあり方、それから、生徒の人格を傷つける言動や体罰禁止、こういうことを十分理解して指導に当たっていただくというためのものでございます。  さらには、スポーツ庁が示しました「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に沿った指導をしなければならないというふうになっております。  

多久市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−03号

学校施設におきましては、管理施設教育活動を再開するために必要な場所を除いて避難所として使用することになりますので、通常は体育館を避難所として使用することになるかと思っております。災害の規模とか避難者数、それと高齢者とか乳幼児、傷病者などの要配慮者の状況などによりましては、学校と協議して特別教室等を今回のように使用する場合もあるかというふうに考えております。  

みやき町議会 2018-09-13 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日) 本文

また、競技や演奏が上手であることが重要な価値となってしまっては、全人的な教育活動が阻害されます。保護者地域においても部活動本来の目的の周知を図る必要があるようでございます。つまり、レギュラー選手でなくても補欠やマネジャー、応援を含め、チームの人員が協同する。互いを認め高め合うという良好な人間関係の構築を図ることが必要となります。  4つ目が、働き方改革の視点による過重労働でございます。