73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-12-13 令和 元年11月定例会−12月13日-09号

教育内容がふえ過ぎています。次々とふえてきて、今、小学生の下校時刻等を見てみますと、かなり遅く帰っているんですよ。  かつてはそういうことじゃなかったと思いますけど、今は5時近くになって帰っています。ということは、それだけ授業小学校でも詰まってきている。だから、水曜日5時間授業で、あとは6時間というのが高学年なんかは当たり前になっています。低学年もふえてきていると思います。

佐賀市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会−12月05日-03号

その中で、特に教育内容にかかわるものをちょっと申し上げてみましたら、1つは、学校組織編制、あるいは教育課程の組み方、学習指導、生徒指導職業指導に関すること、それから、教科書その他の教材の取り扱いに関すること、それから、職員の研修に関すること、そして、職員児童・生徒、幼児の保健安全に関すること、学校環境衛生に関すること、学校給食に関することというふうになっておりますので、私どもはこれらの観点

佐賀市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会−06月18日-04号

現状の課題として、普通教室の不足から、やむを得ず、2クラスが1つの教室に入るケースなどが出てきて過密化が進んでいる、ゆとりある学習環境が求められているとか、自閉症児の在籍がふえたことにより、個々に応じた教材準備が必要となってきている、あるいは、進路に対するタイムリーで適切な情報提供を保護者に対して行うことを求められている、また、障がいの種別の多様化によって、複数障がいの児童もおりますので、指導法や教育内容

佐賀市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会−03月12日-09号

したがいまして、この目標は学校社会共有して、それぞれの学校において必要な教育内容をどのように学び、どのような資質、能力を身につけられるようにするか、これを明確にしながら、社会と連携、協働して実現を図っていこうとするものです。  したがいまして、各学校教育目標や、あるいは目指す子ども像、こういうものを保護者地域と十分に共有していかなければならない。

佐賀市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会−06月20日-07号

そこでの結論は、教育内容が変わって教科書が重くなったから腰痛になっているみたいな感じで短絡的に決めつけたような報道があったんですけれども、それも要因としてあるのかもしれませんけれども、この偏平足というのが大きな要因ではないかなというふうに考えまして質問させていただくことにいたしました。  この偏平足に関して、学校現場のほうでは偏平足かどうかとかという、そういう調査はされていますでしょうか。

佐賀市議会 2017-12-11 平成29年11月定例会−12月11日-08号

そして、その中で子どもたちはやはり自分の五感を通して、体を通して学んでいくことが大切だろうというふうに思っておりますので、教育課程にある教育内容、これをやはり体験を通しながら学んでいくことが大変重要であろうというふうに思っています。そのことが、次に生きる力になって出てくるというふうに私は考えておるところでございます。

佐賀市議会 2017-03-06 平成29年 2月定例会−03月06日-03号

1月ということになると、新たに教育内容を追加した形で時数を加えているということで、追加の形をとっているというのが1つです。  そして、時期的には風邪、インフルエンザがはやっている時期で、非常に危うい状況の中にあったと。またしかも、3年生が高校入試を控えていたと、こういうことも課題なのかなと。  それから2点目は、地方自治学習というのは、どうしても中学校、同じ時期に終わります。

佐賀市議会 2015-06-26 平成27年 6月定例会−06月26日-07号

特に、就学前と小学校小学校中学校の接続を大切にし、教育内容に一貫性を持った義務教育の取組で教育の質を高めたいと考えます。」とあります。  その中で、幼保における特別支援体制の充実として「特別な支援を必要とする乳幼児の保育者に対し、特別支援教育巡回相談員による、乳幼児一人一人に応じた特別支援教育保育)のあり方などを助言します。

佐賀市議会 2015-06-24 平成27年 6月定例会−06月24日-05号

したがいまして、教師間で情報共有して、子どもたちへの指導、あるいは教育内容への配慮、そして、さらには水分補給や休息、激しい運動の中止と対策を講じる必要があると考えております。  3点目には、やはり学校全体で日常的に定期的な水分補給を行う給水タイムの保障が必要です。これは特に低学年ほど小まめにする必要がございますので、この件についても配慮が必要と思っています。  

佐賀市議会 2014-12-04 平成26年11月定例会−12月04日-03号

特に、教育分野での学校給食に関する業務につきましては、例えば、学校給食の搬送ですとか食器の洗浄などには56名の日日雇用のパートの職員がいたりしますし、また同じように、学校図書に関する業務、またさらには教育内容を充実するために、特別支援教育の支援や指導に関する業務に嘱託職員や日日雇用職員雇用が多くなっているのが現状でございます。  

佐賀市議会 2014-06-16 平成26年 6月定例会−06月16日-05号

2つ目、テストが教育内容を規定することになっていく危険性があります。すなわちテストに出た分野、領域に重点を置いた授業が強化され、他の部分がおろそかになるのです。  3つ目、教育政策を評価し、見直すことを目的とすべきです。教育施策を検証し、子どもたちにとって最善の施策をとるべきですが、それが極めて不十分です。  4つ目、100%実施、悉皆調査となってくると、競争の激化、序列化を防ぐことはできません。

みやき町議会 2014-06-13 2014-06-13 平成26年第2回定例会(第4日) 本文

そのために、先ほど1回目でも申し上げましたように定住対策等に取り組んでおりますので、子育て支援事業の中で教育施設、あるいは教育内容の充実、また、学校教育に課せられた課題等について教育委員会として真摯に取り組んでいきながら、魅力のある学校環境、あるいは教育内容の展開等に努めてまいり、一人でも多くの子育て世代本町に住んでよかったと言っていただけるように努力している所存でございます。  

みやき町議会 2012-12-13 2012-12-13 平成24年第4回定例会(第4日) 本文

今後の目標としては、平成24年度の教育基本方針にある教育活動を支える環境の整備の中でも示しておりますとおり、児童・生徒が一日の多くを過ごす生活の場として、また、個性や創造性を伸ばす学習の場として、安全・安心な学習環境の整備を図るとともに、教育内容の高度化や指導方法の多様化など、時代のニーズに応じた施設設備の整備、充実に取り組んでいくこととしております。  

佐賀市議会 2012-06-13 平成24年 6月定例会−06月13日-05号

先生方の仕事は大変だ、大変だということをよく伺うわけですけども、確かにですね、近年の教育内容の多忙化、多様化、そして学校に対するいろんなやっぱり要望、こういったものが増加しているということはですね、学校現場の多忙化の実態というものは、私もよく理解はしているつもりではいるんですけども、ただですね、今の世の中で、大変でない仕事といったものは、はっきり言ってないんですよね。

佐賀市議会 2012-06-12 平成24年 6月定例会-06月12日-04号

3つに、テストが教育内容を規定することになっていく危険性があります。4つ目、競争の激化、序列化を防ぐことができません。全国順位ランキングのみがひとり歩きし、また地域間比較も相まって、地教委の得点平均や各学校の得点状況だけに目が行ってしまう危険性が大であります。特に参加希望校を含めて100%実施となってくると、その傾向はさらに大きくなってくると思われます。

佐賀市議会 2012-03-27 平成24年 3月定例会−03月27日-10号

第1号議案 平成24年度佐賀市一般会計予算中、歳出10款1項3目学校教育指導研究費、13節学校業務改善検証委託料1,012万1,000円について、執行部より、近年の教育内容の多様化、学校に対する要望の増加、あるいは個に応じた教育の必要性などにより、教職員は複雑で多様化した学校業務に対応しているところであるが、もっと子どもたちとじっくり向き合う時間を確保し、もっと心が通い合う教育活動を推進する必要があるとの