1809件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-10号

次に、同議案中、歳出2款1項9目企画費のうち、成長可能性都市分析事業1,944万円について、委員より、本市の強み、弱み、特徴を整理した上で、総合計画や総合戦略に掲げる目標を実現させるための今後の政策、方向性の検討を行ったとのことだが、分析を行った結果、具体的にどのような結論が出たのかとの質問があり、執行部より、野村総合研究所の成長可能性都市ランキングにおける131の指標について、100都市のランキング

佐賀市議会 2019-10-04 令和 元年 9月定例会−10月04日-付録

                │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │  3 │宮 崎   健│1.第48回佐賀城下栄の国まつりについて             │ │    │   │       │  今年の反省点について                   │ │    │   │       │2.本市におけるSDGs政策

佐賀市議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会−09月25日-09号

大もとは何かというと、私はインクルーシブの教育の推進だとか、あるいは少人数学級の促進など国の政策財政的裏づけが、これは弱かったのじゃないかなというふうに思っているわけです。  そこで次に、教職員の定数改善が進まない理由と今後の取り組みについてお伺いしたいんですが、現状に対する基本的認識についてお伺いいたします。

佐賀市議会 2019-09-20 令和 元年 9月定例会−09月20日-07号

医療的ケア児につきましては年々増加しており、特に医学の進歩に伴いまして、国内の医療的ケア児の数は平成17年当時の約1万人から、厚生労働科学研究補助金障害者政策総合研究事業における平成29年度の推計では約1万8,000人となっており、この12年間で約8,000人、およそ8割増加いたしております。医療的ケア児の数の増加に伴いまして、在宅で過ごす子どもたちの数も増加しております。  

みやき町議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文

21 ◯15番(益田 清君)  子ども未来課と話し合いながらやっていきますというようなことなんだけれども、政策的な問題ですよ。町長のほうから御答弁いただきたいというふうに思っています。  この加算金というのは、転入者、転居者も同じなんですよね、転居者。同じように同上て書いて、子育て世帯の分の加算金は同じでしょう。違う、ま、いいですたい、とにかく。

みやき町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第4日) 本文

このように、高齢ドライバーの方の運転を安全にできるような保障を段階的に行っていくと同時に、ブレーキとアクセルの踏み間違いが行われないような装置研究、開発するなど、国と県及び町が総力を挙げて、総合的な政策議員御指摘の事故のない安心と安全社会になればと思っております。  ペダルを踏み間違えた際の急発進防止装置は、高齢運転者による事故防止に効果的だとされております。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

次に、本市におけるSDGs政策についてお尋ねします。  SDGs、サスティナブル・ディべロップメント・ゴールズ、直訳をすれば持続可能な開発目標であり、17の目標に169のターゲットがぶら下がっております。2030年に向けて世界が合意した目標であり、貧困ジェンダー環境など、生きとし生ける者全てが参加することができ、世界をよりよく変えるための目標であります。

みやき町議会 2019-09-12 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日) 本文

この理由といたしまして、国の政策である親の介護のためにやむを得ず離職する方をなくす介護離職ゼロや、県の地域医療構想に伴います在宅医療介護への移行が計画の初年度ということもあり、想定どおり進まなかったことが要因の一つと考えられます。  今後も鳥栖地区広域市町村組合と連携を図りながら、適正な介護保険事業の運営に努めてまいりたいと考えております。  

みやき町議会 2019-09-09 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第1日) 本文

土地改良事業では、筑後川下流土地改良事業等の令和2年度予算の確保及び関連施策の充実について、7月11日から30日にかけて、九州農政局農林水産省等へ政策提案活動を行いました。  令和元年7月及び8月の豪雨では、林道農地及び農業施設の被害調査を行い、災害復旧に向けての対策に取り組んでいます。  

佐賀市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会−06月24日-08号

これまでも市長事務部局とは財政課、企画政策課及び商業振興課とも協議を続けており、特に、今年度はそれに加えまして庁舎管理、建築部門、また、関係部署等7課ないし8課等で構成した交通局庁舎建てかえに関する庁内部署会議を開催し、協議、検討を行っているところです。 ◆池田正弘 議員   それでは、通告に従い、高齢者施策の充実について2点の質問をいたします。  初めに、介護予防事業について質問いたします。  

佐賀市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-07号

しかしながら、この農業基盤整備促進事業におきましても、国の政策転換により、農地集積に重点を置いた農地耕作条件改善事業への移行を国から依頼されております。  この農地耕作条件改善事業においても農道整備を行うことは可能でありますが、その要件といたしまして、最大3年の事業期間までに農地の集積率を80%に上げることを目標とされております。  

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

干潟隆雄 建設部長   50戸連檐制度は、関係する施策、事務事業が道路、上下水道人口政策交通政策、農政など数多く、また、関連する部署も多岐にわたるほか、見直しに際しては市民や関係者に大きな影響を及ぼすものであると認識しております。  このため、この制度のあり方につきましては、見直しの是非も含めて慎重かつ丁寧に現在検討しておりますけれども、今後もさらに検討を進めてまいりたいと考えております。

佐賀市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会−06月17日-03号

何かと後ろ向きではないけど、懸念材料をどんどん並べられて何もしないという政策ではちょっと困ると思います。特に、子どもの安全のためということを考えた場合に。そういう答弁であったと理解しますが、それでよろしゅうございますか。 ◎百崎芳子 教育部長   何か一つするにしても、やはり順を追って私は進みたいと思っております。  

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

コンパクトシティなんですけど、総括質問への答弁では現状の政策として線引きとかそういう話をされたんですが、それは市街化区域を設置しているところは、ほぼほぼ都市計画法にのっとってやっていると思うんですよね。もちろん、重要なことはわかるんですけど、私がお聞きしたかったのは、佐賀市としてこういう政策をやっていますよというのをお聞きしたかったんですが、佐賀市にはないんですよね。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

それまでというのはちゃんと維持管理というのはこちらでやっていくわけですから、その後というものについては住んでいらっしゃる方にお願いできるような、そういった政策というか、そういったふうにしていただきたいなと思います。  先ほどアドバイザーの方、もういらっしゃるんでしょうかね。その方がいらっしゃるんであれば、なおのことなんですけど、荒れているという土地もあるということですね。

みやき町議会 2019-06-07 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日) 名簿

大所高所からの政策を議論している答弁 │       ┃ ┃  │       │  に対し慎重に取り組むべきではないか     │       ┃ ┗━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┛         令和元年第2回みやき町議会定例会議事日程(第5日)                     令和元年6月7日 午前9時30分開会(開議)   日程第