75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2016-03-07 平成28年 3月 定例会-03月07日−02号

ですが、数年前に政権交代したとき、事業仕分けが行われまして、こういう維持費、本当に必要な、私は思っておりますが、そういう維持費等が大幅に削られ、年2回ほどの除草を今までやっていただいた分が年1回しか対応できないというふうなことで、国の現場のほうからの回答などをもらって、私たちがやりたいんだけど、やはり管理者がいるんでやれないというふうな状況で、悩ましい問題と考えております。  

唐津市議会 2015-12-10 平成 27年12月 定例会(第7回)-12月10日−04号

◆5番(吉村慎一郎君) それでは、今後、課題を整理され、事業化が進むと考えられるわけですが、土地改良関係予算平成21年度に5,772億円だったものが、政権交代によりまして平成22年度から平成24年度まで3年間は2,000億円代と大きく減少しております。  その後平成27年度においては、3,588億円となっております。  

多久市議会 2014-09-08 平成26年 9月 定例会-09月08日−04号

ひとつ先ほどおっしゃった部分について、ちょっと政権交代等もあったりして、子ども手当になったり児童手当になったりというのが頻繁にここ数年行われました。それで、非常に、以前補助率が年齢区分であったり、被用者、非被用者になったりして補助率等も全て負担率が変わってきますので、非常に複雑な表記になってしまいました。

唐津市議会 2014-03-14 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月14日−06号

この制度は、国の政策転換や政権交代があったにもかかわらず、揺るがなかった制度であると思っております。  平成12年からこれまで、この制度の継続と安定を求める声が多くあったと感じておりますが、この間、要件緩和等もなされ、現在に至っております。まず、この制度の概要と経緯について伺います。  2点目です。市の自主財源であります市民税の中の固定資産税について伺います。  

唐津市議会 2013-03-15 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月15日−07号

昨年暮れの政権交代で、自民党が圧勝いたしました。安倍政権の一番の政策はデフレからの脱却であり、リーマンショック以来続いた負の連鎖を断ち切ることでありました。  アベノミクスで3本の矢で大胆な金融政策を行い、円安政策で現在96円ぐらいになっているんですが、株価も1万3,000円に届くような値上がりで、大手の春闘のベアで満額回答を出しておりまして、景気回復の様相が出てきました。

伊万里市議会 2013-03-13 平成25年 3月 定例会(第1回)-03月13日−06号

初めに、議員質問の中で、公共工事の減少によって建設業界が厳しい状況に置かれていると申されましたけれども、今回の政権交代によって公共事業予算が拡大されて、私どもも期待をしているところでございますが、このところの公共工事は、議員御指摘のとおり、大きく減少をいたしておりまして、本市における普通建設事業費におきましては、ここ10年間で約3分の1まで減少いたしております。

鳥栖市議会 2012-12-20 平成24年12月 定例会-12月20日−06号

なお、議案外ではありますが、各委員から非構造部材等の耐震化について、学校施設等の環境整備の充実について、政権交代に伴う今後の法制度事務事業見直しに伴う福祉教育分野での充実に向けた取り組みについて、旧旭小学校体育館利用者への丁寧な代替施設あっせんについて、給食センター建設の見直しを求める市民団体への対応についてなど意見要望があったところです。  

多久市議会 2012-12-06 平成24年12月 定例会-12月06日−02号

中には、国の予算が急に政権交代で削減された折には、県知事さん初め、関係自治体首長5人と一緒に行きまして、半分になった予算を9割以上に戻すという活動もしました。  これらの上京等をしなければ、予算は半分に減ったまま、必要な施策ができないままでは市民の皆さんも困ってまいりますし、市政も困りますので、そういった意味での仕事をしているわけでございます。  

伊万里市議会 2012-09-21 平成24年 9月 定例会(第3回)-09月21日−07号

特に政権交代後も拉致問題の解決に向けた具体策は示されず、その進展は一向に見られない。 こうした中、北朝鮮では昨年12年に金正日総書記が急死し、金正恩体制への移行が進むことで、拉致問題の転機となる可能性があることから、政府においてはこの機会を逃すことなく、拉致問題の解決に向け全力で取り組むことが強く求められている。 

多久市議会 2012-09-10 平成24年 9月 定例会-09月10日−04号

子育て支援について、「国民の生活が第一」というスローガンを掲げて政権交代を実現した民主党政権ですが、今でも国民所得は減り続け、暮らしと営業は悪化しています。  子育て世帯への打撃も深刻です。民主党政権は選挙時のマニフェストで、月額26千円の子ども手当を全ての子供に中学卒業まで支給するとしていました。

伊万里市議会 2012-03-27 平成24年 3月 定例会(第1回)-03月27日−07号

政権交代直後に大幅に削減された農業農村整備事業及び強い農業づくり交   付金などに十分な予算を復活すること。 3. 計画的な食料自給率の向上や農地の規模拡大など、目指すべき政策目標を   明確にし、計画的に実現出来るような予算編成・執行を行うこと。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 

鳥栖市議会 2011-11-30 平成23年11月 臨時会-11月30日−01号

訂正案に至るまでに何度も参考資料としてシミュレーションの数字が示されましたが、国保の広域化という時の政府の一政策政権交代を含めた政治的な不安定要因も加味して、平成26年度末にこだわらず、緩やかに財政健全化の道を歩む場合の議論も委員会ではありましたが、結局無視された形となりました。

唐津市議会 2010-12-22 平成22年 12月 定例会(第5回)-12月22日−08号

平成21年度の事業執行に当たっては、みずからの責任と判断による行政運営が一層求められる中、また世界的経済情勢の混迷や政権交代に伴う政策転換など先行き不透明な状況下にありましたが、行財政改革を積極的に図られながら、総合計画に掲げるまちづくり7つの基本に沿って、地域の均衡ある発展と一体性の確立に向けた各種施策のほか、国の経済危機対策と歩調を合わせた事業を精力的に実施されました。  

唐津市議会 2010-12-15 平成22年 12月 定例会(第5回)-12月15日−07号

国政では、昨年の政権交代後の参議院議員選挙では民主党の大敗、国民の生活そっちのけで首相選挙に一生懸命、その後の政権運営はマスコミをにぎわすものが次々と出てきております。今後、私たちの生活はどうなるのか、明るいものが見えてきません。  唐津市におきましても、先ほどから質問があっておりますように、旧大島邸の問題、唐津赤十字病院の問題、まいづる跡地問題と大きな問題が山積。

唐津市議会 2010-12-14 平成22年 12月 定例会(第5回)-12月14日−06号

そこで、政権交代に伴う西九州自動車道の整備に影響はないのか、現在の事業の進捗状況と来年度予算についての見通しについてお伺いをいたします。  5項目めの市営住宅の今後の計画についてお伺いをいたします。唐津市は、合併により約2,300戸ほどの市営住宅を保有しております。その中には、老朽化の進んだ住宅や耐用年数を超過した住宅もあるように聞いております。