372件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやき町議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第6日) 本文

しかし、私が危惧しているのは、日本国憲法9条の第1項、第2項とする「国際平和を誠実に希求し」という、この部分の中に、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」これは、憲法9条の1項、2項を読まれたら、皆さん誰でも御存じです。この前項の部分も読ませていただきます。

唐津市議会 2018-12-13 平成 30年12月 定例会(第5回)-12月13日−05号

これほど暮らしが長年にわたり破壊される人災戦争みたいなものです。  そのような原発をベース電源に位置づける国の方針がそもそもおかしいと私は思っています。再生エネルギー推進は国策であると私は思っておりますけども、今は、太陽光などの再生エネルギーを主力にしていくときだと私は思っております。

鳥栖市議会 2018-12-12 平成30年12月 定例会-12月12日−04号

憎悪も信頼も蔑視も尊敬も戦争平和も全ては人間の一念から生まれるものだ。したがって、人間革命なくしては、自身の幸福社会の繁栄も世界の恒久平和もあり得ない。この1点を欠けば、さまざまな努力も砂上の楼閣となるとの言葉を残しております。  この言葉を胸に刻み、全力で邁進してまいりますので、今後とも御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。  

佐賀市議会 2018-12-12 平成30年11月定例会−12月12日-07号

また、メーカーも、ホンダとヤマハがHY戦争と言われしのぎを削った時代もありましたが、今はホンダがヤマハへOEMで車両を供給している時代です。具体的には、タクトがジョグ、ジョルノがビーノで売られております。これは、2サイクルから4サイクルへ変わっていったように、排ガス規制が厳しくなり、現在、欧州の規制であるユーロ4に対応するのに開発費用や製造コストがかかるためです。  

佐賀市議会 2018-10-05 平成30年 9月定例会−10月05日-10号

オスプレイは戦争の道具です。有明海を守ってきた先人たちには戦争体験者も多くいます。戦争足場にしてほしくないと思っています。子や孫に100年たっても豊かな有明海を残したい。漁業者として海を守りたい。オスプレイ配備と自衛隊佐賀空港利用に反対していきますと、今回の合意に強い怒りを表明されています。当然のことではないでしょうか。  

佐賀市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会−09月20日-06号

戦争に巻き込まれるような状態にはしたくないという思いでつくられた協定ですから、そういう思いを持っておられる地権者の方たちが受け入れなければ、自衛隊駐屯地は整備もされず、着陸料も当然ないということで、現時点では何か決まったかのように言われているけれども、実はまだ何にも始まっていないということで、これはきちんと何にも動いちゃいないんだよと、協定はちゃんと生きているんだよというところをしっかり発信していくということも

佐賀市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会−09月13日-02号

その中で一番大事なのは、基地ができれば、戦争になったときはどうなるかということで、組合長たちとうちのおやじたちもいろいろ話した中で、戦争になったときは川副町は火の海になるということで、最終段階でですね、この覚書の中に、自衛隊と共用しないということを明記してくださいと言ったのは、これは当時の我々青年部から言ったわけです。

佐賀市議会 2017-12-19 平成29年11月定例会−12月19日-10号

佐賀空港建設するときに、漁民の皆さんと県が結んだ公害防止協定覚書付属資料の中で、「県は自衛隊と共用するような考えを持っていない」という一文を盛り込ませた背景には、戦争を体験された先輩方の平和を願う決意があり、例え佐賀空港が赤字になったとしても、基地交付金などを頼って自衛隊に活用させるようなことがあってはならないという強い思いがあったことを忘れてはなりません。  

唐津市議会 2017-12-13 平成 29年12月 定例会(第7回)-12月13日−05号

現在の世界情勢を見ますと、テロや内戦のおさまる兆しがなく、また、北東アジアに目を転じますと、北朝鮮の核の脅威が深刻なレベルに達している状況下において、戦争の悲惨さと平和のとうとさを語り継いでいきながらも、不測の事態に備え、関係機関としっかりと連携協調をし、市民平和な生活を守り抜いていきたいと考えているところでございます。  ほかは、所管部長よりお答えさせていただきます。

佐賀市議会 2017-12-01 平成29年11月定例会−12月01日-02号

市長がどうお考えなのかわからないんですが、そもそも佐賀空港をつくるに当たって、仮に空港経営が赤字になった場合に自衛隊の利用に供することがあってはならないという、戦争を経験された世代の方たちが孫子の代の平和な生活を守るという決意に立ってこの文言を県に求めたという根本的な精神をやはり今、忘れられてはならないというふうに思います。

佐賀市議会 2017-09-25 平成29年 8月定例会−09月25日-07号

よって、唯一の戦争被爆国である日本として、速やかに核兵器禁止条約署名し、批准するよう強く求める。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   平成  年  月  日             佐 賀 市 議 会 衆議院議長 参議院議長         宛 内閣総理大臣 外務大臣  以上、意見書案を提出する。   

鳥栖市議会 2017-09-08 平成29年 9月 定例会-09月08日−02号

もともと学校給食というのは、戦争で敗戦し、食料難の時代、食うや食わずの生活の中で、せめてこれからの夢を抱く子供たちぐらいは、子供たちのためにという発想から学校給食というのが始まりました。しかし、今に至っては飽食の時代、食べ物に対する物の大切さが子供たちに薄れさせております。そのためには、給食の時間が大切な食育の時間ともなっております。  

佐賀市議会 2017-06-29 平成29年 6月定例会−06月29日-09号

戦争法の発動や9条改憲に対する抗議デモなどが騒乱罪組織的威力業務妨害罪に当たるとみなされたら、市民運動団体政党組織犯罪集団とされます。そうなれば、まさに一般市民犯罪主体にされてしまいます。政府組織犯罪集団の定義ができず、その範囲が限定できないことを追及されても、まともに答弁できていません。