42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやき町議会 2018-06-08 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第4日) 本文

また、中央省庁幹部官僚によりますセクハラ問題におきましても、前財務事務次官のほか、4月に厚生労働省の福田祐典健康局長が戒告の懲戒処分を受けられたところであります。  6月5日には、外務省の毛利忠敦ロシア課長を停職9カ月の懲戒処分にしたということも発表があったところであります。  

多久市議会 2018-03-28 平成30年 3月 臨時会-03月28日−01号

審議の結果、「多久市懲戒処分基準に照らして、職員について処分すべき事案はない」との答申でありましたので、職員懲戒処分は行わないことといたしました。  今後の市政運営に当たりましては、より一層、慎重・賢明な対応と確実な事業の推進に努め、職員一丸となって公職に携わるものとしての責務を果たしてまいりたいと存じます。  次に、議案乙第22号 平成29年度多久市一般会計補正予算(第11号)。  

鳥栖市議会 2017-03-10 平成29年 3月 定例会-03月10日−04号

運用通知第7条関係第4項に掲げる資料といたしまして、「①職員人事評価の結果その他職員の勤務実績を判断するに足ると認められる事実を記録した文書」「②職員の勤務実績が他の職員と比較して明らかに劣る事実を示す記録」「③職員の職務上の過誤、当該職員についての苦情等に関する記録」「④職員に対する指導等に関する記録」「⑤職員に対する分限処分懲戒処分その他服務等に関する記録」「⑥職員の身上申告書又は職務状況に

鳥栖市議会 2016-12-09 平成28年12月 定例会-12月09日−03号

今回の処分では、教育委員会職員3人が懲戒処分、そして、そのうち1人は、加えて降任、いわゆる降格処分まで受けています。果たして降格処分までする必要があったのでしょうか。きょうは、分限処分というものは軽々にやるべきものではない、そういった立場から分限処分に絞ってお尋ねをしていきます。  それでは、基本的な点について、まずお尋ねをいたします。  

佐賀市議会 2016-03-08 平成28年 2月定例会−03月08日-05号

次に、2点目として、公務員の副業、兼業の問題についてですが、このごろの新聞によると、佐賀広域消防局の消防士マンションの賃貸収入などで年間約7,000万円の収入を得ていた問題で、本人は懲戒処分になっておりますが、この問題が発覚して、佐賀広域消防局は1月に全職員442人に対し、違反するような賃貸収入等があれば届け出るように求めたところ、管理職ではない6人の消防士がアパートなどの賃貸収入として、1人目が

佐賀市議会 2014-12-18 平成26年11月定例会−12月18日-08号

次に、委員より、今回は市長の給料の1カ月分を10%減額するとのことだが、10%減額とした根拠は何かとの質問があり、執行部より、職員であれば地方公務員法に基づき条例で定められた処分があるが、市長は特別職であり、懲戒処分等の規定がないため、市長みずからが判断し、10%の減額としたものであるとの答弁がありました。  

多久市議会 2014-09-08 平成26年 9月 定例会-09月08日−04号

職員への処分につきましては、分限懲戒審査委員会多久市懲戒処分規準に基づいて慎重に審議し、その結果を市長へ答申し、決定をいたしました。  一事不再理の原則により、同一の事犯に対して改めての懲戒処分を行うことはできないこととなっておりますので、職員に対してはさらなる処分は行っておりません。  

多久市議会 2014-07-31 平成26年 7月 臨時会-07月31日−01号

検討するに当たりまして、国の懲戒処分基準に基づいて、多久市においても、その基準を考慮し決定をしました。その中で、ただいま申し上げられました虚偽の申告というところにつきましては、国の判断基準といたしましては、減給又は戒告という部分でありましたので、多久市においては減給というところで処分をさせていただいたところであります。 ○議長(山本茂雄君)  野北悟君。

佐賀市議会 2013-06-12 平成25年 6月定例会−06月12日-05号

また、通常公務員事故を起こせば懲戒処分が行われることと思われます。停職処分であれば収入がない上に支出は逆に多くなり、経済的な損失ははかり知れません。そういうことから考えれば、長時間労働健康を害するだけでなく、大きな損失を生じます。そして、このことは人材育成の観点からも大きな問題です。  

佐賀市議会 2010-06-14 平成22年 6月定例会−06月14日-03号

この会議で出されてきましたのは、雇用主としての責任については、ほとんどの会長が理解されておりましたが、懲戒処分など、実際に雇用主として判断を求めるようなケースに対する不安感が大きく、また、事業主としての賠償責任については、これもほとんどが理解されておりますが、大きな不安を感じている会長が多くおられました。  

佐賀市議会 2009-12-03 平成21年11月定例会−12月03日-02号

今、保健福祉部長から説明をいただいたわけですけれども、そういうことであれば、市役所組織内の指導、監督の立場からいって、当の大和支所の管理職に対する処分は懲戒処分、そして、本庁の担当部署の管理職の処分については文書による厳重注意のみといった結果となっているんです。これは、佐賀市として今回の件を重く厳粛に受けとめて、厳正な処分をされたと言えるのでしょうか。お答えください。

多久市議会 2009-03-12 平成21年 3月 定例会-03月12日−04号

多久市文化財遺跡調査 不正支出で懲戒処分」との大見出しの新聞公表があり、市民の方々から不信の声が聞かれます。懲戒処分の公表基準についてお知らせをください。お願いいたします。  次に、3点目ですが、行政業務の効率化へつながる職員皆様の提案制度の状況について、1課1業務提案とあります。どのような提案がなされているのか、関心が持たれるところですが、内容などお尋ねをさせてください。  

多久市議会 2008-09-09 平成20年 9月 定例会-09月09日−03号

総務課長(荒瀬弘之君) (登壇)  ただいま希望による降任と──によるストレス、例えばうつとか、そういった職員等の申請と、やる気消失といいますか、そういった職員との線引きということでありますけれども、まず、意欲面でのやる気が消失したとなった場合には、職務怠慢といいますか、そういった方向での懲戒処分の対象ということになってくるんではないかと思います。

佐賀市議会 2007-12-13 平成19年12月定例会−12月13日-07号

また、生徒のカンニングを援助したという校長まであらわれて、いずれも懲戒処分を受けていますが、いかに学校が深刻に追い込まれていったかを如実にあらわしている事件です。このような不正事件が2000年には147件だったのが、2005年には600件に増加しています。  さすがに文科省は全国学力テストの結果の公表に当たっては、序列化につながらないように強く指導をしています。  

佐賀市議会 2007-12-12 平成19年12月定例会−12月12日-06号

さらに、不祥事による懲戒処分に伴い、11月1日付で再度大西副市長から各所属長に対し、職員の綱紀保持及び服務規律の確保についての文書を送付いたしました。この内容としましては、たび重なるミスがあったことも踏まえ、これまでの職務に対する注意喚起に加えまして、適切な事務処理に努めること、これを各所属長に指示をし、また全職員に徹底するよう指導をしたところでございます。