211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-02号

基地計画予定地の地権者である南川副支所の皆さんが運営委員長を初めとして、今月15日までに、土地は絶対に売らない、また、配備計画の売買交渉などの話し合いにも乗らないと意思決定されました。私もこの漁協の一組合員でありますから、組合の決定を支持し、守ります。南川副支所だけではありません。15に分かれている県有明海漁協の支所の全てが、自衛隊オスプレイ部隊の配備反対の意向を示しておられます。

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会−03月22日-付録

市街化区域の状況について    │ │    │   │       │ (2) 空港インターチェンジを有する本市の、空と陸の玄関口とし│ │    │   │       │  てのポテンシャルをさらに生かした都市計画の考え方について  │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │ 25 │千 綿 正 明│1.市の施策の意思決定

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

まず、第1点目の市の施策の意思決定について質問させていただきます。  私の所属する総務委員会で昨年から所管事務調査を実施し、旧富士小学校体育館の問題についていろいろと調査に参加させていただきました。そこでいろんなことを感じました。まずは佐賀市意思決定について、どのような形で決定されているのか疑問点が浮かび上がりました。どうも部長以上の幹部職員情報共有ができていないようにも感じられました。

みやき町議会 2018-12-10 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文

区長には地区発注ということで発注事務とか、後の工事完工とかの大変な御苦労をおかけしますが、自分たちで話し合って、そこで意思決定できる、そしてまた事業をどういうものにしようかということで、コミュニティも醸成されているということで、いい面がたくさん報告をされてきております。  

佐賀市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-03号

しかし、ことし9月定例会総務委員会で、旧富士小学校体育館改修工事が約3,100万円の予算流用で行われ、議会へも報告されていなかったことが発覚、しかも、この案件に係る会議録や意思決定のプロセスなどを説明する文書存在せず、委員会への説明が二転三転する事態となり、今や執行部への不信感は最高の域に達していると言っても過言ではありません。  

みやき町議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第6日) 本文

お隣の医療法人が所有する土地についても同じく、町の同一条件で当該会社に貸与するということで、今、法人内部でも意思決定されていますので、これからの統合医療を目指す中で、新たな農産物の生産ということとあわせて、大変意義ある取り組みだなと思っていますので、その点についての御理解をよろしくお願いします。  

鳥栖市議会 2018-09-12 平成30年 9月 定例会-09月12日−04号

組織としての意思決定の仕組みは、機能していたのでしょうか。幹部集団の英知を結集して、物事を決める仕組みはあったのか。あっても機能していたのか。もし機能していないとすれば、その阻害要因は何か、誰か、しっかり検証し、問題点を洗い出し、その中で、責任の所在も明らかにしながら、再発防止のための仕組みづくりをしていくべきだと考えます。  この際、検証するための第三者委員会の設置も求めておきます。  

みやき町議会 2018-06-08 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第4日) 本文

地方公共団体意思決定や業務遂行の過程において作成する文書は、それぞれの組織における活動の記録であり、政策の実施過程を証明する大切な記録であります。そうした公文書は、社会的にいかなる意義を有し、どのような役割を果たしているのか。また、それらは町民のためにどのような価値を発揮しているのかを考えるきょうこのごろであります。  

佐賀市議会 2018-03-05 平成30年 2月定例会−03月05日-03号

◎畑瀬信芳 総務部長   公文書は、市政運営やそれに伴う歴史的事実の記録であり、それぞれの時代の行政のあり方と、その意思決定の推移を知る上で、また、歴史検証に役立てるという意味においても、本市や市民の皆様にとって貴重なものであります。  本市におきましては、公文書の管理について佐賀市文書規程に定め運用しております。

佐賀市議会 2018-03-02 平成30年 2月定例会−03月02日-02号

だから、そういうところの部分は参考にしていいんでしょうけど、とにかく1つは意思の問題、佐賀市の子どもをどうするかという意思決定の問題だと思うんです。確かに、今、第1問目で総合計画キャッチフレーズの話もしましたけど、子どもの笑顔が輝くまちを掲げているんですよ。子どもの笑顔と特定しているんですよ。

みやき町議会 2018-03-01 2018-03-01 平成30年第2回臨時会(第1日) 本文

これから任期までみやき町の発展のため、皆さんとともに、町の意思決定機関としての役割を十分認識し、進めていかなければならないと思っているところですので、よろしく御協力のほどお願いいたします。  平成30年第2回みやき町議会臨時議会を以上をもって閉会とします。どうもありがとうございました。                 

佐賀市議会 2017-12-19 平成29年11月定例会−12月19日-10号

しかしながら、市議会は、直接選挙によって選ばれた議員で構成され、市長を初めとする執行機関と両輪の立場で市政を担う市の意思決定機関として設置されている。その意味で、本市に関する重要事項である本件について特別委員会での調査・研究を参考に、市議会としての意思を表明することは不可欠であると考える。  

鳥栖市議会 2017-12-14 平成29年12月 定例会-12月14日−06号

さまざまな利害が複雑に絡み合う社会の課題について、できるだけの合意を形成し、今とこれからの社会をつくるために、政治にその意思決定プロセスに参加することを目指して、若者が知り、考え、それぞれの意見を持ち、議論し合い、決める。  例えば、小学校低学年であれば、親と一緒に投票所に行くことで、投票が当たり前のことだと身につくんではないでしょうか。

鳥栖市議会 2017-12-13 平成29年12月 定例会-12月13日−05号

その3項には「発達障害者の支援は、個々の発達障害者の性別、年齢、障害の状態及び生活の実態に応じて、かつ、医療保健福祉教育労働等に関する業務を行う関係機関及び民間団体相互の緊密な連携の下に、その意思決定の支援に配慮しつつ、切れ目なく行われなければならない。」となっておるんですが、この緊密な連携がとれていなかったケースですよね、医療機関からは何の案内もないということは。