180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多久市議会 2019-03-01 平成31年 3月 定例会-03月01日−01号

ICT教育環境で培った教育実践スキルを有効活用するとともに、21世紀の高度情報社会、第4次産業革命政府が目指すSociety5.0の時代にふさわしく、自己肯定感を備えて生きぬく子どもを育む学校情報化推進計画を実行し、ICT教育充実を図ります。2020年からはプログラミン教育学習指導要領に明記され、先駆開拓精神をもって、充実に努めます。  

多久市議会 2018-12-18 平成30年12月 定例会-12月18日−05号

少子・高齢化の進行情報社会の進展に伴い、市民の方が求める図書館像も変化してきております。現在の公共図書館のあり方の変化に早期に対応することが求められていると思います。  子育て支援に配慮した図書館運営や、知る根拠としての図書館だけでなく、子どもから老人の方々までの憩いの場、交流の場としても利用できる、1日滞在できる滞在型の図書館づくりに早期に取り組む必要があると思います。

多久市議会 2018-09-13 平成30年 9月 定例会-09月13日−03号

少子・高齢化の進行情報社会の進展に伴い、市民が求める図書館像も変化してきております。図書館におけるICTの導入や子育て支援に配慮した図書館運営など、知の拠点としての図書館だけではなく、幅広い年齢層の方々の憩いの場、交流の場としても利用できる滞在型の図書館づくりに早期に取り組む必要があります。  

多久市議会 2018-03-19 平成30年 3月 定例会-03月19日−03号

人口減少、少子・高齢化、情報社会などによる地域の課題解決のため、また、地域の豊かな自然、歴史文化を見直し、地域活性化のため、小さくなってきた行政区単位ではなく、広域的なコミュニティ組織行政協働で取り組むことが必要になってきています。  そこで、4点についてお伺いします。  1点目、第4次多久市総合計画の後期基本計画の地域コミュニティづくりについての今後の取り組みは。  

佐賀市議会 2018-03-12 平成30年 2月定例会−03月12日-08号

発達段階での学びでは、それぞれテーマが設けられていて、中学校ではここまでというのも一つ考え方としてはあるかと思いますけれども、やはりこれだけの情報社会でありますので、そういう問題が取り上げられているというのは中学生の耳にも入ってまいります。それが社会に対する不安というふうな部分で捉えられてしまっては、非常に選択の幅が少なくなっていってしまうのではないかなというふうに考えるわけです。

多久市議会 2018-03-02 平成30年 3月 定例会-03月02日−01号

電子黒板やICT支援員などのICT教育環境整備で培った教育実践スキルを有効活用するとともに、21世紀の高度情報社会、第4次産業革命やSociety5.0の時代を、自己肯定感をもって生きぬく子どもを育む学校情報化推進計画を実行し、ICT教育等の充実を図ります。2020年からのプログラミン教育推進などが次期学習指導要領にも明記されており、先駆開拓の精神で、さらに充実に努めます。  

多久市議会 2017-12-18 平成29年12月 定例会-12月18日−04号

また、現代社会においては、コンピューターやインターネット携帯電話の急速な普及による情報社会の進展、少子・高齢化の進行、また近年特に目覚ましい高度情報通信技術革新が進んでいます。さらに、図書館におけるICTの導入や憩いの場、交流の場としての図書館づくりなど、現代社会情勢に合った図書館のあり方や、市民が求める図書館像も変化しております。

唐津市議会 2017-06-12 平成 29年 6月 定例会(第3回)-06月12日−04号

また、情報社会の中でパソコン講座の開催やインターネット環境、Wi─Fiなどの整備が必要と考えますが、お考えをお伺いいたします。 ○議長(田中秀和君) 金嶽教育部長。           (教育部長 金嶽栄作君登壇) ◎教育部長(金嶽栄作君) 中川議員さんの再質問にお答えいたします。  

多久市議会 2017-03-01 平成29年 3月 定例会-03月01日−01号

そのため電子黒板やICT支援員などのICT教育環境整備で培った教育実践スキルを有効活用するとともに、21世紀の情報社会を、自己肯定感をもって生き抜く子どもを育む学校情報化推進計画を実行しICT教育充実を図ります。  英語教育ではALTや英語活動支援員配置など小中一貫校の良さを活かし、1年生からの英語活動で英語に親しみ、義務教育9年間の英語教育を充実してまいります。  

みやき町議会 2016-09-09 2016-09-09 平成28年第3回定例会(第3日) 本文

確かに議員御指摘のとおり、全国的な少子・高齢化の進行社会保障制度の変化、高度情報社会の急激な進歩、世界的な規模の経済情勢の変化や環境問題、頻発する自然災害など、本町を取り巻く環境も大きく変化をしております。特に本町産業基盤であります農業などの第1次産業については全国的に後継者不足や安価な輸入品の増加による価格競争の激化、食の安全にかかわる問題の発生など難しい状況になっております。

多久市議会 2016-06-24 平成28年 6月 定例会-06月24日−03号

もうそういった中にありましたけれども、本当に志田林三郎のすごさというのは、皆さん、多久の方はもう御存じと思うんですけど、情報社会をつくったのは、この志田林三郎であります。  そのほかに、その本に書いてあったのを少し紹介します。また、志田林三郎が実際に行ったこととして、電気学会を創設し、日本における電気工学の進歩を促進しました。

伊万里市議会 2016-06-22 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月22日−05号

私も広報伊万里に「市長雑感」ということで市民へのメッセージを書く欄を設けておりますけれども、そこに4月号か5月号には、やはり東京とか大阪あたりで若いときに働くのはそれはそれでいいけれども、今、情報社会ですから、都会にいても、伊万里にいても、何も情報がおくれることはないということで、環境のいい伊万里で働いてくださいということを特に保護者向けにメッセージを発信させていただいた次第でございます。  

伊万里市議会 2016-06-20 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月20日−03号

したがいまして、伊万里市といたしましては、職員一人一人の意識情報社会における意識の改革、あるいはまた情報体制の人的な整備、こういうふうなことも含めてインターネット社会に対応する、そういう体制づくりを続けて強めていきたい、このように思っておる次第でございます。 ○議長(盛泰子)  香月議員

唐津市議会 2016-03-16 平成 28年 3月 定例会(第1回)-03月16日−08号

確かにご指摘のとおり、この問題は今後の本市の有線テレビ事業にもかかわる大きな問題でございますし、また唐津市全域で見てみますと、情報社会の整備というものに、均衡ある整備ということにつながっていくわけでございますので、大変重要な問題というふうに捉えているところでございます。  

伊万里市議会 2015-06-22 平成27年 6月 定例会(第2回)-06月22日−05号

ただ、ホームページは、今日の情報社会においては、市政の情報をリアルタイムに伝達できる最大で最適な情報手段と思っておりますので、今後も絶えず改善を行っていくこととしているところでございます。 ○議長(盛泰子)  岩﨑議員。 ◆3番(岩﨑義弥)  御回答ありがとうございました。私のほうでも、気づくようなことがありましたら、また御提案をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  

佐賀市議会 2015-03-10 平成27年 3月定例会−03月10日-04号

情報社会の進展に伴いましてインターネットの普及が急速に進み、現代社会はICT抜きでは語れないというよりも成り立たないという状況になってきております。インターネットの世界では大量の情報が流通しており、有益な情報だけでなく有害な情報もまたパソコンやスマートフォンなどのICT機器を通じて誰でも手軽に手に入れることができます。これは小・中学校児童・生徒においても同様でございます。